資格名

情報処理安全確保支援士
通称名:登録情報スペシャリスト(略称 登録セキスペ)
英語名:Registered Information Security Specialist(RISS)

資格の種類

国家資格

主催

情報処理推進機構(IPA)

資格の概要

「情報処理安全確保支援士」(登録情報スペシャリスト )は、サイバーセキュリティ分野における初の国家資格で、認定試験は平成29年度春期試験より開始されました。
この資格は、最新のセキュリティに関する知識・技能を備えた、高度かつ実践的な人材に関する国家資格として創設された資格です。専門人材を見える化し、活用できる環境を整備することで情報処理安全支援士の名称を有資格者に独占的に使用させて活用できるよう登録簿を整備することになっています。
近年、企業などにおいては、サイバー攻撃や情報漏えい事案などが増加しているにもかかわらず、情報セキュリティ対策を担う人材は国全体から見て不足しているというのが実情です。
今までは情報セキュリティの専門人材向け試験として、「情報セキュリティスペシャリスト試験」がありましたが、現行の試験制度では一度資格を取得すると更新の必要がなく、日進月歩で変化するセキュリティ対策に対応できる人材に適するかどうかを推し測ることができませんでした。そこで、情報セキュリティスペシャリスト試験を廃止し、更新制度の無い情報処理技術者試験とは別の試験制度として「情報処理安全確保支援士」を新たに設けることになったものです。尚、この試験の試験事務はIPAが行うことが決まっていますが、IPAが実施している現行の「情報処理技術者試験」とは別格に位置づけることになっています。

中小企業診断士も税理士も弁護士も栄養士も、試験を受けて、合格してはじめて◯◯士として登録できて、ようやく◯◯士と名乗れて、◯◯に関連する仕事をするようになります。情報処理安全確保支援士試験はその情報セキュリティ版。この分野で士業をうたえる国家資格は初めてなんだそうです。

情報処理安全確保支援士は情報セキュリティスペシャリストとは異なり、合格後は登録や定期的な講習の受講が義務付けられ、守秘義務も課せられます、また講習を受講しなかった場合や信用失墜行為があった場合には登録の取消や名称の使用停止といった措置が取られるほか、守秘義務違反に対する罰則もあります。
また「情報処理安全確保支援士試験」は、試験合格者の登録制になり、企業などは経済産業省が整備した登録簿を参照して人材を探せるようになります。また、一定の頻度での講習受講が義務化され、義務に違反した者は登録を取り消されます。情報処理安全確保支援士には守秘義務が課され、違反した者は「1年以下の懲役または50万以下の罰金」に処する罰則が適用されます。

情報処理安全確保支援士を名乗るには、資格試験に合格して必要事項を申請し、IPAの情報処理安全確保支援士登録簿に登録される必要があります。また、この登録簿は、企業などが登録人材を安心して活用するため、今後IPAのWebサイトで公開される予定です。なお、資格維持には、IPAが実施するサイバーセキュリティに関する有料講習を受講する義務があり、3年のサイクルで講習の受講を継続しなくてはなりません。

◆「情報処理安全確保支援士」資格関連の情報
日本セキュリティ監査協会(JASA)が、情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)を対象とした、「公認情報セキュリティ監査人」の資格コース設置を発表しました。
通常の情報セキュリティ監査人の育成コースでは2日間の研修と3日間のトレーニングが必要ですが、登録セキスペに限り1日間で研修とトレーニングを実施し、「情報セキュリティ監査人補資格」が付与されるというものです。⇒詳細



試験方式

「情報処理安全確保支援士試験」は、旧情報セキュリティスペシャリスト試験の内容をベースに実施されることが決まっています。試験内容も日程もほとんど同じで、「情報セキュリティスペシャリスト試験」の置き換えと考えていいようです。

試験形式
●午前試験
出題形式 多岐選択(四肢択一)
・午前Ⅰ(試験時間/出題数)
 共通問題 50分/30問(全問回答)
・午前Ⅱ(試験時間/出題数)
 40分/25問(全問回答)
※「共通問題」は、情報処理技術者試験の高度試験午前Ⅰと共通問題が出題されます。
●午後試験
出題形式 記述式
・午後Ⅰ(試験時間/出題数)
 90分/3問中2問回答
・午後Ⅱ(試験時間/出題数)
 120分/2問中1問回答

受験資格

【支援士となる資格を有する者】
(1)過去の試験区分(情報セキュリティアドミニストレータ試験、テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験)の合格者
(2)情報セキュリティスペシャリスト試験合格者
(3)情報処理安全確保支援士試験を受験し合格した者
※すでに「情報セキュリティスペシャリスト試験」に合格している人は、全科目免除になります。
ただ「情報セキュリティスペシャリスト試験」に合格している人も、移行期間が2年となっているため、2年以内に情報処理安全確保支援士の登録を受けないと情報処理安全確保支援士試験を受けなければならなくなります。
※情報セキュリティスペシャリスト試験に合格しているが、すでに3年以上が経過している場合は、情報処理安全確保支援士に登録後、ただちに講習を受講しなければなりません。

試験科目

「情報処理安全確保支援士試験」シラバス(Ver 1.0)
出題範囲(2016年10月改訂版)

※第1回試験の午後問題のテーマは、午後Iが「社内で発生したセキュリティインシデント」「Webサイトのセキュリティ対策」「クラウドサービスの認証連携」、午後IIは「マルウエアの解析」「社内システムの情報セキュリティ対策強化」でした。

スケジュール

・試験実施時期:春期試験(4月第3日曜日)
        秋期試験(10月第3日曜日)

令和元年 秋期情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験日程 
・試験実施日:令和元年10月20日(日)
・受験申込受付:(ネット申込み・個人)令和元年7月11日(木) ~ 8月14日(水)18時

試験会場

札幌、帯広、旭川、函館、青森、盛岡、仙台、秋田、山形、郡山、水戸、土浦、宇都宮、前橋、新潟、長岡、埼玉千葉、柏、東京、八王子、横浜、藤沢、厚木、長野、甲府、静岡、浜松、豊橋、名古屋、岐阜、四日市、富山、金沢、福井、滋賀、京都、大阪、奈良、神戸、姫路、和歌山、鳥取、松江、岡山、福山、広島、山口、徳島、高松、松山、高知、北九州、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、長崎、鹿児島、那覇
※試験会場は指定できません。試験会場は、発送する受験票で通知されます。

受験料

5,700円  
他に、支援士の登録手数料:10,700円  
登録免許税:9,000円  
登録事項の変更手数料:900円
※定期講習受講料
オンライン講習:2万円程度/年1回  
集合講習:8万円程度/3年に1回

資格難易度

難易度 
  「A」  難関

【資格の難易度レベル】
合格率から考えると、合格する割合はおおよそ6人に1人くらいの計算になります。さらに複数回の受験の後にようやく合格する人も珍しくないことから、受験者のほとんどが応用情報技術者試験合格レベルの知識や技能の持ち主であることを考えると、かなり難しい試験であることがわかります。民間資格を含め、国内で実施されるセキュリティ関連試験の中では最難関とされ、難易度レベルは応用情報技術者試験よりは、はるかに難易度が高い試験です。
ただ一方で、情報処理安全確保支援士は、情報処理技術者試験の9つある高度区分の中で最も易しいと言われる理由は、1つはレベル4の試験の中で唯一、年2回開催されていること、もう一つは午後試験が論述形式ではなく記述式であるため、独学でも合格可能なレベルに思われることがあると思います。勉強時間は応用情報技術者試験を取得していることを前提に考えた場合は、おおよそ200時間ほどと言われています。

-------------------------------------------- 
・合格率  平成30年度春期「情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)」試験結果
 合格率16.9% (応募者数23,180名 受験者数15,379名 合格者数2,596名)

※参考データ
・平成29年度秋期「情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)」試験結果
 合格率17.1% (応募者数23,425名 受験者数16,218名 合格者数2,767名)
・平成29年度春期第1回「情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)」試験結果
 合格率16.3% (応募者数25,130名 受験者数17,266名 合格者数2,822名)

スポンサーリンク



受験対策・資格の将来性

情報処理安全確保支援士試験の試験対策
・午前Ⅰは高度試験共通の試験です。応用情報技術者試験からの人は免除になっていることも多いですが、内容は応用情報技術者試験の午前Ⅰの試験範囲が同じで問題レベルも同じものです。知識問題で選択式なので、過去問をひたすらやりまくり、知識を増やしておくことが大切になります。
・午前Ⅱは分野別の問題になりますが、過去問から約5割程出題されていますので、ここは午前Ⅰと同様、過去問で十分勉強しておくことが対策になります。特にセキュリティ関連の話題については抑えておくといいでしょう。
・午後Ⅰは最大の難関です。長文3題から2問を選択します。問題の選択による難易度にそれほど差はでませんが、大変な長文なので時間が足りません。さらに、短い文字数制限付きの回答を求めてくるため、短時間で自分の知識を表現する力と的確な回答を導き出す能力が必要になります。ここが「情報処理安全確保支援士試験は日本語の試験だ」と言われるゆえんです。
・午後IIに関しては「長いボリュームのある問題文」に苦しめられるでしょう。時間的にはやや余裕はあるのですが。長文を理解し正答を導くための集中力と持続力が求められます。ただ、自分の得意分野が出題されれば基準点を越えることはそれほど難しくはないはずです。

この試験を全体的に見ると、専門的な知識が求められる試験と言えます。そのため幅広く深く勉強しなければなりません。午後の記述式問題がポイントになりますので、「書く」練習が必要になります。漢字やスペルのミスは絶対にしないように、正確に知識を速く書き出す訓練をしておかねばなりません。特に、午前が理解できていないと午後は解けないため、午前の勉強で基礎知識を確実に習得しましょう。特に、実務経験がなく、テキストや問題集などを使って独学で勉強をしてきた人は、問題集の解答例やその解説を理解するだけでは足らず、自分で考えて答えを導き出す訓練が必要です。この試験も、関連業務に携わっていない人の場合は、独学での突破は難しくなってくるかも知れません。
また、高度情報処理試験の試験の中では、どんなシステムを作る場合でも必ず必要になる知識を問われる試験なので、最初に受験するのに最適な試験に思います。応用情報技術者試験を合格したら、次はこの情報処理安全確保支援士試験を受けてみることをお勧めします。

※登録制度について
登録制の国家資格であるため、試験に受かるだけでは支援士になれません。登録免許税9,000円と登録手数料1万700円を払って、支援士として登録する必要があります。登録を行った者だけが「情報処理安全確保支援士」を名乗ることが出来ます。ただ、登録は手続きが非常に面倒なうえに登録の維持には4年で約13万円ほどかかります。また、定期的に講習を受ける必要もあり、資格取得者に対しては、年1回のオンライン講習と、3年に1回の集合講習の受講を義務付けています。他の情報処理技術者試験には講習はなく、一度合格すれば、一生、その試験合格を名乗れますが、情報処理安全確保支援士では、講習を受けないと資格を取り消されてしまいます。
こういったことから、”合格はしたけれど登録はしない”とか、”企業で補助が出るまで登録しない”というような人も少なからず出ているようです。

通信講座

-

スクール

情報処理安全確保支援士講座

過去問

【 情報処理安全確保支援士資格試験 過去問】
平成31年春期試験    
平成30年秋期試験
平成30年春期試験
平成29年秋期試験
平成29年春期試験

教材

情報処理安全確保支援士試験

売れ筋教材

-

問い合わせ先

・IPA IT人材育成本部 HRDイニシアティブセンター 情報処理安全確保支援士グループ
Tel: 03-5978-7561 (平日10:00 ? 12:30、13:30 ? 17:00)
E-mail: ris-info@ipa.go.jp 
・独立行政法人 情報処理推進機構 IT人材育成本部 情報処理技術者試験センター  http://www.ipa.go.jp/index.html