資格取得に必要な「資格の難易度」を中心に各種の情報を提供しています

「資格の難易度 D (易しい)」の資格

  • HOME »
  • 「資格の難易度 D (易しい)」の資格

「資格の難易度 D (易しい)」の資格と難易度ランキング

法律・労務系資格

-該当資格なし-

公務員・教育系資格

-該当資格なし-

語学系資格

  1. 観光英語検定試験3級
  2. 漢字検定3級
  3. 実用英語検定(英検)3級
  4. スペイン語技能検定6級
  5. 国際英検G-TELPレベル4

医療・福祉系資格

  1. サービス介助士2級
  2. 認知症ライフパートナー検定試験(応用編)
  3. 歯科技工士
  4. 薬学検定4級
  5. 整体セラピスト2級
  6. 認知症ケア指導管理士
  7. 歯科衛生士
  8. メディカルケアワーカー2級(看護助手)
  9. サービス介助士3級
  10. 視能訓練士
  11. 介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級から移行)
  12. 整体セラピスト3級
  13. リフレクソロジストレギュラーライセンス
  14. サービス・ケア・アテンダント
  15. ヘルスケアプランナー
  16. 赤十字救急法救急員

環境・技術・工業系資格

  1. VEリーダー認定試験(VEL)
  2. アマチュア無線技士3・4級
  3. 環境管理士3級・4級
  4. 生産士3級・4級
  5. トレース技能検定3級・4級
  6. 照明コンサルタント
  7. 品質管理検定4級
  8. 防災士
  9. 廃棄物処理施設技術管理者
  10. 防火対象物点検資格者

IT・情報系資格

  1. 情報活用試験(J検)3級
  2. マイクロソフトオフィススペシャリストマスター
  3. パソコン検定(P検)3級
  4. 日商PC検定3級
  5. MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)
  6. IC3
  7. MCPCスマートフォン・モバイル実務検定
  8. SEO検定 3級・4級
  9. 検索技術者検定(旧情報検索能力試験)
  10. 文書デザイン検定
  11. Word/Excel文書処理技能認定試験3級

不動産・土木・建築系資格

該当資格なし

税務・会計・証券・経営系資格

  1. 商業経済検定試験3級
  2. ビジネス能力検定(B検)3級
  3. FP技能士3級
  4. 通販エキスパート検定3級
  5. コンピュータ会計能力検定初級
  6. PRプランナー補
  7. 損害保険募集人一般試験
  8. 住宅ローンアドバイザー

サービス・その他の資格

  1. 食生活アドバイザー検定3級
  2. パーソナルカラーリスト検定3級
  3. 中古自動車査定士
  4. セールスレップ資格認定試験3級
  5. 動物看護師
  6. リビングスタイリスト2級
  7. ネットショップ実務士(L1)
  8. 世界遺産検定3級
  9. 惣菜管理士2級・3級
  10. 接客サービスマナー検定3級
  11. ジュエリーコーディネーター3級
  12. ネイリスト技能検定3級
  13. 社会人常識マナー検定試験3級
  14. ブライダルプランナー
  15. きものコンサルタント
  16. 認定子育てアドバイザー
  17. 家庭料理技能検定
  18. コミュニケーション検定初級
  19. 美術検定3級・4級
  20. アロマテラピー検定
  21. 歴史能力検定
  22. 栄養士
  23. ツアーコンダクター(国内旅程管理主任者)
  24. 雑穀エキスパート
  25. きもの文化検定4級・5級
  26. 認定ベビーシッター
  27. 公認トリマー
  28. メイクセラピー検定3級
  29. 食品衛生責任者
  30. 茶道文化検定3級・4級
  31. 実用マナー検定

 
「資格の難易度 D (易しい)」の資格


「公務員・行政系」と「不動産・土木・建築系」、「法律・労務系」の資格には、難易度「D」に該当する資格はありません。
「語学系」では漢検及び英検3級以下が、また「医療・福祉系」では、看護や介護系の現場に必要な資格に難易度「D」の資格が多いようです。また「IT・情報系」ではビジネスソフトや情報処理のスキルの基礎試験が集まっています。さらに、「環境・技術・工業系」でも作業現場で必要な認定資格などに難易度「D」の資格が含まれています。「サービス系・その他の資格」では多くが通信講座などで習得を目指す趣味や教養、技能の分野の主催者認定資格になっています。

難易度「D」に入る資格の特徴は、民間が主催する趣味や教養目的の検定試験などが多く、「国家資格」や「公的資格」と呼ばれる資格は多くありません。一般に民間資格は法律によって制度化されていないので、お金を払えば講習を受講するだけで、簡単に認定書がもらえたり、資格の有効度などからも、取得してもあまり意味がないものを言葉を巧みに販売する商法も数多く存在しますので注意が必要です。(特に医療系や福祉系の民間資格に名称が似通った紛らわしい検定や認定資格が多いので注意しましょう)

全般的に資格の難易度レベルも高くなく、易しい試験ばかりなので難易度「D」の資格なら独学でも十分取得できます。一般的には、資格試験の初心者や、勉強が苦手な人の場合はこのあたりから、自分の目的にあった資格を探して、自分に合った学習方法を考えながら勉強し、挑戦して見るのがよいかも知れません。そして試験の合格を通して合格の達成感を味わうことと、自分には何が合いそうかをつかむこと、難易度レベルを知ることが課題になります。
ただ、目的が就職や転職対策、スキルアップなどの場合には、このクラスの合格が最終目標ではあまり意味がないので、先に大きな目標を設定し、その階段の1段目と考えて、練習のつもりで勉強してチャレンジするのがちょうど良いでしょう。
「趣味」や「技能」、「教養」の習得が目的の場合は、難易度「D」の資格であっても「目標達成(合格)」が大きな意味をもつことは言うまでもありません。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © NewtonGYM 資格の難易度 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.