資格取得に必要な「資格の難易度」を中心に各種の情報を提供しています

税務・会計・証券・経営系の資格

  • HOME »
  • 税務・会計・証券・経営系の資格

資格の難易度・資格の難易度ランキング

難易度S

  1. 公認会計士
    企業の財務書類が公正なものかどうかを判断する監査は公認会計士の独占業務です。

難易度A

  1. CFA協会認定証券アナリスト
    投資関連で最難関資格の一つ。世界的にもステータスが高い米国の資格です。
  2. 税理士(科目別)
    企業経営のコンサルタントで、税のスペシャリストとして将来性のある資格です。
  3. 経営士(試験で取得)
    試験を受験しての資格取得する方法は、合格者が数人という年もあるほど難しい試験です。
  4. 中小企業診断士
    企業の経営状態を診断し、改善から支援、教育まで行う国家資格です。
  5. 米国公認会計士(U.S.CPA)
    アメリカの会計基準に基づいて、会計、監査、コンサルティングを行う財務のプロ。
  6. 日商簿記1級
    好不況の影響を受けない資格。将来性、安定性でも有利な知名度No1の資格です。
  7. 公認内部監査人(CIA)
    米国の内部監査人協会が認定する内部監査人で唯一の国際資格です。
  8. MBA(経営学修士)
    日本でいえば「経営学修士」にあたる。経営大学院を修了した人に与えられる資格です。
  9. アクチュアリー
    国際的にも認められている高度な資格。保険商品を開発、設計する注目の資格です。
  10. 国際会計検定(BATIC)
    英語力と筆記、国際会計スキルが測れるビジネスパーソンには最適の検定試験です。
  11. 与信管理資格試験
    試験科目3科目全ての試験に合格することで「与信管理士」の資格が認定されます。
  12. 農業協同組合監査士
    世間的にはあまり通用しない資格です。農協中央会以外ではあまり価値がない。
  13. 経営学検定上級
    中小企業診断士の試験対策で受験するなら、中級がちょうど良いレベルに思われます。

難易度B

  1. 証券アナリスト(CMA)
    経済を分析・予測する金融のプロとして、財務・IRなどの幅広い分野で活躍できます。
  2. 公認不正検査士
    資格認定条件さえ合えば、CIAより難易度も低く、勉強しやすい有望資格です。
  3. ERE(経済学検定試験)ランクB+
    ビジネス社会において必要な経済学の基礎知識と応用力を養成する検定試験。
  4. BPIE検定試験
    BPIEは顧客の経営課題を解決するために改革・改善を推進するスペシャリストです。
  5. 販売士1級
    流通業界唯一の公的資格。多くの企業でこの資格の取得を奨励、人事考課にも活用。
  6. FP技能士1級(CFP)
    学習時間の目安は、1日1時間標準学習期間6~6.5ヵ月くらいです。独学でOK。
  7. 金融窓口サービス技能検定1級
    平成14年度から実施されている国家検定。試験合格者は「技能士」と認定されます。
  8. DCプランナー1級
    確定拠出年金や、投資関連で期待される将来性大の有望な資格です。
  9. ディスクロージャー経理実務検定(基礎編)
    基礎編と発展編があり、基礎編合格者はディスクロージャー実務士として認定されます。
  10. IFRS検定(国際会計基準検定)
    国際会計基準に関する日本語を用いた検定試験としては、国内初の試験です。
  11. 証券外務員1種
    パソコンを使う試験なので、パソコンが使えないとダメです。勉強は、過去問中心がベスト。
  12. 日商簿記2級
    好不況の影響を受けない資格。将来性、安定性でも有利な知名度No1の資格です。
  13. 経営学検定中級
    中小企業診断士の試験対策で受験するなら、中級がちょうど良いレベルに思われます。
  14. マーケティング・ビジネス実務検定A級
    認知度がまだ低く、受験人数もまだ少ない。オフィシャルテキストと過去問こなせばOK。
  15. IPO実務検定上級レベル
    企業の新規上場準備を行う人向けの資格試験という位置づけの試験です。
  16. PRプランナー
    試験は1次から3次試験まであり、面接を経て「PRプランナー」として資格認定されます。
  17. 金融窓口サービス技能検定2級
    平成14年度から実施されている国家検定。試験合格者は「技能士」と認定されます。
  18. ビジネス会計検定2級
    財務諸表を理解する力「会計リテラシー」の向上を目的とする商工会主催の公的資格。
  19. 銀行業務検定2級
    多くの金融機関で合格が昇進の条件になっており、年間受験者は主に職員で30万人。
  20. 税務会計能力検定1級(税務会計検定)
    文部科学省後援で全国経理学校協会が実施する検定試験、略称は「税務検定」。
  21. 農業簿記検定試験2級
    農業特有の勘定科目や慣習を考慮した会計処理を体系的に学ぶことができます。
  22. ビジネスマネジャー検定試験
    2015年7月に第1回試験がスタート。商工会議所が主催する新しい管理職向けの試験。
  23. ビジネス・キャリア検定試験2級
    事務系職務の実務能力を育成・評価する唯一の公的資格試験。昇進・キャリア・アップに。
  24. 電子化ファイリング検定A級
    就職活動中の学生にも人気が高い検定試験で、受験者の50~60%が団体受験です。
  25. ビジネス能力検定試験(B検)1級
    改訂され、2013年度から新基準“ジョブパス”として実施されることになった公的検定試験。
  26. 貸金業務取扱主任者
    貸金業を営むためにはこの資格所有者を所定数配置しなければなりません。
  27. 電卓技能検定試験1級
    電卓操作の迅速性、正確性の能力を認定する検定試験。年間数万人が受験します。
  28. プロフェッショナルCFO
    金融機関の法人担当、公認会計士、税理士等の資格保有者にはお勧めの資格。
  29. 給与計算実務能力検定試験 1級
    学生のうちに取得しておくと就職時のアピールにも利用できる試験です。
  30. マーケティング・ビジネス実務検定B級
    この検定の合格者は「貿易実務検定」の貿易マーケティング試験が免除されます。
  31. SC経営士
    「SC経営士」のSCは、ショッピングセンター(SC)の略称。企業の評価は非常に高い。

難易度C

  1. 販売士2級
    商工会議所が実施する検定試験。小売・流通業界唯一の公的資格です。
  2. DCアドバイザー
    投資に関するニーズは高く、この資格は今後も需要が高まってくると思われます。
  3. 証券外務員2種
    パソコンを使う試験なので、パソコンが使えないとダメです。勉強は、過去問中心がベスト。
  4. FP技能士2級(AFP)
    学習時間の目安は、1日1時間標準学習期間3~3.5ヵ月くらいです。独学でOK。
  5. DCプランナー2級
    確定拠出年金や、投資関連で期待される将来性大の有望な資格です。
  6. 日商簿記3級
    好不況の影響を受けない資格。将来性、安定性でも有利な知名度No1の資格です。
  7. 電卓技能検定試験2級
    電卓操作の迅速性、正確性の能力を認定する検定試験。年間数万人が受験します。
  8. IPO実務検定標準レベル
    企業の新規上場準備を行う人向けの資格試験という位置づけの試験です。
  9. 銀行業務検定3級
    多くの金融機関で合格が昇進の条件になっており、年間受験者は主に職員で30万人。
  10. 税務会計能力検定2級(税務会計検定)
    文部科学省後援で全国経理学校協会が実施する検定試験、略称は「税務検定」。
  11. スタンダードCFO
    金融機関の法人担当、公認会計士、税理士等の資格保有者にはお勧めの資格。
  12. ビジネス会計検定3級
    財務諸表を理解する力「会計リテラシー」の向上を目的とする商工会主催の公的資格。
  13. FASS(経理・財務スキル検定)レベルC
    大手企業などで、企業の経理・財務スキルの新スタンダードとして認識されている試験。
  14. ビジネス・キャリア検定3級
    事務系職務の実務能力を育成・評価する唯一の公的資格試験。昇進・キャリア・アップに。
  15. ビジネス能力検定(B検)2級
    改訂され、2013年度から新基準“ジョブパス”として実施されることになった公的検定試験。
  16. 電子化ファイリング検定B級
    就職活動中の学生にも人気が高い検定試験で、受験者の50~60%が団体受験です。
  17. コンピュータ会計能力検定2級
    簿記検定などと併せて取得すれば、企業の経理部門などの就職にはかなり有効な資格。
  18. 商業経済検定試験1級
    出題は文部科学省の学習指導要領に準拠し、受験生は商業高校の生徒、卒業生が多い。
  19. シニアリスクコンサルタント
    資格取得には協会が認定する基礎課程と上級課程の講座を受講しなければなりません。
  20. マーケティング・ビジネス実務検定C級
    この検定の合格者は「貿易実務検定」の貿易マーケティング試験が免除されます。
  21. 事業承継・M&Aエキスパート資格
    M&Aエキスパート認定試験は3種類あり、最上位のM&Aシニアエキスパート資格は難関。
  22. 認定BCM-RM(事業継続経営リスクマネジャ)
    資格取得には協会主催の研修コースを受講し、認定試験に合格しなければなりません。
  23. 販売士3級
    商工会議所が実施する検定試験。小売・流通業界唯一の公的資格です。
  24. 准PRプランナー
    試験は1次から3次試験まであり、面接を経て「PRプランナー」として資格認定されます。
  25. 全経計算実務能力検定試験3級
    経理担当の仕事の能力をアピールできる資格の一つ、女性に特におすすめの資格。
  26. 変額保険販売資格試験
    変額保険の販売に必要な知識の修得と、販売資格取得のための試験。難易度は低い。

難易度D

  1. 商業経済検定試験3級
    出題は文部科学省の学習指導要領に準拠し、受験生は商業高校の生徒、卒業生が多い。
  2. ビジネス能力検定(B検)3級
    改訂され、2013年度から新基準“ジョブパス”として実施されることになった公的検定試験。
  3. FP技能士3級
    学習時間の目安は、1日1時間標準学習期間3~3.5ヵ月くらいです。独学でOK。
  4. 通販エキスパート検定3級
    ネット通販の拡大に伴い年々受験者数は増加しています。出題は公式テキストから。
  5. コンピュータ会計能力検定初級
    簿記検定などと併せて取得すれば、企業の経理部門などの就職にはかなり有効な資格。
  6. PRプランナー補
    試験は1次から3次試験まであり、面接を経て「PRプランナー」として資格認定されます。
  7. 損害保険募集人一般試験
    受験対策は、支給されるテキストや市販のテキストなどで独学し試験に臨むのが一般的。
  8. 住宅ローンアドバイザー
    養成講座は誰でも挑戦できるため、新規事業を考えている人にとってもチャンスです。

 

【税務・会計・証券・経営系の資格一覧】

税務・会計・証券・経営系の3大資格は、「公認会計士」を筆頭に、「税理士」、「簿記」です。特徴は、数ある資格や検定試験の中でも、特に会計系の資格や検定は抜群に就職や転職に強いということです。それは、どの資格や検定も仕事に直結し、企業から必要な人材として求められることが多いからです。「簿記」や「証券外務員」、「FP」などの会計系の資格は主に経理や会計、財務などの実務に直結し、仕事に直接役立つため、今後も高い人気が続くものと思われます。会計系の入門資格といえば、日商簿記の3級でしょう。 3級を取得した後にも、2級、1級とステップアップしていくことが可能で、さらに上を望むのであれば、税理士、そして会計系資格の最高峰である公認会計士へとステップアップすることができます。また、会計系の仕事は、景気に左右されることが少なく、ニーズも高いのでスキルを高めれば高収入が期待できます。

金融系資格の中で、会計系資格の「簿記」にあたるのが、「証券外務員」です。この「証券外務員」には一種・二種がありますが、この資格を取得していないと金融関係の銀行や証券会社などで債券投資、株式投資などの投資信託関連の商品を扱うことができませんので、そういう意味では基になる資格と言えるでしょう。また、会計系資格も金融系も実務に役立つ資格であり、また取得していて損のない資格ばかりですが、仕事では当然パソコンを使いますので、ある程度のパソコンスキルは必須です。より高いパソコン能力があれば評価されることにもなります。

資格試験対策については、「公認会計士」や「税理士」などの国家資格や、また「日商簿記」や「中小企業診断士」などの転職に強い資格になると、独学で資格取得にのぞむことは非常に難しくなります。ほとんどの受験志望者が専門学校やスクールに通い講義を受けながら、テキストや参考書、問題集とあわせてDVDなどの動画教材なども活用して勉強しています。

【税務・証券・会計系資格情報】

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © NewtonGYM 資格の難易度 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.