MCP (マイクロソフト認定プロフェッショナル)


資格名 マイクロソフト認定プロフェッショナル      Microsoft Certified Professional
 資格の種類 民間資格         主催 マイクロソフト認定プログラム事務局    試験提供 プロメトリック社
資格の概要  「MCP」はマイクロソフト認定プロフェッショナル(Microsoft Certified Professional)の略。MCSA認定資格とMCSE/MCSD認定資格で構成される資格の総称です。従って、MCPという個別の資格や試験は存在しません。
マイクロソフト認定プロフェッショナル (MCP) プログラムは、アメリカを始めとする世界 150 か国以上で実施されている試験です。試験問題は、世界共通、同じ内容、同じ基準で実施されていますので、世界中どこで受験しても、またどの言語の試験を受験しても、世界的に通用する資格として認められます。プログラムの試験科目一覧にあるいずれか1科目に合格すると、MCPとして認定されます。

MCPは、Windows 対応のアプリケーション活用やクライアント/サーバーおよびイントラネットによるネットワーク再構築など、その専門知識に精通したプロの技術者(システム エンジニア、システム インテグレータ、コンサルタント、プログラマ、トレーナーなど、コンピュータや情報システム関連の技術者)を対象とした、マイクロソフト製品の技術的知識に関する認定資格制度で、まさにシステムエンジニアのための資格です。従って、この資格の対象者は、マイクロソフト製品に精通し、その活用やユーザー サポートなどが行えるエンジニアが対象になります。また、MCP 試験は、プロメトリック社により運営管理されています。
取得できる資格の種類は、新資格と、MCP の基本となる資格、ITPro向けの、より専門性の高いMCP の上位資格に分かれ、合計19種類の資格があります。複数の試験科目のうち、1科目の合格でMCT(マイクロソフト認定トレーナー)に認定されます。
※WordやExcelなどのOffice製品やWindows(デスクトップ)を使う技能はMCPの認定範囲ではなく、(「マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)」という別の資格になります)。
※エントリーレベルの管理者や開発者スキルを認定する資格に「MTA(マイクロソフト テクノロジ アソシエイト)」という資格がありますが、こちらの資格は、MCPへ進むためのステップや、ITエンジニアとしての基礎固めとなる資格です。

(資格の種類)
MCSA: Windows Server 2012
MCSA: Windows Server 2008
MCSA: SQL Server 2012
MCSA: Windows 8
MCSA: Windows 7
MCSA: Office 365

MCSE: Enterprise Devices and Apps
MCSE: Server Infrastructure
MCSE: Private Cloud
MCSE: Communication
MCSE: Data Platform
MCSE: Desktop Infrastructure
MCSE: Messaging
MCSE: SharePoint
MCSE: Business Intelligence

MCSD: Web Applications
MCSD: Windows Store Apps
MCSD: Application Lifecycle Management
MCSM: SharePoint Applications
※日本マイクロソフトのサイトの「認定の概要」には、次の5つがMCP資格のカテゴリとして示されています。
1.サーバー 2.デスクトップ 3.アプリケーション 4.データベース 5.デベロッパー
※日本語で提供中の MCP プログラムの試験科目一覧(新資格体系に対応した試験科目
新資格体系の資格マップ
※英語で受験可能な試験科目は「Microsoft Certified Professional 」(米国Microsoftのページ)で確認することができます。
※MCPは、Windows OSからSQL Serverなど多くのMicrosoftの製品に特化したベンダー資格なので、以前はベンダー資格の中で最も人気があったのですが、試験の数が多くあり過ぎてどれを取得すればいいか分からない、という上に、さらにMicrosoftが資格名を次々と変更したことが原因で近年では急速に人気が落ちているようです。
※マイクロソフト認定資格には、MCP以外にMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)とスペシャリスト(Specialist)がありますが、どちらもMCPとは別体系の資格です。MOSはExcelやWordといった、Microsoft Office製品に特化した資格で、スペシャリストは特定の専門分野またはテクノロジーにおける経験および知識を証明する資格になっています。
試験方式  ●PC による試験 (CBT方式):コンピュータの画面に表示された問題に対してマウスを使って解答していくスタイルで実施されます。  
・各試験時間: 50 分〜240分/試験問題数: 50 問〜70問程度
※設問に対して選択肢から選ぶ形式の問題が多いですが、最近では、選択式ではないシミュレーションテストも取り入れられています。
※試験結果 (スコア レポート) も試験終了後、受験会場で交付されます。
※初回の試験で不合格の場合は、いつでも 2 回目の再受験が可能です。 但し、 2 回目で不合格の場合には、3 回目の再受験までに少なくとも 14 日間待つ必要があります。
●合格基準
以下の試験のうち、いずれか1科目に合格するとMCPとしての認定を受けられます。
1.Microsoft Windows XP Professional のインストール、構成、および管理
2.TS: Microsoft Windows Server 2003 環境の管理と保守
3.Microsoft Windows Server 2003 ネットワークインフラストラクチャの実装、管理、および保守
4.Microsoft Windows Server 2003 ネットワーク インフラストラクチャの設計および保守
5.Microsoft Windows Server 2003 Active Directory インフラストラクチャの計画、導入、および保守
6.Microsoft Windows Server 2003 Active Directory および ネットワーク インフラストラクチャの設計
7.Microsoft Windows Server 2003 ネットワークのセキュリティをデザインする
8.Microsoft Windows Server 2003 ネットワークセキュリティの実装と管理
※試験内容・試験時間等は試験によって異なります。
(例)「Microsoft Windows XP Professional のインストール、構成、および管理」の場合
(試験内容)Windows XP Professional のインストール/リソース管理の実装と処理/ハードウェア・デバイスとドライバの実装、管理、監視、およびトラブルシューティング/システムパフォーマンスと信頼性の監視と最適化/デスクトップ環境の構成とトラブルシューティング/ネットワーク・プロトコルとサービスの実装、管理、およびトラブルシューティング/セキュリティの構成、管理、およびトラブルシューティング
(試験時間) 165分
受験資格  ・制限なし
 試験科目 MCP プログラム 試験科目一覧

※科目免除:CompTIA A+とNetwork+/Server+またはSecurity+の取得者は「MCSA」、「MCSE」の科目免除を申請することが出来ます。⇒詳細
スケジュール  ・月曜日から土曜日まで毎日試験を実施(祝日、年末年始を除く)
・申込み受付:受験希望日の3営業日前

※マイクロソフト認定資格プログラム(MCP プログラム)オンライン 試験予約
    その他の予約方法についてはこちらで確認ください。  
試験会場  MCP試験会場(ピアソンVUE)

※試験の合否結果は、試験終了後すぐに出ます。
受験料  マイクロソフト認定試験の受験料が 7 月18 日に改定されました。

・一般価格::21,103円(税別)
・(アカデミック)学割価格:11,607 円 (税別) 学割受験に関する詳細

※注意
・マイクロソフト認定試験 (MCP/MTA) の受験料金が、2016年7月より全世界で一斉に改定されます。現在の受験料金で受験するには、2016年6月30日までに受験予約だけでなく、受験も完了する必要があります。
資格 難易度  ・難易度  MCP上位資格 「B」普通 〜 MCP基本資格 「C」やや易
・合格率  非公開
  受験対策
 &
資格の将来性
マイクロソフト社製品に関する技術的理解度、および実務における処理能力を評価し、認定する資格、MCPプログラムでは現在11種類の資格が提供されています。受験者には、Webマスターやインターネット技術者、システムエンジニアなどが多い試験です。
MCPは、マイクロソフト製品に関する技術者の需要の増大により、数あるベンダー系資格の中でも非常に人気があり、IT技術者、SE(システムエンジニア)としてのスキルアップにも大変有効です。試験科目も数多く用意されており、それら多くの試験のどれか1つに合格することで "MCP"の称号が与えられます。ただ、有名なわりにはその試験制度はかなり複雑になっています。
多くの試験の中のどれか1つに合格しても「MCP」の称号が得られるのですが、実際には1科目を取得した程度では実践に役立ちにくいのが現状です。
そのため、Microsoftでは複数の科目を取得した人に対しては更なる称号を与えています。その中で一番名前が通っているのが「MCSE」です。MCSEはMicrosoft Certified Systems Engineerの略で、マイクロソフト認定システム エンジニア の最上位資格です。 他には、データベースに精通した「MCDBA」、開発業務のプロ「MCSD」などがあります。

試験自体は、MCP単体での難易度は、それほど高くありません。しかし、MCSEなどのいわゆる上位MCP資格になると難易度はグンと上がります。
試験範囲がWindowsの特定の製品に限定されるので範囲は非常に狭いですが、その分、しっかりと身に着けることが要求され、きちんと勉強しなければなりません。
MCPでは、簡単な基本科目でもネットワーク知識、特にIPアドレスなどの知識は問われますので、ネットワークの本を十分に読んでおくと試験でも必ず役に立ちます。
尚、MCPは試験の種類が多いため受験するには費用のことも考えねばなりません。特に、MCPの上位資格取得にはお金が非常にかかるので、IT企業に就職する予定がない人は、MCPの一資格だけ受験すれば十分だと思います。例えば、「MCSE」などが取得できれば素晴らしいことですが、IT企業以外から見た場合には、MCPにそれほど知名度があるとは思えません。単にITのシステムの知識をアピールする手段でしかないと思った方が良いでしょう。

MCP有資格者の数が企業の技術力の指針のひとつとされていますので、MCA を取得した方は、知識、スキルともに認められる資格を入手したことになり、就職・転職や待遇など、大きなアドバンテージにつながることは間違いありません。また、MCPの資格取得者には、マイクロソフトの技術情報や製品情報を優先的に得ることができ、セミナーやイベント招待など優待特典があります。
MCP取得で活躍できる職種としては、SE(システムエンジニア)、Windowsサーバエンジニア、システムインテグレータ、 コンサルタント、プログラマ、トレーナーなどがあります。


MCA を取得した人には、さらに専門性を高め、知識の習得を図るために、ステップアップする2つの方向があります。
1) IT 知識全般の取得を目指す MCA マスター (MCA Master)へのステップアップ
2) より専門的なスキル習得のためのステップアップ

※MCA データベースを取得している方のステップアップ例
マイクロソフト認定テクノロジー スペシャリスト(MCTS)
マイクロソフト認定 IT プロフェッショナル(MCITP)
 【ITトレメ 今日の問題】 MCP(マイクロソフト認定技術資格制度) 
通信講座   -
通学スクール   MCP(マイクロソフト認定プロフェッショナル )資格 通学スクール・講座一覧
教材
 売れ筋教材 「MCP」資格本のAmazon売れ筋ランキング
問い合わせ先  ・試験申込に関する問い合わせ
〒104-0033 東京都中央区新川1-21-2 茅場町タワー15F フリーダイヤル :0120-347-737
 プロメトリック マイクロソフト試験受付  
・MCPホーム
 https://www.microsoft.com/ja-jp/learning/microsoft-certified-professional.aspx
 
HOME


Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved.