資格名

総称:OSS-DB技術者認定試験(オープンソースデータベース技術者認定試験)
・認定名:OSS-DB Silver(試験名 OSS-DB Exam Silver)
・認定名:OSS-DB Gold (試験名 OSS-DB Exam Gold)

資格の種類

民間資格

主催

特定非営利活動法人(NPO) LPI-Japan事務局

資格の概要

OSS-DB技術者認定試験(オープンソースデータベース技術者認定試験)は、2011年7月にLIP‐JAPANが運営を開始した、オープンソースのデータベースソフトウェアであるPostgreSQLを基準とした試験で、LPICと同様に、特定ベンダーとの関係を持たない中立的な認定制度であることが最大の特徴となっています。試験を受けることによって、データサイエンティストに欠かせないデータベースの設計・開発・導入・運用といった基本的な技術についての認定を受けることができます。試験には、PostgreSQL(ポストグレスキューエル)などのOSS-DBの運用管理ができる技術力を認定する「Silber」と、大規模システムの導入コンサルティングまでができる「Gold」の2つのレベルがあります。受験学習には市販の教材のほか、LIP‐JAPANのウェブサイトから無償で教材のダウンロードも可能です。

●資格の種類
SilverとGoldの二段階があります。Goldの取得にはOSS-DB Silverの合格が必要です。
・OSS-DBSilver
PostgreSQLを利用したデータベースシステムの設計・開発・導入・運用ができる技術者であることを問う基本資格です。
・OSS-DB Gold
PostgreSQLを利用した大規模データベースシステムの改善・運用管理・コンサルティングができる技術者であることを問う資格である。

●認定のための対象
認定試験では以下の技術要件のスキルを備えたOSS-DB技術者を認定します。
・Silver
Silverが認定の対象とするのは「データベースシステムの設計/開発/導入/運用ができる技術者」と定義されています。
・Gold
Goldが認定の対象とするのは「スケールアウト可能な大規模データベースシステムの、改善/運用管理/コンサルティングができる技術者」とされ、実際に企業システムでPostgreSQLを運用した経験を持つ技術者を対象にしています。




試験方式

●試験方式
試験はコンピュータベーストテスト(CBT)です。(Silver・Gold共通)
※コンピュータを使い、オンラインで解答を入力します。マウスによる選択方式がほとんどですが、キーボード入力問題も多少出題されます。実技や面接はありません。
●出題数/試験時間
  ・Silver: 1試験 約50問/90分
  ・Gold:  1試験 約30問/90分
※ 試験後にアンケートに5分かかりますので、試験問題を解く時間は正味85分です。
●合格ライン
  ・Silver:50問を解いて64点以上
  ・Gold: 30問を解いて70点以上

(注)
(1)再受験ポリシー
OSS-DB技術者認定試験には再受験ポリシーはありません。不合格の場合でも、一定期間を経過しなければ受験できないなどの規定はなく、当日より再度受験することが可能です。
(2)再認定ポリシー(有意性の期限)
再認定ポリシーの概念は技術変化の早いIT業界において最新技術に追従しているか否かの判断基準として取り入れているものであり、認定された「事実」が無効になることはありません。5年間に設定してあります。詳細はこちら を参照ください。

受験資格

・Silver
 ありません。誰でも受験できます。
・Gold
 受験は可能ですが、Gold資格の取得にはSilverの取得が必要です。

試験科目

試験内容
●Silver
・一般知識、運用管理、開発・SQLなど。
主に、PostgreSQLの一般的な知識やインストール/設定方法、SQLコマンドの基本的な使い方が問われます。
・出題範囲:運用管理やコマンドなどの基本的な内容
・出題構成:一般知識 16% 運用管理 52% 開発/SQL 32%

●Gold
・運用管理、性能監視パフォーマンスチューニング、障害対応など。
試験でもトラブルやエラーへの対処方法、パフォーマンスチューニングといったノウハウを問う問題が出題されます。
・試験範囲:パフォーマンスチューニングや障害対応が全体の半分を占め、より実務的な内容
・出題構成:運用管理 30% 性能監視 30% パフォーマンスチューニング 20%
      障害対応 20%

スケジュール

・試験実施
 年間の試験の回数は、CBTで随時開催されています。
・受験申込み
 OSS-DBの受験申込みページで申し込みます。
・試験会場
 全国各地のテストセンターで、日時を自由に選択して受験することができます。 
・合否結果
 合否結果は試験終了と同時に判ります。

試験会場

全国の「ピアソンVUEのテストセンター」で受験することができます。

受験料

Silver  15,000円(税抜き)/1試験
Gold   15,000円(税抜き)/1試験

資格難易度

●難易度
  Gold   「A」 難関
  Silver   「B」 普通     

【資格の難易度レベル】
スキルレベルを示した「ITSSキャリアフレームワーク」でみると、Silverがエントリーレベルのレベル1~2で、Goldがミドルレベルのレベル3に相当する。情報処理技術者試験では基本情報技術者試験がレベル2で、高度情報処理技術者試験がレベル4の難易度になっています。さらに、この試験の認定対象となる技術者の定義や、この資格を足掛かりにデータベーススペシャリスト試験の取得をする人が多いことなどを考慮すると、Silverはプログラマーを希望する大学生や転職者が、真剣にある程度学習すれば取得できるレベルと考えていいでしょう。従って、Silverまでならテキストや参考書を駆使すれば独学でも十分突破できると思います。
同様に、SilverをORACLE MASTERの難易度と対比すると、ORACLE MASTER BronzeからORACLE MASTER Silverくらいのレベルになり、GoldはORACLE MASTER GoldやPlatinumくらいのレベルと言えそうです。

--------------------------------------------
・合格率 
  非公開
 ※合格率は、Silver/Goldともに実務経験のあるエンジニアで60~70%と想定しています。

受験対策・資格の将来性

「OSS-DB技術者認定試験」は、将来WEB関系の仕事やコンピューター関係の仕事に就きたいと思っている方にはおすすめの資格といえます。特にオープンソースのリレーショナルデータベースを活用するWeb業界ではこの資格を取得していると役立ちますが、データベースだけでなくPHPなどのプログラム言語も併せて勉強しておくとベストです。この試験の合格者は、大半がIT関連企業の技術者やシステムエンジニアなどです。

受験対策にはテキストと問題集と、Postgresのテキストを揃えておくといいでしょう。おすすめのテキストはインプレス出版の黒本です。公式サイトに掲載されているサンプル問題も学習に役立ちますので、利用するといいでしょう。Silverまでならこれで独学で突破できます。

経済産業省が発表した「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」では、将来IT人材が不足するといわれていますように、近年、OSS系のOS・データベースの環境を導入する中小の企業が増えていることもあって、オープンソースのデータベースの知識や技能を持ったエンジニアの需要が増加しています。そういう中で、商用DB並みのPostgreSQLは、業界でも注目されており、今後、キャリアアップや、データベースエンジニア、システムエンジニアなどへの転職を考えた場合には、OSS-DB技術者認定資格を保持していることは、相当なアピールポイントになるはずです。

OSS-DB技術者認定を取得するメリットとしては、主に以下のようなことが考えられます。
・今後、商用データベースからOSS-DBへの乗り換えを志向する企業が多くなることで、OSS-DBエンジニアが一層求められる状況になる。
・商用データベース以外に、OSS-DBをマスターすることで、自己のスキルを他と差別化できる。
データベースに関して、実務に役立つスキルを体系的に習得できる。

※OSS-DB技術者認定試験 詳細ページ
・OSS-DB Silver 試験:https://oss-db.jp/outline/silver
・OSS-DB Gold 試験:https://oss-db.jp/outline/gold
・例題解説:https://oss-db.jp/sample

通信講座

-

スクール

リカレントリナックスアカデミー
JavaDBエンジニア+オープンソースDB(OSS-DB資格合格保証)


システム・プログラミングの資格・スキル通学講座(東京都内)

過去問

OSS-DBサンプル問題

教材

OSS-DB技術者認定試験対策教材一覧

【OSS-DB Silver試験 おすすめ教材】
徹底攻略 OSS-DB Silver問題集[OSDBS-01]対応 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略)
オープンソースデータベース標準教科書 -PostgreSQL-
  ※Web上において、無償で公開されているテキストです。

売れ筋教材

-

問い合わせ先

特定非営利活動法人エルピーアイジャパン https://lpi.or.jp/
 〒106-0041 東京都港区麻布台1-11-9 BPRプレイス神谷町 7F
  TEL:03-3568-4482 FAX:03-3568-4483 e-mail:info@lpi.or.jp
OSS-DB(オープンソースデータベース技術者認定試験)

※日時・会場の詳細については、下記のテストセンターまでお問い合わせください。
  ピアソンVUE