「環境・技術・工業系資格」の難易度評価

  • HOME »
  • 「環境・技術・工業系資格」の難易度評価

「環境・技術・工業系資格」の特徴は、理系の資格で比較的難関の国家資格が多いことです。これは言い換えれば、理系の人には取得しやすく役立つ資格が多いということです。中でも、難易度は低くはありませんが、専門学校や大学での授業や実習で得た知識が役立ち、勉強すれば合格の可能性は十分にある技術・工業系の王道とも言える資格としては、「技術士」や「電気主任技術者」、「機械設計技術者」、「電気工事士」、「アマチュア無線技士」、「ボイラー技士」、「危険物取扱者」、「エネルギー管理士」などがあります。
環境・技術・工業系の難易度ランキングでは、超難関資格「難易度S」の「一級総合無線通信士」と、難関資格「難易度A」の「技術士」「第一種電気主任技術者」「電気通信主任技術者」「原子炉主任技術者」の難易度が頭一つ抜けています。次のランクに「ビオトープ管理士」「気象予報士」「一等航空整備士」、さらにその次に「土壌環境管理士」「環境計量士」などが続くランキングになります。環境・技術・工業系のこのレベルの資格の受験対策は、テキスト中心の通信教育でカバーすることは少し無理があります。試験の合格だけでなく、その先にステップアップを狙う気持ちがあれば、関連技術の指導を直接受けられる環境が充実している学校を選び、知識と技術の両方を取得しておかねばならないでしょう。この分野は、一般的にどの試験にも物理や数学の知識が必要になります。テキストや参考書はたくさん出ていますが、その中で「電気通信主任技術者試験」の合格を狙う人は、比較的教材が少なく、問題集も過去問集くらいしかありませんので早めの対策が必要になります。

環境系では最近は、地球温暖化や特定生物の絶滅など、地球環境、自然環境など、環境問題への取り組みが積極的になってきており、それに伴い環境分野で活躍するエンジニアの数が増えています。また、試験での最近の傾向は、時事問題の出題が目立ってきていることです。特に公害防止関係や工場管理関係の資格は顕著です。一方で、環境系の仕事は個人ではなく、組織での取り組みになることが多いため、安定した収入を得やすいのも特徴になっています。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © NewtonGYM 資格の難易度 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.