資格名

福祉住環境コーディネーター

資格の種類公的資格
主催東京商工会議所
資格の概要

高齢者や障害者の方が暮らしやすい住環境を提案したり、医療や福祉についての幅広い知識を身につけて、福祉関連の用具のアドバイスや関連する施策の情報提供などを行います。また、バリアフリー住宅の建築やリフォーム、福祉・介護用品の商品開発や販売、コンサルティングなどにも携わります。
今後の超高齢化社会において、高齢で体が不自由になっても、疾病や障害があっても、住み慣れた家や環境で安心して暮らせる生活環境が求められています。そのような環境づくりを提案するのが、福祉住環境コーディネーターです。仕事は、介護老人保健施設や病院などで通常の福祉関係業務と合わせて資格を活かす仕事につく人が多いようです。

試験は東京商工会議所が主催しており、受験級は1級から3級まであります。福祉系の資格としては珍しく特に受験資格はなく、誰でも受験することができます。また、3級と2級は同時に受験したり、2級からでも受験できますが、2級に合格しなければ1級を受験することはできません。
受験者はリフォーム会社や工務店など、建築関係の仕事に就いている建築士や、介護保険で福祉用具貸与や住宅改修等を行っている事業所の福祉用具専門相談員、ホームヘルパーや介護支援専門員など福祉関係職の受験者が多い。ほかには、自己のスキルアップや会社の資格取得の勧めで受験する受験者もいます。

福祉住環境コーディネーター2級を取得すると、介護保険を利用した住宅改修を行った際の必要書類である「住宅改修が必要な理由書」を作成することが認められています。

試験方式

・1級: マークシート方式 制限時間/2時間(前半) 記述式/2時間(後半)100点満点とし、70点以上をもって合格
・2級: マークシート方式 制限時間/2時間 100点満点とし、70点以上をもって合格
・3級: マークシート方式 制限時間/2時間 100点満点とし、70点以上をもって合格
※2級からの受験や、2・3級の併願受験も可能です。
※ただし、1級は申込登録の時点で2級に合格されていることが条件です。(2級証書番号が必要)

受験資格

特になし。誰でも受験できます。

試験科目

※各級の出題範囲はこちらで確認できます。

(求められる能力)
3級:公式テキスト(新版)の本編(第1章~第5章まで)の知識と、それを理解した上での応用力
2級:公式テキスト(新版)の本編(第1章~第6章まで)の知識と、それを理解した上での応用力
1級:
・マークシート方式試験
 1級公式テキスト(改訂版)に該当する知識と、それを理解した上での応用力
記述式試験 実務能力(課題に対する提案力)などの、実践力、応用力、総合的判断力

スケジュール

・試験実施時期
1級 11月下旬  
2級・3級 7月上旬・11月下旬  
・申込期間
1級 9月中旬~10月中旬  
2・3級4月下旬~5月下旬 9月中旬~10月中旬
・合格発表
1級:3月下旬  
2級・3級:8月中旬・1月上旬

2018年度第39回福祉住環境コーディネータ試験日程
(第41回試験) 1級・2級・3級
・試験日:2018年11月25日(日) 
・受験申請受付:9月11日(火)~10月12日(金)
・成績発送:
1級2019年3月15日(金)  
2級・3級2018年1月4日(金)

試験会場

希望受験エリアの選択    
※試験会場は受験票で知らされます。

受験料

3級  4,320円  
2級  6,480円   
1級 10,800円(各税込)

資格難易度

・難易度 
1級 「A」難関 
2級 「B」普通 
3級 「C」やや易  
・合格率 2017年度第39回
     福祉住環境コーディネータ試験結果(全国分) ⇒詳細
3級 合格率34.1% 受験者数5,941名 合格者数2,023名
2級 合格率51.9% 受験者数11,863名 合格者数6,152名

※参考データ
・2017年度第37回
     福祉住環境コーディネータ試験結果(全国分) 
3級 合格率51.1% 受験者数6,200名 合格者数3,169名
2級 合格率39.9% 受験者数13,125名 合格者数5,236名
1級 合格率7.3% 受験者数533名 合格者数39名

受験対策&
資格の将来性

高齢者や障害者に対して住みやすい住環境を提案するアドバイザー。試験を受ける人の大半が建築関係、医療関係、福祉関係の職に就いている。中でも、不動産関係の仕事の人なら持っているとこれからは有利になる。
2002年から設置された1級は、新築や住宅改修の具体的なプランニングができ、安全で快適な街づくりへの参画など、広い範囲で活動できる能力が問われます。
この試験2級、3級は難しくありませんが、1級になると一気に難易度が上がり、合格率が約4~5%程度の難関資格へと変貌しますので注意が必要です。ただ、トータル的に見れば難易度「B」。合格率は1級4~5%、2級40~50%、3級40~55%くらい。1級は2級取得者でなければ受験できません。1次はマークシート、2次は論述と記述。実務経験がなくても、2級、3級は独学で問題ないレベルです。
例年、試験の合格者は3級~1級を合わせると2万人以上になります。すでに関連業種で仕事についている人の受験が多く、その割合は受験者の平均41%になります。福祉関係の住宅の設計事務所などでは、2級以上を取得すれば介護保険法により「住宅改修の理由書作成者」になれるため求人は増えることが予想されます。他には福祉機器メーカーなども機器の開発段階で協力を要請したい考えをもっているようです。



◆チョット一言
設計建築事務所、住宅業界、福祉用具や介護用品を扱う会社に勤務し、設計や商品開発に携わることが多い。ケアマネなど福祉系の資格を取得し、福祉サービスを提供する会社に所属することも出来る。また、バリアフリー対策が重要視される老人ホームや介護施設、病院などの福祉・医療現場でも、福祉住環境コーディネーターは求められている。高齢化社会を迎える今、福祉的観点に立った住宅の改善が行える福祉住環境コーディネーターには、「医療」「福祉」「建築」の3分野にまたがる活躍が期待されている。
【就職対策】
福祉住環境コーディネーターを取得後すぐに就職が決まるほど簡単ではない。福祉系の知識、経験、資格(ヘルパーの経験、ケアマネージャーなど)と合わせて、建築系の能力、資格(建築士、インテリアコーディネーターなど)と合わせて取得すれば、大きな力になり効果が発揮されるだろう。 

通信講座

商工会議所主催の通信講座

福祉住環境コーディネーター講座

スクール

商工会議所主催の受験対策セミナー

オンライン学習

-

教材

福祉住環境コーディネーター

売れ筋教材

「福祉住環境コーディネータ」資格本のAmazon売れ筋ランキング

問い合わせ先

東京商工会議所 検定センター  http://www.kentei.org/
  TEL 03(3989)0777 AM10:00~PM6:00


スポンサーリンク