資格名

品質管理検定 
 ※別名「QC検定」

資格の種類

公的資格

主催

日本規格協会、一般財団法人日本科学技術連盟

資格の概要

品質管理検定は、一般財団法人日本規格協会と一般財団法人日本科学技術連盟が主催し、一般社団法人日本品質管理学会(JSQC)が認定する品質管理に関する検定である。 QC検定とも呼ばれている公的資格です。この検定では、品質管理の重要性や職場生活の基本や、品質管理の専門知識まで幅広い知識が習得でき、品質管理に関する知識がどの程度あるかを筆記試験の結果によって評価を行います。2005年に第1回の試験が行われました。

試験の級は、1級から4級までレベルがあります。3級は工場などの現場で働くために必要な知識が主になった試験で、現場作業者や監督者のほか、就職対策で受験する人もたくさんいます。
3級の受験対策の勉強で得られることは、主に品質管理の重要性や品質管理の専門知識に関する幅広い知識です。また、4級では品質管理の考え方などの基礎的知識です。最高位の1級取得には高度なデータ処理や、統計学の知識が求めらます。このように、 QC検定では自分の知識レベルに合わせて受験できるように構成されています。多くの企業では、ますます品質向上への取り組みが重要視されている現在、品質検定で得られる知識は、あらゆる業種・職種で役に立つでしょう。

※級別の試験の対象者
1級
部門横断の品質問題解決をリードできるスタッフ、品質問題解決の指導的立場の品質技術者
2級
自部門の品質問題解決をリードできるスタッフ、品質にかかわる部署の管理職・スタッフ
3級
自分たちの職場の問題解決を行う社員、品質管理を学ぶ大学生・高専生・高校生
4級
初めて品質管理を学ぶ人や新入社員、社員外従業員や大学生・高専生・高校生



試験方式

  • 試験の形式は4級から2級まではマークシート方式で、1級のみ、マークシート方式と記述式(論述試験)の両方があります。 
  • 試験時間:1級 120分間 2級、3級、4級 90分間
  • 合格基準
    ・1級
    総合得点概ね70%以上、 論述・手法分野・実践分野に分類し、各分野概ね50%以上得点すること
    ・2級 ・ 3級
    総合得点概ね70%以上、手法分野・実践分野に分類し、各分野概ね50%以上得点すること
    ・4級
    総合得点概ね70%以上

受験資格

各級共に受験資格はありません

試験科目

【出題範囲】
【1級】
 ・品質管理のリーダーとして期待される品質管理の手法全般、実践全般に関する理解度
 ・品質管理周辺の手法や品質管理周辺の活動としてトピック的事柄に関する基礎知識 
 ・2,3,4級の試験範囲を含む理解度の確認

【2級】
 ・QC七つ道具を含む統計的手法の活用や実践を自主的に実施するために必要な知識の理解度
 ・確率分布、検定・推定、相関分析・回帰分析などの基本的事項
 ・3級,4級の試験範囲を含む理解度の確認
【3級】
 ・データの取り方やまとめ方の基本とQC七つ道具の利用
 ・新QC七つ道具の基本
 ・品質、プロセス管理、問題解決、標準化など、基本的な管理-改善活動に関する事項
 ・4級の試験範囲を含む理解度の確認
【4級】
 ・品質管理、管理、改善、工程、検査、標準標準化、デー夕、QC七つ道具、企業活動の基本など
 ・企業活動の基本常識に関する理解度の確認

(出題)
 ・1級 企業内の品質管理に関する業務全般の知識を持っているかどうかが試される問題
 ・2級 主に、QC7つ道具を使って品質に関わる問題を解決できるかどうかを試す問題
 ・3級 QCの7つ道具の個別手法を理解しているかを問う問題
 ・4級 これから品質管理に携わる方や初心者向けの基礎知識を問う問題

スケジュール

  • 試験日:年2回(3月中旬と9月上旬)

2020年度第29・30・31回品質管理検定(QC検定)試験日程
 第29回試験
 ・試験日:2020年3月15日(日)
 ・受験申請受付:2019年12月2日(月)~2020年1月10日(金)ネット
 ・合格発表:2020年4月17日(金)WEB合格発表予定
第30回試験
 (試験日) 2020年9月6日(日) (受付) 2020年6月上旬予定
第31回試験
 (試験日) 2021年3月21日(日)

試験会場

・1級 全国6都市で実施 
 (仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡)
・2,3,4級 全国54都市で実施 
 (札幌、仙台、郡山、ひたちなか、宇都宮、前橋、久喜、千葉、東京ほか)

受験料

  • 1級 8,220円
  • 2級 5,140円
  • 3級4,110円
  • 4級3,080円

資格難易度

難易度 
  ・3級・4級   「D」 易しい
  ・2級       「C」 やや易 
  ・1級     「B」 普通 

【資格の難易度レベル】
試験の難易度レベルは、2級から4級の試験では、全ての問題の解答が○×式や語句の選択式になっていることもあって難解な試験ではないと言えます。
4級は一般社会人なら常識程度の問題です。また、3級は仕事で品質管理や、QCサークルのような経験がある人なら決して難しくありません。3級の場合、ヒストグラム、グラフ、散布図、特性要因図、パレート図などをしっかり理解していれば簡単に解ける問題ばかりです。2級では、少し複雑な統計的手法が出てきますので、数字や統計に苦手意識がある場合には苦戦することがあるかもしれません。1級試験の難易度は2級よりもかなり高くなります。1級試験では、十分な知識があっても、それを論理的に説明できる力がないと、2次試験の論述問題に合格するのが難しくなります。3級以下なら誰でも1ヶ月もあれば独学で突破は十分可能です。2級でも市販のテキストや問題集、過去問などを活用して独学でチャレンジし、合格している方も多く、少し基礎知識があれば勉強時間は2ヶ月ほどあれば問題なさそうです。ただ、1級は、かなりレベルが高く、ちょっと独学で勉強したくらいでは合格はむずかしいと思います。難解な計算問題なども出題され、解答にも時間がかかる問題が多く、仕事などで品質管理を日々実践している人でも、結構勉強をしなければ合格できないレベルであることを認識しておいた方がいいでしょう。
--------------------------------------------
●合格率
  2019年度9月第28回QC検定(品質管理検定)試験結果
  合格率 1級2.6%(27/1,045) 2級23.0%(2,883/12,557) 
      3級49.7%(18,530/37,276) 4級84.0%(9,565/11,384) 

※参考データ
 ・2019年度3月第27回QC検定(品質管理検定)試験結果
  合格率 1級7.2%(81/1,125) 2級26.6%(3,343/12,574) 
      3級51.2%(17,598/34,392) 4級85.2%(9,679/11,367)  
  ・2018年度9月第26回QC検定(品質管理検定)試験結果
  合格率 1級4.6%(50/1,095) 2級24.9%(2,917/11,720) 
      3級50.3%(16,541/32,857) 4級84.2%(8,605/10,218)  

受験対策・資格の将来性

QC検定の過去の試験実績を見ると、3級の受験者数は全体の約50%、2級は20~30%、1級は10%以下の割合になっています。1級合格は狭き門で、合格者数累計が約3,000人とされています。受験者数、合格者が一番多いのが3級です。累計で50万人以上が受験し約30万人が合格している結果になっています。まとめると、QC検定は2005年の検定開始以来14年(27回)で累計約100万人が受験し、50万人を超える合格者を誇り、申し込みした企業や団体は大企業を中心に、全国で2,000以上にもなる検定試験ということになります。

QC検定の特徴は、キャリアップできる資格だということです。一般に工場や製造業では、管理職への昇進にQC検定の取得が条件となっているところもあります。また大手企業の工場などでは品質管理部門が設けられているので、QC検定取得者は品質管理部門への転職も可能になります。そこで専門の知識や経験が活かすことができます。さらに、資格を取得することで個人の問題解決能力や品質管理レベルの向上を図ることができ、それが組織の活性化につながることになります。

「QC検定合格は全社員必須」を掲げ、ものづくりに対する知識、意識を高め、お客様に喜んでいただける製品づくりに取り組んでいる工場や企業が全国にあります。
一方、品質管理の工場で、実務で活かせる資格レベルはQC検定2級です。2級で求められるのは、一般的な職場で発生する品質に関係した問題の解決や改善ができることです。こういう実状から考えて、QC検定2級取得を目標に、3級からチャレンジして2級を取得できれば、メーカーなどモノづくり企業で評価が高まっている「QC検定2級取得」は、就職・転職時にも大きなアピールポイントになることは間違いないと思います。品質管理への取り組みが重要視されている昨今、この資格の勉強を通じて得た知識は、あらゆる業種・職種で役に立つはずです。

通信講座

協会主催の各種品質管理通信講座

協会主催のeラーニング

スクール

協会主催の各種品質管理セミナー

過去問

過去問題で学ぶQC検定2級 2020年版 (2020年版)
過去問題で学ぶQC検定1級 2019・2020年版
過去問題で学ぶQC検定3級 2020年版

教材

品質管理検定試験対策教材

売れ筋教材

-

問い合わせ先

日本規格協会
https://www.jsa.or.jp/
〒108-0073 東京都港区三田3-13-12三田MTビル
TEL:03-4231-8595
電話受付時間:9:00~17:00
(土・日曜、祝日、年末年始は除く)