保健師


資格名 保健師      
 資格の種類 国家資格            管轄   厚生労働省
資格の概要 
「保健師」は、大学や保健師養成校にて所定の教育を受けた後、保健師国家試験に合格して得られる国家資格免許)であり、この資格は名称独占の資格であり、資格を持たないものが保健師であることを名乗ったりすることはできません。しかし、業務独占資格ではありません。 保健師は、働く場所によって「行政保健師」、「産業保健師」、「学校保健師(養護教諭)」などに分けられます。

保健師は看護、保健福祉の観点から地域を支える医療の国家資格です。この資格を得るためには、看護師国家試験に合格した上で、所定の保健師養成課程(1年以上)を修了し、保健師国家試験に合格しなければなりません。
そのために、看護師の基礎教育を終えた人が入学して保健師の専門教育を受ける保健師学校(1年課程の専門学校や短期大学)に通うコースと、保健師・看護師統合カリキュラムを採用して4年間で看護師と保健師の受験資格を同時に得る大学や看護専門学校のコースがあります。
一般的なのは、看護婦免許がなく、看護系大学で看護師と保健婦の勉強を平行して行い、看護師と保健師の受験資格を得るという方法です。


・看護大学
看護大学は、4年制で看護教育を実施している大学の通称です。看護大学校を除いたあらゆる看護大学においては看護師・保健師統合プログラムが採用されています。そのため、卒業する際には、看護師と保健師の両方の国家試験受験資格が得られる仕組みになっています。
・看護専門学校
一般的には全日制で3年間学ぶます。学校での専門教育では、看護に関する講義のほか、医療処置や看護技術にともなう実技や、病院実習なども含まれます。
卒業すると看護師国家試験の受験資格が得られますが、注意が必要なのは、看護大学とは違い、看護専門学校では看護師の受験資格が得られるだけです。従って、保健師国家試験の受験資格を得るためには、さらに保健師・助産師養成所へと進学しなくてはなりません。
看護師の資格をもち、保険師養成学校を卒業すると保険師の受験資格があたえられます。その後、国家試験に合格するとはじめて保険師の資格があたえられることになります。

どちらのコースを選択するにしても合計で4年以上は必要で、保健師になるには看護師免許の取得が必要になることに変わりはありません。保健師になる人は95%以上が女性です。

※2001年に法が改正され、2002年3月から看護婦・看護士が「看護師」に、保健婦・保健士が「保健師」に統一さました。
※ 保健師国家試験に合格した人は、都道府県労働局への申請により「第1種衛生管理者」の資格を得ることがでます。また、申請によって養護教諭(2級)になることもできます。
※第99回試験(平成25年実施)より試験科目が変更されます。
 試験科目:公衆衛生看護学 ・疫学 ・保健統計学 ・保健医療福祉行政論
試験方式  ●午前:一般問題  午後:状況設定問題  合計で6割未満の場合は不合格
 合格基準については合格発表後に掲示される
※平成23年度試験の場合
・試験方式
 一般問題:筆記試験 出題数55問/時間75分 4肢択一又は5肢択一方式
 状況設定問題:筆記試験 出題数50問/時間65分 4肢択一又は5肢択一方式
   形式 出題数  時間 
午 前 客観式一般問題 40 75分
客観式状況設定問題 15
(2連問又は3連問)
午 後 客観式一般問題 35 80分
客観式状況設定問題 20
(2連問又は3連問)

・合格基準:一般問題を1問1点(75点満点)、状況設定問題を1問2点(60点満点)とし、総得点 81点以上/135点 を満たす者を合格とする。
受験資格  看護師国家試験に合格した者、保健師助産師看護師法第21条各号のいずれかに該当する者又は同法第53条第1項に規定する者であって、かつ、次のいずれかに該当するもの

1.文部科学大臣の指定した学校において1年以上保健師になるのに必要な学科を修めた人
2.厚生労働大臣の指定した保健師養成所を卒業した人
3.外国において保健師学校を卒業したか、もしくは外国において保健師免許を得ている人。さらに、厚生労働大臣が、1または2にあげた条件と同じ程度の知識や技能を持っていると認められた人
 試験科目 ・公衆衛生看護学、疫学、保健統計学及び保健医療福祉行政論

※第99回試験(平成25年実施)より試験科目が変更されました。
スケジュール  ・試験日:毎年2月中旬日曜日(詳細は官報に公示されます)
・申込期間:11月下旬~12月中旬
・合格発表:毎年3月下旬 
※毎年8月初めに試験案内が発表されます。

平成29年第103回保健師国家試験の日程  
・試験日:平成29年2月17日(金)
・受験申請受付:11月18日(金)~12月9日(金)
・合格発表:平成29年3月27日(月)午後2時
試験会場  北海道、青森県、宮城県、東京都、愛知県、石川県、大阪府、広島県、香川県、福岡県及び沖縄県
受験料  ・5,400円(収入印紙)
資格の難易度  ・難易度  「C」 やや易
・合格率  第102回保健師国家試験試験結果 ⇒詳細     
   出願者数 受験者数  合格者数  合格率 
 全体  8,887人  8,799人  7,901人 89.8%
 うち新卒者  8,339人  8,295人  7,684人  92.6%
(合格基準)
一般問題を1問1点(75点満点)、状況設定問題を1問2点(70点満点)とし総得点87点以上/145点を満たす者
【第102回保険士国家試験合格状況】


※参考データ
・第101回保健師国家試験試験結果      
   出願者数 受験者数  合格者数  合格率 
 全体  16,892人  16,622人  16,517人 99.4%
 うち新卒者  15,614人  15,440人  15,381人  99.6%
第100回保健師国家試験試験結果     
   出願者数 受験者数  合格者数  合格率 
 全体  17,592人  17,308人  14,970人  86.5%
 うち新卒者  16,761人  16,555人  14,698人  88.8%
  試験のポイント

一口ガイド

保健師の養成所としての学校には、看護師の基礎教育終えた後に、保健師としての専門教育を受ける学校や、保健師・看護師統合カリキュラムを採用している学校に初めから入学し、4年間かけて看護師と保健師の受験資格を一挙に得られる方法がありますが、保険師の資格を取得することに関しては、どちらの学校を選んだから保健師国家試験に有利と言うことはありません。

保健師国家試験に関しては、合格率も90%前後あり、学校での養成課程に日々普通にまじめに取り組み、勉強を怠らなければまず問題ないレベルです。
試験は、所定の養成カリキュラムを修了していることを前提にしている試験なので、独学で勉強と言うことはほとんどありません。まじめにカリキュラムの習得に取り組むことが、一番の試験対策になります。それでも不安があるようなら、過去問などをこなしておけば万全でしょう。
この資格の場合は、それより、受験資格を取得する方がハードルも高く時間もかかるのでそちらの方が大変です。

資格取得後の仕事に関しては、主に保健所や保健センターに勤務し、地域住民に対するさまざまな保健活動を行う場合や、役場などで健康診断を行ったり、個別訪問をして健康相談・指導を行うことなどがあります。数字上は61%が保険所や市町村役場の勤務になっています。また、そのような対人サービスのほかに事務系の仕事も多くあります。また、保健師は看護師としても働けるため、働き口の心配はそれほどないでしょう。
会社や地域での検診だけでなく、高齢化社会が進むにつれて介護分野に携わる保健師が必要とされているため、老人介護施設等で入所者のサポートを行う専門家として、今後もさらに需要は高まっていくことは間違いないでしょう。

※保健師になったら、合わせて取得しておきたい資格
第一種衛生管理者 健康運動指導士  介護支援専門員 産業カウンセラー


◆ 保健師関連情報 
  -「2013年専門職に強い大学ランキング」の結果から-
看護師、保健師の国家試験で合格率トップとなったのは順天堂大学でした。その後には、帝京大学や静岡県の浜松にある聖隷クリストファー大学などが続きました。
通信講座   特定保健指導・特定検診(メタボ対策) 通信講座
通学スクール   保健師資格対策 通学スクール・講座
教材 保険師関連教材一覧
 売れ筋教材  保健師国家試験教材Amazonランキング1位

「保健師国家試験」資格本のAmazon売れ筋ランキング
問い合わせ先  試験地の地方厚生局又は地方厚生支局
問い合わせ先一覧
医政局 医事課 試験免許室TEL 03-5253-1111(内線2574 2575)

東京都千代田区霞が関1丁目2番2号 厚生労働省医政局医事課試験免許室
郵便番号100-8916
電話番号03(5253)1111 (内線:2574,2575)
 
HOME

Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved.