資格名

食育健康アドバイザー
試験名:食育健康アドバイザー認定試験

資格の種類

民間資格

主催

日本安全食料料理協会(JSFCA)

資格の概要

日本では2005年に食育基本法が成立され、食育の重要性が少しづつ認知・理解されるようになりました。手軽に、そして自由に食事を取ることができる今の時代だからこそ、食の原点に立ち戻った「食育」が求められています。「食育健康アドバイザー」は、食育の基本的な知識を得ることができる資格です。資格を取得することで、日本の食育に対する取り組み(食育基本法)や、アメリカなど諸外国の食育事情、食育と生活習慣病との関連性などの知識を身につけることができます。
食育健康アドバイザーの資格の趣旨は、食事や健康に悩む人を救い、現状を変えていくきっかけを作ることです。

食育健康アドバイザーを目指す人は、まず「食育」に関する正しい知識を身につけなければなりません。栄養学や食材についての基本知識は必須項目になります。
資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動などができます。

食育健康アドバイザーの資格取得は、こんな人におすすめと言えます。
・食について関心があり、食育の知識を身につけたい人
・家族の食生活を見直し、健康を守りたい人
・自分の健康管理を正しくしっかり行いたい人
・将来、資格を仕事に活かしたい人 




試験方式

●試験方式
  在宅試験
※期日までに解答用紙を提出する「在宅試験」です。
●合格基準
  70%以上の評価

※指定講座を受講していなくても、試験は受けられます。

受験資格

・特になし(誰でも受けられます)

試験科目

・試験範囲や出題は通信講座のテキストの中からになります。
※従って、時間をかけずに確実に取得したい場合は、通信講座を受講するのが良いでしょう。

スケジュール

・試験実施
  年6回(2月/4月/6月/8月/10月/12月)
・申し込み(インターネット)
  → 申込みページ
・解答
  試験期間中に解答し、提出期限までに返却用の封筒で解答用紙を送る。

※2021年試験日程
 ・12月の試験日:2021年12月20日〜25日

 ・申し込み期間:2021年11月1日〜11月30日

【2022年試験日程】
 2月:2月20日〜25日 4月:4月20日〜25日
 6月:6月20日〜25日 8月:8月20日〜25日

  ※詳しい日程はこちらを参照ください。

試験会場

自宅

受験料

10,000円(消費税込み)

資格難易度

●難易度  
 「D」    易しい

【資格の難易度レベル】
合格率は公開されていませんが、合格基準が70%以上ということや、問題も通信講座の指定テキストから出題され、最短1ヶ月で資格取得も可能とされていることから、難易度は高くないと判断できます。
--------------------------------------------
・合格率 
   非公開(日本安全食料料理協会は合格率を公開していません。

受験対策・資格の将来性

試験問題が通信講座の指定のテキストから出題されるため、受験対策は、テキストが主になるのは当然なのですが、そのテキストと過去問が非公開で手に入らないので、独学は効率が悪く取得まで長い時間がかかる可能性があります。
そういうことから、短期間で確実に資格を取得したい方は、お金はかかりますが通信講座を受講するのがベストの選択です。認定講座なら6ヶ月受けられますが、最短1ヶ月で資格取得が可能と紹介されています。

「食育健康アドバイザー」は、最近人気上昇中の資格です。食育の知識は食事全般に関する知識でなので、食品や食事に関わるあらゆる仕事において重宝します。食育健康アドバイザーの仕事の内容は、食事や健康に悩む人を救い、現状を変えていくきっかけを作ることですので、その人の体質を考えた食事のアドバイスをしたり、健康のための助言を行うことが業務となります。
毎日の食事を改善するのはたいへん難しいので、専門家から健康健全な食生活を送るためのアドバイスがないと正しい方向へ修正できないことが多いのです。だからこそ食育健康アドバイザーには、多くの人からの要望や期待が集まってくると思います。

食育健康アドバイザーは専門学校やスクール、その他食に関わるあらゆる職場で仕事をすることができます。食品関係や調理関係の仕事で活躍したり、料理教室を開くことも可能です。また、子どもたちに食の大切さを学んでもらうために、教育施設などで講演活動を行うこともできます。
その他の就職先としては、次のような就職先が考えられます。
 →・食品メーカー ・飲食店 ・オーガニック食品を扱うスーパー ・健康食品の店舗
食に対する関心は高まる一方ですから、活躍する場面もますます広まっていくことが予測されます。

通信講座

諒設計アーキテクトラーニング(日本安全食料料理協会認定講座)
このスクールの食育健康アドバイザーW資格取得講座は、「基本講座」とスペシャル講座の2コースが用意されており、後者は卒業試験課題が認定されると、自動的に有資格者として認められるのが特徴です。そのため、資格試験の受験費用がかからないので、初学者にも向いていると言えるでしょう。1日30分程度の勉強で、初心者でも約6か月で無理なく学ぶことができます。
  ➡ 講座の詳細内容

スクール

-

過去問

-

教材

食育健康アドバイザー関連書籍

関連情報ページ

●試験関連情報

●関連資格
 栄養士
 食生活アドバイザー

問い合わせ先

日本安全食料料理協会(JSFCA) https://www.asc-jp.com/
〒105-0022
東京都港区海岸1-2-20 汐留ビルディング3階
 ・問合せ info@asc-jp.com¥