資格取得に必要な「資格の難易度」を中心に各種の情報を提供しています

「サービス・その他系資格」の難易度解説

  • HOME »
  • 「サービス・その他系資格」の難易度解説

「サービス・その他系資格」では、カテゴリー別にランキングにすると資格の数が少ないため、あえて一つにまとめて難易度ランキングをつけています。ここに含まれる資格のカテゴリーは、「車両・船舶」、「事務・PCスキル」、「貿易・国際」、「健康・美容・調理」、「基礎教育・スキル」、「販売・サービス」、「文化・趣味・教養」、「ライフスタイル」、「衛生・飲食」、「動物」、「子供・育児」、「その他」などがあります。

この「サービス・その他系資格」の難易度ランキングトップクラスは、合格率は15%前後の「速記技能検定1級」や「水先人」でしょう。1級は速記技能者のプロレベルで1分間320字で10分間朗読する文章を速記し、時間内に98%以上の正確度で反訳します。他に上位には貿易関係資格や国際秘書検定、旅行関係資格などが並びます。貿易関係資格では「AIBA認定 貿易アドバイザー」、「貿易実務検定」は、合格率が5%前後の難関の民間資格です。旅行関係資格では、「総合旅行業務取扱管理者」と「国内旅行業務取扱主任者」。両試験とも国家試験ですが、国内・海外両方の旅行業務を取り扱うことのできるのが「総合旅行業務取扱管理者」、この試験は合格率も15%前後で、観光地理の分野の問題が非常に難易度が高いことでも有名です。

秘書関係の資格には、「米国秘書CPS」、「国際秘書CBS」、「秘書技能検定」などの他、「ビジネス実務マナー検定」や「接客サービスマナー検定」なども含まれます。「国際秘書CBS」と「秘書技能検定」は、日本の法人が主催する検定試験ですが、「米国秘書CPS」は米国秘書協会(IAAP)が認定する検定試験。「米国秘書CPS」は客接遇や電話応対などが問われず、マネジメントが重視されている点が一番日本の秘書検定と異なるところです。

消費生活関係資格にはたくさんの資格や検定試験がありますが、ここでは、国家資格の「管理栄養士」を筆頭に「野菜ソムリエ」や「消費生活アドバイザー」、「フードアナリスト」、「消費生活専門相談員」、「キッチンスペシャリスト」などをランキングに上げています。この中で、「管理栄養士」だけは栄養士の資格がないと取得できませんが、他の資格は受験資格要件はなく、誰でも受験ができる民間資格です。「野菜ソムリエ」は正式名称を「ベジタブル&フルーツマイスター」という民間資格ですが、その最高位の「シニアマイスター」は2017年2月現在で、全国にたった約140人しかいません。またこの資格取得者には有名人が多く、中でも何故か、アナウンサーの取得率が高いことでも有名です。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © NewtonGYM 資格の難易度 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.