資格取得に必要な「資格の難易度」を中心に各種の情報を提供しています

資格取得について

  • HOME »
  • 資格取得について

このサイトは、就職・転職対策や自身のスキルアップなどの目的で、各種の国家資格や民間資格、検定試験などにチャレンジされる方のために、資格取得に必要な「資格の難易度」を中心に各種の情報を提供し、目標達成に役立てていただくための情報提供サイトです。資格は、実社会において自身の能力を証明する手段の一つと言えます。

資格によって人生が変わる

あなたが資格試験のチャレンジに初心者である場合には、自分の能力を証明する手段(資格)にはどういう種類の資格があるのか、ということを知ることから始まり、さらに選んだ資格は自分の力量に合っているのかどうか(受験資格や資格の難易度など)など、チャレンジする前に十分確認しておかねばならないことがあります。このサイトでは、「何か資格を取りたいけど・・、よくわからない」という方のために、大切な時間とお金と努力を無駄にすることにならないように、資格試験にチャレンジするまでに知っておくと役立つ情報を選んで掲載していきますので、ぜひ活用していただきたいと思います。

【資格を取得するための勉強法】
資格を取得するときの勉強法として、ひとつは「学校に通う」という手段があります。自分は「独学」で勉強するのが向いているという人もいますが、難解で手をつけづらい資格も中には数多くあります。そこで学校を利用して勉強という道を考えるのですが、資格取得のための学校は主に、通学スクールと通信講座の2つに分けられます。それぞれにメリット、デメリットがありますが、通学スクールのデメリットは、一つは「通学する時間が無駄になること」です。二つ目は「聴講はほとんど一方向の受け身のスタイルなので理解→記憶が追い付かず、頭に入らない」ことです。そして三つめは「テキストによる講座が主体なので、テキストが全部終わるまでが1講座になり、長期間になりすぎ、記憶が維持できなくなる」ことです。そのほかにも、受講費用が高額なことや、講師によっても向く、向かないというようなことも出てくるなど、全体にみて通学スクールは資格取得のための学習には非効率的であると思います。

資格取得の勉強法は、「独学」で突破が無理な資格は「通信講座」で効率的にカバーし勉強することが一番だと思います。
通信講座も年々増加しており、取得したい主な資格の講座はほとんど存在しています。もちろん、その数ゆえに詐欺には気をつけなければいけませんが、通学スクールにあるデメリットは一切ありませんし、費用も安くて済みます。選択の決め手がないので、講座の選択には十分時間をかけて慎重に選ばねばなりませんが、受講経験者が近くにいたりして確実な情報が得られる場合は選びやすいですが、わからない場合はまず大手企業のものを選んで資料請求から進めるのがいいでしょう。

【通信講座について】
私どもは資格取得の勉強法は、「独学」で無理だと判断できる資格は「通信講座」でカバーすることをお薦めしています。
しかし、通信講座もメリットばかりでなくデメリットがいくつかあります。

一般的によく言われる「通信講座のデメリット」は主に以下の3件だと思います。
(1)一人で勉強をするので、モチベーション維持が必要。
(2) 疑問点が出た場合、すぐに質問ができない。
(3) 教材がテキストだけなど、講座を理解するには足りない場合がある。

これらのデメリットに関して、私どもは以下のように考えます。
(1)については、モチベーションの維持の問題は確かに通信講座のデメリットとして昔から言われてきた問題でした。通信講座の運営者側もその点を改善すべく、現在ではモチベーション対策として、講座ごとに受講生同志が情報交換できる「コミュニティサイト」や、分からないところを質問できる「掲示板」など、同じ志と目標を持った人達と交流できる場が創設されていて、いろいろなモチベーションを維持できる工夫がされています。
(2)の問題に関しては、通信講座を受けていると、どうしても疑問点が出てくることは運営者側もよくわかっています。
大手の通信講座なら対応策は
・質問は回数無制限。 
・メール・郵送・FAXで、何でも何度でもOK。
・講師達が丁寧に回答してくれます。
また、コミュニティでも掲示板があるので、質問をして解決することができますし、掲示板では過去の質問や回答を読むことができるようになっています。確かにすぐには、回答をもらえないかもしれませんが、過去の質問を見ると同じ疑問を持った人が解決していることも少なからずあり、解決に役立ちます。また、大手の通信講座ではほとんどが質問を回数無制限で対応していますので、すぐに100%の回答は無理かもしれませんが、多くは解決できる状況にあると思います。
(3)最近の通信講座は教材がテキストだけということはあまりなく、テキストとDVDのセットが基本となっている場合などが多く、講座を理解するのに、足りないということはほとんどないと言えます。また、難しい場合でも質問無制限なので、気軽に質問することができます。

【通信講座の選び方】
通信講座の資料を取り寄せてみても、何をどのような視点で比較したらいいのかが分からなくなります。どの講座を選ぶかで合格できるかどうかが決まってしまうとしたら、どの講座を選んだら良いのかを決める作業は重大です。
現に、通信講座を検討している方の多くは、何を基準に選んでよいのかポイントがわからなく、結局は有名な会社を選んで失敗してしまうパターンが 多いのです。 
そこで、まずどの通信講座を選んだら良いのか、「通信講座を選ぶ時のポイント」として挙げられている情報によると、以下の5項目に絞られています。
 1.豊富に講座が用意されているか(講座の充実度)
 2.テキストは分かりやすく、初心者でも安心して学習できる内容か
 3.受講生の利用率は高いか
 4.バックアップ体制は充実しているか
 5.スタッフ・講師陣の対応は親身か、信頼できるか
 6.受講費用は高すぎず、安すぎずの適正価格か

上記の6項目は確かに「通信講座を選ぶ時のポイント」であることは間違いありませんが、これだけのポイントをすべて満足させる通信講座を見つけるのは無理があります。そこで、この中で「重要なポイント」を選びます。
NewtonGYMが選ぶ重要ポイントは3つです。3の「受講生の利用率は高いか」と、5の「講師陣の対応は親身か、信頼できるか」と、6の「受講費用は適正価格か」、この3つが通信講座選択の最重要ポイントだと思います。

【通信講座選択の重要ポイントとは】
通信講座を選ぶ時の重要ポイントは3つ。
●受講生の利用率は高いか
利用率が高いということは受講生が多いということ。多くの受験生が多いことは、それだけ合格者の数が多いこと、講座の信頼性が高いことを意味しています。合格するためには多くの受験生が受講する講座を選ぶことが鉄則です。
●講師陣の対応は親身か、信頼できるか
信頼できるベテランの豊富な講師陣から親身に指導を受けられれば、信頼が高まり不安が払しょくされます。
●受講費用は適正価格か
費用は安すぎず、高すぎない適正価格が理想ですが、他より少々高くても受講生の利用率が圧倒的に高く、講座の信頼性も高い、ということもあります。

【おすすめの通信講座はコレ!】
NewtonGYMは、たくさんある通信講座の中から上記の重要ポイントを選択基準にして、私どもが「おすすめの通信講座はコレ!」を選んでみました。NewtonGYMが選んだおすすめの通信講座は(3+1)校です。
(1)資格スクエア
(2)東京リーガルマインド(LEC)
(3)スタディング
+α  フォーサイト

【おすすめの理由】
●資格スクエア
 (メリット)
 ・講座費用が安い割には講師陣がベテランで信頼性が高く、コストパフォーマンスも高い。
 ・PCやスマホでも学習でき、倍速機能等もありスキマ時間を効率よく活用した勉強ができる。
 ・クラウドシステムや脳科学に基づく学習など、他とは違う新しいシステムを提供している。
 (デメリット)
 ・講義中は常時スマホが通信中になるので、スマホの通信量が結構多くなる。
 ・まだ新しいスクールなので合格者の実績もまだ少なく、資格によっては判断がむつかしい。
●東京リーガルマインド(LEC)
 (メリット)
 ・受講者数が一番多いことで、合格に一番近い勉強ができる可能性がある。
 ・今年、創業40年を迎える歴史には、試験合格のためのノウハウがある。
 (デメリット)
 ・「管理されたスケジュールや学習法で勉強を進める」ことを好む人には向かない、一人勉強ができない人向きの講座。
●スタディング
 (メリット)
 ・最新の「問題横断復習機能」など、スマホでの学習に特化した効率的な学習が良い。
 ・テキストなどを工夫して効率的にし、講座費用が圧倒的に安く抑えているが、見劣りしない。
 (デメリット)
 ・講座によっては質問機能がないことと、講座の内容が絞られているため勉強はしやすい反面、これでいいのか不安が残る。
フォーサイト
 (メリット)
 ・テキストが他の学校の3分の2の薄さ。短期で「合格ラインを狙う」勉強方法が特徴。
 ・DVDやCD教材のクオリティも高く、講座内容と費用から見るコスパが非常に高い。
 (デメリット)
 ・フォーサイトの「合格点を狙う学習」や「テキストの充実度」。これに賛同できない人には向いていないと思います。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © NewtonGYM 資格の難易度 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.