資格取得に必要な「資格の難易度」を中心に各種の情報を提供しています

「難易度 C (やや易)」資格の解説

  • HOME »
  • 「難易度 C (やや易)」資格の解説

難易度「C」の資格の中にも多くのメジャーな人気資格があり、それらの資格はどれも役立つ資格として代表的な資格です。「医療・福祉系資格」では、診療報酬請求事務能力認定試験や介護福祉士、登録販売者、また「IT・情報系資格」ではITパスポートや、Web検定、.com Master。「不動産・建築系資格」では土木施工管理技士2級や賃貸不動産経営管理士、ビル経営管理士など、「税務・会計系資格」では貸金業務取扱主任者や日商簿記3級、などが並んでいます。この難易度「C」レベルには「B」レベルと同様に、一般的に人気があり受験者数も多い資格が集まっています。難易度も高すぎず、まじめに少し頑張って勉強をすれば取得できますので、効率よく勉強する(学習方法・教材)ことが大切です。通信講座も選択肢の一つではありますが、在宅学習でも十分取得できる資格も多いので学習スタイルも十分に検討してから決めなければなりません。

このクラスになると大事なのが、「覚え方」です。試験合格のためにはどうしても覚えなければならない項目や法律等の克服がカギになることが多いので、自分に合った”覚え方”をまず準備できることが大切です。思いつきでなく、自分に合った記憶方法、学習方法を持つことです。目と口と耳をフル動員して、手間隙かけてやる昔からのスタイルが自分に合ってる人はそのやり方で通せばいいと思いますが、時間がかかりすぎるきらいはあります。覚えるための良いツールがある場合は、活用しても良いと思います。このあたりの準備を怠りないようにすることも目標達成には必要なことです。

通信講座で学習する場合は、主なスクールの資料を必ず送ってもらい、内容を十分に比較吟味することから始めることです。それと、在宅学習で目標達成を狙う場合は教材は最初からたくさん揃えないことが肝心。必要なのは、「参考書」と「問題集」と、必要あれば「専門用語辞典」各1冊を準備してスタートします。参考書、問題集は購入前に実際に中を見て、十分に使いやすさ、内容のまとめ方などを調べることが大切です。インターネットの合格者体験などで紹介されている参考書などを調べてもよいと思います。最近では、「電子書籍」が各種の受験対策に活用されていますので、それらも参考にして、まず1冊を決めて、それをとことん読んで問題を解きまくること。あとは「過去問」に集中するか、またはまだそれでは足りないかが、ここで分かってくるはずです。効率的な勉強と、あとは根気と忍耐、集中力で勝負は決する、と思ってよいでしょう。過去問に関しては「過去問.com」が活用できます。

難易度「C」の資格には、まじめに頑張って勉強すれば誰でも到達できるレベルの試験が大半なので、資格試験にチャレンジするのが初めての人は、いろいろと考えることも大事ですが、それよりも「狙いを定めたら、まず、前に一歩を踏み出す」ことが大切です。前に一歩踏み出すことで見えてくることがたくさんあるからです。勉強は、1日長時間でなく、短時間でも良いので毎日コツコツとやって継続していれば必ず先が見えてきますので短時間でも継続できる学習計画を組むことが重要です。計画は本試験日から逆算してつくるといいでしょう。この難易度「C」レベルの試験なら3ヵ月以内で学習を終えられますので、チャレンジしてみましょう。








  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © NewtonGYM 資格の難易度 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.