資格取得のための独学勉強法

  • HOME »
  • 資格取得のための独学勉強法




資格は、実社会において自身の能力を証明する手段の一つになります。価値ある資格なら、取得して損することはありません。このブログでは、就職・転職対策や自身のスキルアップなどの目的で、各種の資格試験や検定試験などに「独学」でチャレンジされる方々のために、[資格取得のための独学勉強法」のポイントをまとめました。
この勉強法はNewtonGYM(ニュートンジム)が過去の学習教室経験をもとにお勧めする学習方法の一つです。
近年、「自分には独学は向かない」という人や、「自分には出来ない」という人が多いと言われている中で、実は資格試験に関しては、いろいろな理由があって「独学」でチャレンジしたいと思われる方が一番多いのです。独学での勉強法は特に資格試験の初学者や経験の浅い方などに参考にしていただきたいのです。

【資格試験初学者向けの独学勉強法のポイント】
資格試験に合格するためのポイントは、しっかりとした準備と計画です。

1. 環境づくり

勉強に集中できる環境を整えましょう。勉強に不要なものは片づけ、机や椅子などの環境を整えましょう。また、勉強で疲れたときにリラックスできる方法も考えておきましょう。

2. 勉強計画の作成

自分の学力や時間を考慮して、無理のない勉強計画を立てましょう。勉強計画を立てるときは、以下のポイントを押さえて計画を作成しましょう。

  • 目標を明確にする
  • 勉強量(時間)を決める
  • 全体を細分化した勉強スケジュールを立てる
  • スケジュールには休息をとる時間も決める

3. 教材の準備

参考書、過去問集、問題集などの必要な教材を準備しましょう。教材を選ぶ際には、以下のポイントを押さえて選びましょう。

  • 自分のレベルに合ったもの
  • わかりやすいもの
  • 解説が詳しいもの

4. 教材の活用法の理解

各教材の役割や特徴を理解して、適切に活用しましょう。

  • テキスト:試験範囲の全体像を把握し、各科目の重要ポイントを理解するために使用する
  • 参考書:テキストで読んだ箇所をもう少し深く理解するために使用する
  • 問題集:テキストで学んだ知識を定着させるために使用する
  • 過去問集:試験の出題傾向を把握し、自分の現在の学力を客観的に評価するために使用する

5. 勉強の手順

まずは、テキストを読み込んで試験範囲の全体像を把握しましょう。その上で、各項を順番に参考書で理解を深めながら、問題集で知識を定着させます。さらに、過去問集を繰り返し解いて、試験の出題傾向を把握しつつ、理解できたことを覚えるように努力します。この一連の手順で勉強を進めましょう。

勉強のコツ

  • 勉強は毎日継続することが大切です。
  • 苦手な科目は重点的に勉強しましょう。

モチベーションの維持

勉強を続けるためには、モチベーションを維持することも大切です。勉強仲間を見つけたり、目標を明確にしたりすることで、モチベーションを維持しましょう。




【資格試験初学者向けの独学勉強法のステップ】
資格試験の独学勉強法は、大きく分けて以下の3つのステップに分けられます。

ステップ1:試験範囲の全体像を把握する
 最初は、試験範囲全体を把握することが大切です。テキストを読みながら、分からないところは参考書で調べましょう。
 テキストを読みながら、以下のポイントを押さえます。

  • 試験の目的や出題範囲を理解する
  • 各科目の重要ポイントを把握する
  • 用語や公式を覚える

ステップ2:出題傾向と頻度を把握する 
 次に、過去問集を解いて、出題傾向と頻度を把握しましょう。出題数の多い分野や科目は重点的に勉強しましょう。
 過去問集を解いて、以下のポイントを押さえます。

  • 出題頻度の高い分野や科目を把握する
  • 出題形式を把握する
  • 出題傾向を把握する

ステップ3:問題を解いて知識を定着させる 
 重点分野や科目は、問題集や過去問を繰り返し解いて知識を定着させましょう。間違えた問題は、なぜ間違えたのかを理解して、復習しましょう。
 問題集や過去問を繰り返し解いて、以下のポイントを押さえます。

  • 問題を解く前に、必ず問題文をよく読む
  • 問題を解くときは、時間配分を意識する
  • 間違えた問題は、なぜ間違えたのかを理解して、復習する

まとめ
紹介した勉強法は、資格試験では王道とされる周知の勉強法ですが、試験の種類や難易度等によっては別の学習ツールを活用したりすることも可能なので、学習者が自分に一番合っているやり方で突破されるのが一番最適な独学勉強法になります。勉強方法は試験にチャレンジする人に合った方法でなければなりません。「これが自分に合った勉強法だ」と思う方法がある人は、ぜひ自分に合った方法で資格取得を目指してください。

高難易度の資格試験になると難易度レベルや学習者の実力不足などで「独学」で突破するのはどうしても無理がある資格試験もあります。そういう試験に無理して独学でチャレンジすることは無駄に時間と費用を消費するだけで非効率であり、結局目標も達成できない状況に陥ることになりますので、勉強方法を変えなければなりません。この続きは次ページで解説します。
 独学では無理な資格の取得方法

初学者の方へのアドバイス
 ・下記の「独学のメリット・デメリット」を理解する。
 ・最初から完璧を目指さず、少しずつ着実に勉強を進めましょう。
 ・分からないことや苦手な分野は、時間をかけて理解しましょう。
 ・モチベーションを維持するために、勉強仲間を見つけたり、目標を明確にしたりしましょう。
 ・勉強では、①問題をよく読むこと。②問題を解くときは時間配分を意識すること。③間違えた問題は、なぜ間違えたかを理解すること。

【独学のメリット・デメリット】
●メリット
・金銭的な負担がすくない(教材費以外の費用が掛からない)
・自分のペースで勉強できる
苦手な分野を徹底して勉強できる
・時間や場所にとらわれず勉強できる
・受験のテクニックが身に付かない
・強制力がないため、勉強に対するモチベーションを維持するのが結構大変
・学習計画が立てにくい

●デメリット
意志が強くない人は挫折しやすい(自分を律することができる強い意志が必要)
・分からないときに質問ができない
・どの教材を選んで良いか分からない
・新しい情報が入りにくい(法改正などに適切に対応できない)







  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © NewtonGYM 資格の難易度 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.