資格取得に必要な「資格の難易度」を中心に各種の情報を提供しています

サービス・その他系の資格

  • HOME »
  • サービス・その他系の資格

資格の難易度・資格の難易度ランキング

難易度S

該当する資格はありません

難易度A

  1. 国際秘書検定CBS(ファイナル試験)
    受験者の大半は実務経験者です。審査のレベルが高く独学での突破は難しい。
  2. AIBA認定貿易アドバイザー
    試験は難関ですが、有資格者がきわめて少なく、希少価値のある資格です。
  3. 貿易実務検定A級
    A級はずば抜けて難しく、このクラスになると試験のための勉強では無理か。
  4. 米国公認秘書資格CAP(旧CPS)
    受験対策講座を受講するにもTOEIC700点以上は必要なハイレベルな秘書検定。
  5. 管理栄養士
    栄養士よりもワンランク上の資格が管理栄養士。試験の難易度もかなり高い。
  6. 実用数学技能検定1級
    2級以上の合格すると、数学のプロとして主催団体が活動を支援してくれます。
  7. グレッグ英文速記公式検定
    英語のヒアリングの正確性と速記の正確性が問われる試験です。
  8. 速記技能検定1級
    専門職となるには、2級以上を取得することが必要。但し、合格率30%未満。
  9. 総合旅行業務取扱管理者
    国内より総合の方が圧倒的に難しい。どちらも女性の受験者が多い試験です。

難易度B

  1. 野菜ソムリエ(シニアマイスターコース)
    基礎コースなら、良い教材できちっと受講すれば合格は難しいことはありません。
  2. 和裁技能士1級
    きものの美しさを作り出す和裁の技術など一定の基準に基づいて認定する資格。
  3. 貿易実務検定準A級・B級
    A級はずば抜けて難しく、このクラスになると試験のための勉強では無理か。
  4. 野菜ソムリエ(マイスターコース)
    基礎コースなら、良い教材できちっと受講すれば合格は難しいことはありません。
  5. 消費生活アドバイザー
    「企業と消費者のパイプ役」を養成するための女性に人気の資格です。
  6. ファイリング・デザイナー検定1級
    すべての企業で有効な資格。簿記などの資格と併せれば、さらに有効に働く。
  7. MIDI検定1級
    MIDIとは電子楽器デジタルインタフェースの意味。音楽情報を伝達する規格。
  8. 実用数学技能検定準1級
    2級以上の合格すると、数学のプロとして主催団体が活動を支援してくれます。
  9. 葬祭ディレクター技能審査1級
    女性ならではのこまやかな心遣いが生かされる資格で、最近注目の資格。
  10. 秘書技能検定1級
    1級・準1級は面接があるため、独学で合格するのは少し難しいかも知れません。
  11. ビジネス統計スペシャリスト(上級レベル)
    統計学を全く勉強したことがない人には、操作編などは難易度が高いです。
  12. テクニカルコミュニケーション技術検定3級
    3級はテクニカルライティング試験と言います。特殊な業界向けの試験です。
  13. JMAメイクアップ技術検定1級
    検定は国際的に通用するメイクアップアーティストの地位向上を目指しています。
  14. フードアナリスト2級
    協会指定の試験に合格し、会員になると「フードアナリスト」を名乗れます。
  15. 消費生活専門相談員
    消費生活センターなどで相談員として働くための能力、資質を図る資格です。

難易度C

  1. 秘書技能検定準1級
    準1級は専門的な秘書業務に関して知識・技能を発揮することができるレベル。
  2. 中小企業組合士検定試験
    組合の役職員の資質向上を図るため専門的な知識をもつ者を認定する資格。
  3. 物流技術管理士
    物流システム全体を総合的に管理するスペシャリスト。国土交通大臣認定資格。
  4. 国内旅行業務取扱管理者
    実務経験が3年以上あれば研修を受講し、1科目を科目免除で受験できます。
  5. 社会人常識マナー検定試験2級
    旧社会常識能力検定が平成27年度試験から名称を変更した試験です。
  6. IATAディプロマ(国際航空貨物取扱士)基礎コース
    英語で出題される世界規模の試験。世界中の受験者が同じ問題に取組みます。
  7. 運行管理者
    営業用自動車の運行の安全確保のために設けられた国家資格。
  8. 高等学校卒業程度認定試験(旧大検)
    平成16年度までは大検(大学入学資格検定)と呼ばれていた試験です。
  9. キッチンスペシャリスト
    この資格はインテリア関係に従事されている方にはお薦めの資格です。
  10. メイクセラピー検定2級
    3級は筆記試験問題を在宅で解答するシステムなので難しくありません。
  11. 国際秘書検定(準CBSプライマリー)
    受験者の大半は実務経験者です。審査のレベルが高く独学での突破は難しい。
  12. 貿易実務検定C級
    A級はずば抜けて難しく、このクラスになると試験のための勉強では無理か。
  13. 統計検定3級
    日本統計学会公認、総務省後援の全国試験。1級は難関、会計士必携の資格。
  14. MIDI検定2級
    MIDIとは電子楽器デジタルインタフェースの意味。音楽情報を伝達する規格。
  15. セールススキル検定2級
    合格すれば、セールスマンとしての実力の証明となり、大きな武器となります。
  16. 食生活アドバイザー検定2級
    「食」や「健康」に対する関心が高まる中、高いニーズが期待される資格の一つ。
  17. 実用数学技能検定2級
    2級以上の合格すると、数学のプロとして主催団体が活動を支援してくれます。
  18. 速記技能検定3級/4級
    専門職となるには、2級以上を取得することが必要。但し、合格率30%未満
  19. コンタクトセンター検定試験(オペレーター資格)
    資格試験としての知名度はまだ低いですが、幅広い業界で活躍できる資格。
  20. 生涯学習インストラクター
    ボランティアや社会貢献がしたい人にはお薦めの資格かも知れません。
  21. 美容師
    試験のポイントは実技試験の「衛生面」。減点されないように細心の注意を。
  22. ジュエリーコーディネーター2級
    宝飾品販売業界での評価は非常に高く、就・転職の際に十分武器になる資格。
  23. 葬祭ディレクター技能審査2級
    女性ならではのこまやかな心遣いが生かされる資格で、最近注目の資格。
  24. ファッション販売能力検定2級/3級
    上級クラスは、知識以上に顧客とのコミュニケーション、接客技術が重要です。
  25. DIYアドバイザー
    資格取得には日本DIY協会が実施する通信講座で学ぶ方法もあります。
  26. 和裁技能士2級
    きものの美しさを作り出す和裁の技術など一定の基準に基づいて認定する資格。
  27. セールススキル検定3級
    合格すればセールスマンとしての実力が証明でき、就職などで武器になります。
  28. ビジネス実務マナー検定3級
    民間資格ですが、文部科学省後援の資格なので信頼性は高いと思われます。
  29. 接客サービスマナー検定準1級
    知名度が高く、エアライン業界などのサービス業への転職や就職には有利。
  30. 秘書技能検定2級
    2級、3級は独学でも合格できるレベル。受験対策は過去問中心で繰り返す。
  31. ソムリエ呼称資格認定試験
    ワイン関係では、国内ではもっともステータスと知名度がある資格です。
  32. 実用数学技能検定3級
    2級以上の合格すると、数学のプロとして主催団体が活動を支援してくれます。
  33. フードアナリスト3級
    協会指定の試験に合格し、会員になると「フードアナリスト」を名乗れます。
  34. 日本化粧品検定2級
    話題のコスメ資格「コスメが読める、人気の美資格」として有名になった資格。
  35. ホテルビジネス実務検定試験(マネジメントレベル)
    略称H検。ホテル業務に必要な実務知識を体系的に習得できます。
  36. 動物看護師
    ペットの専門知識を持った動物看護士はますます需要が高まると思われます。
  37. 世界遺産検定2級
    趣味性が強いイメージがありますが、20代、30代の女性に人気の試験です。
  38. ファイリング・デザイナー検定3級
    あらゆるオフィスに適用できるため受験者は企業、病院、など多岐に及びます。
  39. 製菓衛生師
    飲食店開業時に必要な食品衛生責任者を申請だけで取得できる資格です。
  40. 調理師
    名称独占資格ですが有資格者は非常に多いため、他の関連資格と併せたい。
  41. 野菜ソムリエ(ジュニアマイスターコース)
    基礎コースなら、良い教材できちっと受講すれば合格は難しいことはありません。
  42. リビングスタイリスト1級
    男女別受験者数では女性が8割で、女性に人気の試験。難しくありません。
  43. JMAメイクアップ技術検定3級
    美容学校や化粧品メーカーの受験者も多く、この業界の中では最大級の資格。
  44. 美術検定2級
    美術でより豊かな人生を送りたい人々を応援する検定試験と言えます。
  45. ネイリスト技能検定2級
    ネイリストや、ネイルを職業としてとらえている方には決して外せない資格。
  46. 秘書技能検定3級
    2級、3級は独学でも合格できるレベル。受験対策は過去問中心で、繰り返す。
  47. コミュニケーション検定上級
    旧日本語コミュニケーション能力認定が改変。ビジネス・実践に特化した試験。
  48. チェッカー技能検定2級・3級
    1級試験は合格者数約20名、全国でも1パーセントしかいない狭き門です。
  49. パーソナルカラーリスト検定2級
    同じ名前の試験を2つの団体がそれぞれ独自に行っているので注意が必要。
  50. 接客サービスマナー検定2級
    知名度が高く、エアライン業界などのサービス業への転職や就職には有利。
  51. きもの文化検定3級
    試験対策は、何級でも参考図書を全部読み、出来る限り覚えてしまうことです。

難易度D

  1. 食生活アドバイザー検定3級
    これからの世の中では、高いニーズが見込まれる資格のひとつと言えます。
  2. パーソナルカラーリスト検定3級
    同じ名前の試験を2つの団体がそれぞれ独自に行っているので注意が必要。
  3. 中古自動車査定士
    中古自動車が多くを占める現在では、この資格は非常に重要な資格です。
  4. セールスレップ資格認定試験
    この資格はハローワークなど職業訓練校の講座でも開設されています。
  5. 動物看護師
    ペットの専門知識を持った動物看護士はますます需要が高まると思われます。
  6. リビングスタイリスト2級
    受験者数では女性が7割を占め、そのうち業種別では学生が5割を占めます。
  7. ネットショップ実務士(L1)
    Eコマース業界への就業を目指す方は、今の内に取得しておくと良い資格です。
  8. 世界遺産検定3級
    趣味性が強いイメージがありますが、20代、30代の女性に人気の試験です。
  9. 惣菜管理士2級・3級
    資格取得には、通信教育による養成研修を受け、試験に合格が必要です。
  10. 接客サービスマナー検定3級
    知名度が高く、エアライン業界などのサービス業への転職や就職には有利。
  11. ジュエリーコーディネーター3級
    宝飾品販売業界での評価は非常に高く、就・転職の際に十分武器になる資格。
  12. ネイリスト技能検定試験3級
    ネイリストや、ネイルを職業としてとらえている方には決して外せない資格。
  13. 社会人常識マナー検定試験3級
    旧社会常識能力検定が平成27年度試験から名称を変更した試験です。
  14. ブライダル・プランナー
    全米ブライダルコンサルタント協会が、求める知識と能力を認定する試験です。
  15. きものコンサルタント
    きものの養成学校で専門教育を一定時間受けた人しか受験できない資格です。
  16. 認定子育てアドバイザー
    講座を受講し、最終日に適性検査と筆記試験による認定テストを受けます。
  17. 家庭料理技能検定
    延べ5万人を超える受検者がいる、信頼度の高い文部科学省後援資格です。
  18. コミュニケーション検定初級
    旧日本語コミュニケーション能力認定が改変。ビジネス・実践に特化した試験。
  19. 美術検定3級/4級
    美術でより豊かな人生を送りたい人々を応援する検定試験と言えます。
  20. アロマテラピー検定
    近年では毎年受験者4万人、累計受験者30万人、累計合格者28万人の試験。
  21. 歴史能力検定
    入試の際に、この資格取得者を評価の対象や参考にする学校もあるようです。
  22. 栄養士
    養成施設を卒業すれば良いので資格を取得するのは難しくはありません。
  23. ツアーコンダクター(国内旅程管理主任者)
    資格取得希望者は、旅行会社や添乗員派遣会社に所属しなければなりません。
  24. 雑穀エキスパート
    2日間の講習後に認定試験が行われ、この試験に合格すれば資格が取れます。
  25. きもの文化検定4級・5級
    試験対策は、何級でも参考図書を全部読み、出来る限り覚えてしまうことです。
  26. 認定ベビーシッター
    2つの研修を修了し、認定試験と審査に合格すれば取得できる民間資格です。
  27. 公認トリマー
    「C級」「B級」「A級」「教士」「師範」という5種類の公認トリマー資格があります。
  28. メイクセラピー検定3級
    試験では、基礎知識の他にメイクアップ実技テクニックの習得が必要です。
  29. 食品衛生責任者
    食品系で人気の資格。6時間の講習を受ければほぼ全員合格となります。
  30. 茶道文化検定3級・4級
    「文化力プロジェクト」参加事業に承認された試験で、実技試験はありません。
  31. 実用マナー検定
    社会人にとって必要なマナーをどの程度身につけているのかを判定する試験。

 

サービス系・その他資格一覧】

「サービス系・その他」の資格の難易度ランキングトップは、合格率は15%前後の「速記技能検定1級」でしょう。1級は速記技能者のプロレベルで1分間320字で10分間朗読する文章を速記し、時間内に98%以上の正確度で反訳します。他に上位には貿易関係資格や秘書検定、旅行関係、消費生活関係資格などが並びます。貿易関係資格では「AIBA認定 貿易アドバイザー」、「貿易実務検定」は、合格率が5%前後の難関の民間資格です。旅行関係資格では、「総合旅行業務取扱管理者」と「国内旅行業務取扱主任者」。両試験とも国家試験ですが、国内・海外両方の旅行業務を取り扱うことのできるのが「総合旅行業務取扱管理者」、この試験は合格率も15%前後で、観光地理の分野の問題が非常に難易度が高いことでも有名です。

秘書関係の資格には、「米国秘書CPS」、「国際秘書CBS」、「秘書技能検定」などの他、「ビジネス実務マナー検定」や「接客サービスマナー検定」なども含まれます。「国際秘書CBS」と「秘書技能検定」は、日本の法人が主催する検定試験ですが、「米国秘書CPS」は米国秘書協会(IAAP)が認定する検定試験。「米国秘書CPS」は客接遇や電話応対などが問われず、マネジメントが重視されている点が一番日本の秘書検定と異なるところです。

消費生活関係資格にはたくさんの資格や検定試験がありますが、ここでは、国家資格の「管理栄養士」を筆頭に「野菜ソムリエ」や「消費生活アドバイザー」、「フードアナリスト」、「消費生活専門相談員」、「キッチンスペシャリスト」などをランキングに上げています。

この中で、「管理栄養士」だけは栄養士の資格がないと取得できませんが、他の資格は受験資格要件はなく、誰でも受験ができる民間資格です。「野菜ソムリエ」は正式名称を「ベジタブル&フルーツマイスター」という民間資格ですが、その最高位の「シニアマイスター」は2017年2月現在で、全国にたった約140人しかいません。またこの資格取得者には有名人が多く、中でも何故か、アナウンサーの取得率が高いことでも有名。

【サービス・その他系資格情報】

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © NewtonGYM 資格の難易度 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.