資格名

マンションマエストロ検定

資格の種類

民間検定試験

主催

東京カンテイ マンションライブラリ マンションマエストロ検定事務局

資格の概要

「マンションマエストロ検定」の特徴は、この試験がマンション売買に携わる不動産業界の人や金融機関の不動産担当スタッフ、そしてマンションの購入を検討中の「消費者」を対象とした検定試験であるところです。マンションを「住まい」として選択した際に知っておくべき基礎的な知識や情報を身につけ、マンションを見る目を養うことで、購入者が本当に最適なマンションを、十分納得して購入できるようになることを目的としています。従って、マンション購入・売買などに興味がある方に特におすすめの検定試験です。

試験は、ランク別に以下の3種類の試験があります。
 ・3級:初級者向け
 ・2級:中級者向け 
 ・1級:上級者向け  (2020年開始)

この試験は、特に以下のような方々におすすめの試験です。
 ・マンションの購入を検討されている方
 ・将来的にマンションを購入する可能性・予定のある方
 ・現在マンションに住んでおられる方
 ・不動産業界や金融機関等でマンション売買に携わっている方

※「マエストロ」とはイタリア語およびスペイン語で”maestro” ”Maestro”と書きます。
 意味は、芸術家とか、専門家に対する敬称、または称号です。

試験方式

●試験方式
 CBT方式(Computer Based Testing)
・出題数/試験時間
 (出題)1級50問、2級70問、3級70問  すべて択一形式(4択)
 (試験時間)60分/1級、2級、3級共通
・合否基準
 概ね正答率70% /1級、2級、3級共通

※基本的には「マンションマエストロ検定」の公式ガイドブック
  https://mansion-maestro.com/exam-textからの出題となります。
・公式ガイドブック
(3級・2級)
 「選ぶまえに知っておきたいマンションの常識 基礎編」
(1級)
 「選ぶまえに知っておきたいマンションの常識 実践編」

受験資格

・誰でも受験できます。

試験科目

●出題範囲
【2級・3級】選ぶまえに知っておきたいマンションの常識 基礎編
・第一章 マンションの基礎知識
・第二章 マンションの決まり事
・第三章 マンション選びの視点
・第四章 マンション購入・売却のポイント
・第五章 人生100年時代のマンション選び
・マンションデータ資料
・マンションマエストロ模擬試合問題
・マンション用語辞典

【1級】選ぶまえに知っておきたいマンションの常識 実践編
・第一章 マンションのタイプを学ぶ
・第二章 マンションの価値を形成する要因 完全編
・第三章 中古マンションを選んで自分好みに住む
・第四章 内覧時チェックマニュアル
・第五章 生活の中のマンションライフ
・マンションデータ資料
・マンションマエストロ1級模擬試験問題
・マンション用語辞典

スケジュール

●申し込み(個人)
  インターネットによる申し込み (こちらから簡単な操作で申込みが可能です)
・試験会場と日時は申込の際に指定します。
※最短で受験する際の申し込み締め切り日は、支払方法により異なります。
・合格発表は6月/9月/10月/1月の4回

2020年マンションマエストロ検定試験日程
・試験日
 2020年4月19日(日)~12月25日(金)
 ※会場により受験可能日・時間帯は異なります。
・申込期間
 2020年2月17日(月) ~ 12月24日(木)

試験会場

全国47都道府県
※およそ150会場にていつでも受験できます。

受験料

・1級 6,400円(消費税、手数料、合格証発行、登録料込み)
・2級 5,600円(消費税、手数料、合格証発行、登録料込み)
・3級 4,800円(消費税、手数料、合格証発行、登録料込み)

資格難易度

難易度
  2級・3級   「D」 易しい   

【資格の難易度レベル】
第1回試験の結果から判断すると、約3割の方が宅建士の資格保持者であったことから、合格率も予想以上に高くなったことが考えられますが、もともと2級、3級はマンション関連の常識や基礎知識の試験でもあり、難しい試験ではありません。一般常識程度の問題も出題されています。
いつも仕事でマンションの売買等に携わっている方なら、ぶっつけ本番でも合格できるレベルと考えていいでしょう。2級・3級なら、知識ゼロからでも1ヵ月あれば、合格ライン以上の力をつけることが可能です。ただ、注意する必要があるとすれば、60分で70問を回答する必要があるので、「問題を早く正確に読み取り、素早く回答する」ことが要求されることです。

--------------------------------------------
・合格率
    試験結果の詳細は非公開 

2019年第1回マンションマエストロ検定試験結果
 受験者数 約1,000名  合格者数700~800名 合格率 約80%(女性の割合約20%)

※2019年が初回初回試験で、2級と3級だけが実施されました。2020年以降は1級から3級まですべての検定が実施される予定です。

受験対策・資格の将来性

マンションマエストロ検定は、2019年から始まった新しい検定試験で、特にこれからマンションの購入を考えている人にはピッタリな検定と言えます。例えば、試験対策で勉強することで、マンションの歴史やマンションの定義とか、マンションに住むために知っておきたい事柄や、選ぶ際の視点、売買に関する基礎知識、法律に関する知識等々は、マンションを購入しようとする人には知っておくと大変役立つことばかりだからです。マンションへの知識や情報が増え、自分自身で吟味し、納得した上でマンションの売買ができるようになります。

もちろん、マンション購入を検討されている一般の方以外にも、マンション売買に携わる不動産業界の方や、金融機関の不動産担当などの専門職の方まで、幅広い方々の役に立つ内容になっています。マンションマエストロ検定は不動産関連の検定ですが、ほかの不動産関係の資格や検定と比較すると、マンションに特化し、一番日々の生活に関係した知識を含む試験になっています。
試験対策(勉強方法)は、公式テキストをベースにして、過去の試験問題や練習問題を併せて学習する一般的な受験勉強の方法が最適です。特に、公式テキストは十分に理解しながら読むことが大切です。

通信講座

「マンションマエストロ検定」オンライン資格講座【オンスク.JP】

スクール

-

過去問

マンションマエストロ検定試験の事前練習問題50問(ダウンロード)

・(例題)
 3級レベルの例題
 2級レベルの例題

教材

【マンションマエストロ検定 おすすめ教材】
公式テキスト
 ・1級 選ぶまえに知っておきたいマンションの常識 実践編
 ・2級/3級 選ぶまえに知っておきたいマンションの常識 基礎編

売れ筋教材

-

問い合わせ先

<試験全般、お申し込み、お支払い、その他についてのお問い合わせ先>
J-Testingヘルプデスクまでお問い合わせください。

<協賛企業会員様の受験申込についてのお問い合わせ先>
マンションマエストロ検定事務局
E-mail:information-desk@kantei.co.jp