資格名

ERE(経済学検定試験)
Economics Record Examination

資格の種類民間資格
主催日本経済学教育協会
資格の概要

経済学の知識・理解度を測るための経済学の検定試験です。経済学の数理的・理論的な基礎知識の習得程度と実体経済での初歩的な応用能力を、日本で初めて全国レベルでランク判定する試験です。特定非営利活動法人 日本経済学教育協会が2002年3月に「第1回ERE(経済学検定試験)」を実施しました。

この試験は、主に経済学部および社会科学系学部の学生を対象に、経済学の知識習得の具体的な判定目標として、また、ビジネス社会において必要とされる経済学の基礎知識とその応用力を養成する検定試験として実施されていますが、受験者層としては、経済学を専攻する学部生の割合がもっとも高く、学年別に見ると、就職活動を前にした3・4年生が学生全体の7割強を占めており、社会人層の割合は、全体の2割を占めています。
受験対象者は、以下のような願望を持つ方々が向いていると思われます。
 ・経済学部に在籍しているが、自分の経済学の実力を試したい。
 ・就職活動の際に、経済学を学んだ成果を証明できる客観的な指標が欲しい。
 ・就職したものの、経済学の知識不足を痛感。もう一度勉強し直す目標をもちたい。

試験は以下2種類のどちらかを受けることができます。
●ERE
EREは、主として大学の経済学部やその他社会科学系学部の学生、社会で活躍するビジネスパーソンを対象に、経済学の基礎知識の習得程度と実体経済での初歩的な応用能力のレベルを判定する試験です。経済学を学んだ客観的な指標として、就職に活用する学生が増えています。目標到達を目指すリピーターが多いのも特長です。
● EREミクロ・マクロ
EREミクロ・マクロは、主に学部の1・2年生、他学部の学生やビジネスパーソンを対象に、経済学の重要科目であるミクロ・マクロの数理的・理論的な基礎知識の習得程度と実体経済での初歩的な応用能力のレベルを判定する試験です。自身で設定した目標到達を目指し、何回もトライするリピーターが多いのもこの試験の特徴です。



試験方式

●試験方式:マークシート方式
 ・ERE
  出題形式:4答択一式 90問/1問10点 900点満点 試験時間:180分 
 ・ERE ミクロ・マクロ
  出題形式:4答択一式 50問/1問10点 500点満点 試験時間:100分 
※持込許可品として電卓の使用が1台認められています。プログラム機能を搭載した金融計算・関数機能・メモ機能付の電卓の持込み・使用は不可となっております。
●試験結果:偏差値により7段階で判定します。⇒詳細

受験資格

受験資格は問いません。誰でも受験できます。

※経済学部や社会科学系学部の学生を対象としていますが、大学、学部、社会人を問わず、誰でも受験でき、自分のレベルに応じて実力を測定することができる検定試験です。

試験科目

●ERE
「ミクロ経済学」、「マクロ経済学」、「財政学」、「金融論」、「国際経済」、「統計学」の6つの分野が出題範囲となります。
●EREミクロ・マクロ
「ミクロ経済学」、「マクロ経済学」の2つの分野が出題範囲となります。

スケジュール

●インターネットで申し込む場合
(1) 協会のホームページから、インターネットでダイレクトに試験の申込みができます。
(2) 受験料は、本人名義のカード決済で支払いください。
 ⇒インターネットでの申込ページ
※申込方法は他にもあります。詳しくはこちらを参照ください。

※2018年第34回経済学検定試験 
・試験日:2018年7月1日(日)
ERE 13:00-16:00 / EREミクロ・マクロ 13:00-14:40
・申込受付期間: 2018年4月18日(水)9:00〜5月18日(金)23:30
※2018年第35回経済学検定試験 
・試験日:2018年12月2日(日)
ERE 13:00-16:00 / EREミクロ・マクロ 13:00-14:40
・申込受付期間: 2018年9月19日(水)9:00〜10月19日(金)23:30

試験会場

全国12会場にて実施されます。
※各試験会場については、受験票にて確認ください。

受験料

・ERE:5,400円(税込)
・EREミクロ・マクロ:3,240円(税込)

資格難易度

●難易度
  評価B~B+判定 「B」の上位  普通
●合格率:
     合否判定はなし
※評価とレベル
S :経済分野でプロとして通用するレベル
A+:大学生博士課程レベル
A :大学院入学者レベル
B+:経済学部卒業レベル
B :経済学の基礎知識レベル
C :経済学の不得意科目を基本から
D :経済学全般を基本から

【難易度レベル】
経済学の学生レベルぐらい経済学をある程度理解している方でないと難しい試験内容です。経済学の基礎知識と応用レベルの問題が出題されますが、Sランクを取得するには偏差値73以上、A+ランクで偏差値66以上が必要なので、上位レベルは難易度は非常に高いと言えるでしょう。

受験対策&
資格の将来性

ERE(経済学検定試験)は、経済学の基礎的理解・知識を素直に問う正統的な問題が毎回バランスよく出題されている試験です。いわゆるひっかけ問題などを排し、経済学の真の実力を問うような問題が多いのが最大の特長になっています。この点でEREは、経済学を学ぶ学生・社会人にとって自分の実力を的確に測ることができ、高得点を取れるようになることで経済学の実力向上が図れるという、適切かつ有意義な検定試験となっています。

一方で、EREは毎回多くの大学などの教育機関や企業から受験の応募を受けています。また大学院ではこのEREの試験を入試の代わりに利用しているところがかなりあります(EREの試験を受けていると筆記試験が免除される方式などで)これは経済学の基本知識とその応用力の達成度を計るための最適な指標として、教育機関や企業から高い評価を得ていることに他なりません。
そういうこともあって、最近、就職活動にあたり、エントリーシートにその成績を明示し自己アピールの一手段として利用する学生の皆さんが増えています。ERE検定試験が経済学に対する学習成果の検証となることに、採用担当者も注目し始めているようです。

受検対策については、経済学検定における最も効率の良い勉強法は、できるだけ多くの過去問に当たることですが、過去問がなければミクロ・マクロのテキストを一通り読んで、EREの公式サイトの問題集や市販のミクロ・マクロの問題集、公務員試験のミクロ・マクロの問題集などを多くこなすことで効果は出ます。経済学検定受験者は過去問対策の勉強よりもテキスト・問題集の勉強をしている方が多いようです。尚、経済学検定試験は、通常のEREの受験者数は非常に少なく、ほとんどの受験生はEREミクロ・マクロを受験しています。ミクロ・マクロが全体の約95%を占めています。そのため、EREミクロ・マクロがメインの試験のようになっているのが実状です。

現状ではこの試験は理論や学問的な内容が中心的に出題されているので、仕事に直接結びつけるのは難しいと思われます。しかし、将来的に経営幹部や経営者を目指している人にとっては、キャリアアップになる検定試験です。
主な就職先は銀行、証券、保険などの金融業界、商社、メーカー、流通、IT関連企業などで活躍が期待できます。

通信講座
スクール
オンライン学習
教材
売れ筋教材
問い合わせ先

スポンサーリンク