基本情報技術者


資格名 基本情報技術者
 資格の種類 国家資格   情報処理技術者試験の一区分として行う経済産業大臣認定の国家試験。
※試験は、独立行政法人情報処理推進機構 情報処理技術者試験センターが実施する。
情報処理技術者試験の試験区分
資格の概要 
新試験制度のスキルレベル2に相当し、2009年春期試験から開始された新しい試験。(以前の試験名は第二種情報処理技術者であった) 主に、システム開発を行う上で必要となる基礎知識を 問われる試験で、情報技術の背景として知るべき原理や基礎となる技能について、幅広い知識を総合的に評価する試験になっている。
試験は午前と午後に分かれ、午前は主に知識問題、午後はプログラミングや知識の応用問題が出題される。
平成21年度春期の新試験から初級システムアドミニストレータ試験の一部を吸収した形で、出題範囲や出題形式に変更が 加えられました。
基本情報技術者試験は、数あるコンピュータ関連の資格試験の中で最も受験者数が多い経済産業省が認定する国家資格です。試験では情報技術全般の基礎を学び、基本的なプログラミング言語、設計の知識などが試されます。
採用の際、全くの未経験者を一から育てるのは企業にとっても負担が大きいため、基本情報技術者の資格を提示することで、最低限の情報システムの知識を持つ証明になります。
IT系企業で基礎力を示せるほか、一般企業でも認知度が高いため、「情報システムへの理解」をアピールできる資格と
いえます。
※仕事の役割としては上位者の指導の下、情報技術を活用した戦略立案への参加や、システムの設計・開発や製品の最適化、システム構築や運用サービスなどを担う。

【試験要綱・シラバス】
「基本情報技術者試験(レベル2)」シラバス(Ver 3.0) (平成25年4月更新)



◆平成28年度基本情報技術者試験関連の情報
平成28年度秋期情報処理技術者試験の応募者数は、前年同期比115.3%の220,826人(情報セキュリティマネジメント試験を除くと198,640人(前年同期比103.7%)となりました。 
試験区分別の応募者数は、
・新国家試験「情報セキュリティマネジメント試験」は22,186人。
・「基本情報技術者試験」が75,095人(前年同期比:102.6%)、
・「応用情報技術者試験」が52,845人(前年同期比:104.4%)、
(高度試験)
・「ITストラテジスト試験」が6,676人(前年同期比:100.2%)
・「システムアーキテクト試験」が8,157人(前年同期比:99.7%)
・「ネットワークスペシャリスト試験」が18,096人(前年同期比:93.5%)
・「情報セキュリティスペシャリスト試験」が32,492人(前年同期比:114.9%)
・「ITサービスマネージャ試験」が5,279人(前年同期比:93.1%)
 高度試験全体では70,700人(前年同期比:104.3%)です。 
 -2016.9.09- IPA発表

2015年度 IT系資格試験「受験者数ランキング」
   資格名 受験者数(人)  備考
 1位 基本情報技術者試験 101,200 「情報処理技術者試験」の中から、3資格試験がランキングに入りました。
※ITパスポートはCBTの関係もあって人気があり、前年度比も一番増加
 2位 P検-ICTプロフィシエンシー検定 78,000
 3位 ITパスポート試験 73,100
 4位 応用情報技術者試験 63,300
 5位 コンピュータサービス技能評価試験 47,100
試験方式  ●午前試験:多肢選択式(四肢択一) 80 問出題で1問1.25点の100点満点。試験時間 150分
●午後試験:多肢選択式 試験時間は150分。問題は四肢択一の多肢選択式で、全13問中7問を選択して解答する。問いによって点数は異なり、100点満点。
※プログラム言語は、C・COBOL・アセンブラ言語・ Javaから選択。
※出題形式と採点方式が大きく変更され、採点は正解率が60%以上で合格となり、配点が正解率によって変更される方式はなくなった。100点満点の素点方式配点で採点される。午前試験は1問につき1.25点、午後試験は問番号によって配点が割り振られ、問8のデータ構造・アルゴリズムと問9〜13の言語問題の配点が高くなっています。
●合格基準:午前試験と午後試験の得点がそれぞれ60点を超えた場合、合格となる。
受験資格  基本情報技術者に限らず、情報処理技術者試験は受験者に関する制限がありません。学歴や年齢を問わず誰でも挑戦できる資格です。
 試験科目 ●午前問題:3分野から出題される。
・テクノロジ系 50% (コンピュータ科学基礎・ハードウェア・稼働率・ソフトウェア・論理回路・データベース(SQL、正規化)・ネットワーク・セキュリティ・設計)
・マネジメント系 15% (DFD・開発規模、工数など)
・ストラテジ系 30% (全体計画立案・業務改善・契約タイプ・経営戦略・ABC分析・利益や費用の計算・関係法規など)
※各分野からほぼ決まった問題数が出題されますが、過去問から流用した問題が多く、改題を含めると全体の6〜7割が過去問からの流用と考えてよい。また、ITパスポート試験や、旧・初級シスアド試験、応用情報技術者試験など、他の試験から過去問を流用している場合もあり、中でもテクノロジ系の問題数が全体の6割と多い。

●午後問題:「技能」を評価する試験
・(問1〜7まで) ハードウェア、ソフトウェア、データベース、情報セキュリティ、ネットワーク、ソフトウェア設計、プロジェクトマネジメント、経営・関連法規などから7問出題され、このうちから4問を選択して回答する。
※一つの問に設問が複数で、長文形式の問題で構成されている。
・(問8) データ構造およびアルゴリズム。擬似言語と言われる簡略化されたコンピュータ言語を用いた応用問題が1題(必須問題)
※データ構造及びアルゴリズムに関する出題。
・(問9〜13) C 言語、COBOL、Java、アセンブラ言語(CASLU)、表計算ソフト、全5問のうち1問を選択して解答。
スケジュール  ・試験日:年2回 春期/4月第3日曜日  秋期/10月第3日曜日   
・申込期間:(春期)1月中旬から、(秋期)7月中旬から約1ヶ月間
・申込方法:インターネットか郵便で申込む


平成28年度 秋期情報処理技術者試験の施行について(官報)
※平成28年度秋期試験 試験日:10月16日(日)     試験は終了しました。
      合格者発表:11月14日(月)正午(情報セキュリティマネジメント試験と基本情報技術者試験)
試験会場  全国主要26都市で開催される。※試験会場(大学、中学校等で実施)を自動的に割り振りされる。
受験料  5,100円(税込み)
※情報処理技術者試験の受験手数料の改定:平成28年度から「5,700円(税込み)」に改定されます。
資格の難易度  ・難易度  「B」 普通(やや難しい) 
・合格率  平成28年度秋期基本情報技術者試験結果
         応募者総数 75,095名(前年同期比102.6%) 
         合格率23.6% (受験者数55,815名  合格者数13,173名)⇒詳細  


※参考データ
・平成28年度春期基本情報技術者試験結果
         応募者総数61,281名  受験者数44,184名  合格者数13,418名  合格率30.4%
・平成27年度秋期基本情報技術者試験結果
         応募者総数73,221名  受験者数5,4347名  合格者数13,935名  合格率25.6%
・平成27年度春期基本情報技術者試験結果
         応募者総数65,570名  受験者数46,874名  合格者数12,174名  合格率26.0%
・平成26年度秋期試験結果
    応募者総数74,577名  受験者数54,874名  合格者数12,950名  合格率23.6%
・ 平成26年度春期試験結果
    応募者総数65,141名  受験者数46,005名  合格者数11,003名  合格率23.9%
  試験のポイント

一口ガイド
IT関連の職に就いた新人が一番に会社から取らされるのがこの資格。特にシステム開発会社ではこの試験に合格することが技術者の必要最低限の資格として重要視されることがあり、入社3年程度以内に取得することを推奨されることが多い。情報処理系では最も人気があり、応用情報技術者試験など、上位の試験合格を目指すキャリアパスになっていることもあり、IT関連の仕事をするなら絶対に取得しておきたい資格の一つです。
レベル1のITパスポート試験とは、プログラミングに関する知識が求められる点が異なります。

試験では、ハードウエアやソフトウエア、データベース、セキュリティーなどITに関する基礎知識からプログラミングに関する内容まで幅広い範囲から出題されるため、情報技術全般に関する基本的な用語、知識、プログラミングに必要な倫理的思考能力、 プログラム作成など、ソフト開発エンジニアに必要な知識、技能を必要とします。
平成21年の試験制度改定によって、午後の言語選択問題で「表計算ソフト」が選択できるようになり、この改定によってパソコン関係の資格をすでに持っている人や実務でパソコンを使っている方でも十分挑戦できる資格になったと言えますが、試験の内容は、特に午後試験は実務経験がある人にとって有利な内容になっています。

情報処理システムの開発、運用、利用に関する幅広い知識が問われ、論理的思考能力が必要なことから、試験の難易度も高いが、問題は情報処理に関する基本的な知識が主なので、きちんとした勉強と受験対策を怠らなければ、高校在学時でも十分に合格できる試験で、独学でも早ければ4ヵ月程度で合格は可能だと思います。ただ、初心者の場合や理数系が苦手な人の場合でも、最低限、高校1〜2年レベルの代数・関数の知識は必要不可欠です。式と変数、ベクトル、行列、数列などの専門用語は、さらにまだその先にあることを知っておくことが必要です。

受験対策では、午前試験はひたすら暗記なので、テキスト学習と過去問演習でどれだけ知識を詰め込めるかが勝負の分かれ目となってくるでしょう。午後試験は午前試験とは違って用語を暗記したり、計算問題の練習をしただけではなかなか合格点は取れません。午後試験は覚えるより理解することが大切で、またそれが大変なので午後の方が難しいというのが一般的です。

受験者の年齢層は10代半ばから50歳代と幅広いが、学生や経験年数の浅い(4年未満)エンジニアの受験者が多く、他の情報処理技術者試験に比べて2〜3歳ほど若いようだ。また、層別では情報系の大学生、専門学校生のいる19〜21歳と、主にシステム開発会社の新入社員のいる22〜25歳が多いようです。
尚、情報処理技術者試験全体では、入試優遇制度を利用している学校が258校、単位認定制度を採用している学校が77校あります。

※「基本情報技術者資格」は、識者による「2013年 営業系(入社3年目まで)有望資格ランキングNo2」に選ばれました。
    - 識者のコメント -
・IT業界の資格ではあるものの、言語の仕組みなどの基礎知識を学べるので、知っておくといい。
・IT技術者として最低限の専門資格。「3年目であればこの程度の知識やスキルがないと厳しい」資格。
・理系(技術系)職種でPCを使う人には適しているが、営業職の人にとっては、レベルが高すぎるかもしれない。
・ITパスポートより少し難しい、やや専門的な内容。IT基礎力のアピールには使えるだろう。

※基本情報技術者試験の難易度レベルと勉強について(目安)
・ある程度の基礎知識は必要だが、初心者向けの試験と考えてよい。
・実務経験はなくても基礎知識をある程度持っている(情報系の大学卒)なら、独学で1ヵ月間集中して勉強すれば合格できるレベル。特に情報系大学で講義を受けた人なら午後試験は特に準備をしなくてもOKでしょう。
・午前問題は、過去問からの出題が比較的多いため過去問や模擬試験問題を徹底して解く練習をしておくことが大事です。午後問題は、模擬試験で苦手分野を見つけ出し対策すれば、あとは知識問題などで理解を深めておけば、午前問題が解ければ何とかなると思います。ただ、時間的にギリギリになることが多いので時間配分に注意が必要です。
・使える教材 
 参考書・テキストの類は書店でもたくさん販売していますが、IPAのサイトでは過去10年分の過去問題を解答例や講評付きで公開しているため、これらを解くだけでもかなり役に立つことは間違いありません。 ⇒過去問



◆チョット一言
平成24年5月に、それまでのシラバスを改訂した「シラバスVer.2.0」が公開されました。ただ、Ver1.1の時と比べて、
シラバスのもとになっている試験範囲そのものがそれほど変わっていないので、今後出題傾向も大きく変わることはないものと思われます。
今後も、試験問題は過去問中心に出題される傾向は大きく変わらないと思われます。現に、シラバスver2.0発表後の平成24年秋期の基本情報技術者試験でも、これまでと同様に過去問がたくさん出題されていました。
また、そうかと思えば、平成24年秋期の試験では、「Eclipse」を問う問題が出題されていましたが、この語はシラバスVer2.0には掲載されていません。このように、IT技術の進歩に合わせて、常に新しい用語や新しい切り口の問題は出題されるはずです。つまり、「見たことのない問題も出る」ということになります。

今後の試験対策は、今後も過去問題からの出題は続き、出題傾向は大きく変わることはないので、最新の過去問題を数回分解き、間違えたところを確実に補強していくことが大前提になります。その上で、新傾向問題への対策を考えましょう。まず、新用語対策としては、雑誌やWebのニュースをチェックし、気になる用語はメモして覚えるという地道なやり方で臨むことが大切です。それと、重要なことは用語や公式の丸暗記ではなく、その事柄で一番大切な本質を理解するようにすることです。そうすれば、それがそのまま試験対策になります。
応用情報技術者試験も同様ですが、この試験はふるい落としをかける試験ではありませんので、意地の悪い問題や引っ掛け問題などは出題されません。それより過去問や類似した問題がそのまま出題されますので、大事なのは最後までテキストをしっかりやっておくことです。


【受験対策ひと口ガイド】
(午前問題)
絶対に「過去問」が大事ですが、過去問だけでなく公開模試や毎日の隙間時間などを通して、できるだけ多くの問題を解いておくことが対策として重要。
(午後問題)
特に午後問題は、試験時間の配分に注意が必要。アルゴリズムが苦手な場合は、解答する順番を変えてアルゴリズムを一番最後に回した時間配分を考える。表計算から解答して情報セキュリティから順番に解くなどでアルゴリズムを時間をかけて解くことができます。それと、過去問を解くときには実際に時間を測ってやっておくと役立ちます。

【資格取得のための学習法】
独学、又は通学スクールや通信講座の利用ができます。
【ITトレメ 今日の問題】   ・基本情報技術者試験
通信講座   情報処理技術者試験対策 通信講座一覧 
通学スクール   情報処理技術者試験対策 通学スクール・講座一覧     
TACの情報処理技術者試験対策 講座一覧
eラーニング講座  基本情報技術者試験対策eラーニング講座
教材 基本情報技術者試験対策教材    
売れ筋教材  基本情報技術者試験教材Amazonランキング1位

「基本情報技術者」資格試験本のAmazon売れ筋ランキング
問い合わせ先  独立行政法人 情報処理推進機構 情報処理技術者試験センター  https://www.jitec.ipa.go.jp/
 〒113-8663 東京都文京区本馬込2-28-8 文京グリーンコートセンターオフィス15F   TEL03(5978)7600   
 
HOME


Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved.