資格名

理学療法士

資格の種類国家資格
主催地方厚生支局 厚生省医政局医事課試験免許室
資格の概要

「理学療法士(Physical TherapistまたはPhysio Therapist)」は、医療資格(コ・メディカル)の一つで、 厚生労働大臣の免許を受けて、医師の指示の下にケガや病気などで身体に障害のある人や障害の発生が予測される人に対して、基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)の回復や維持、および障害の悪化の予防を目的に、運動療法や物理療法(温熱、電気等の物理的手段を治療目的に利用するもの)などを用いて、自立した日常生活が送れるよう支援する医学的リハビリテーションの専門職です。 
作業療法士が作業を主体にしてリハビリを行うのに対し、理学療法士はマッサージや温熱、電気刺激などの物理的治療を行います。
理学療法士として人の役に立つ仕事をするためには、まず国家資格を取得しなければなりません。理学療法士の場合は、「理学療法士及び作業療法士法」にもとづき、厚生労働大臣が免許を与えます。

理学療法士の国家試験を受験するためには、養成校で3年以上学び、必要な知識と技術を身につけることが必要です。養成校には4年制大学、短期大学(3年制)、専門学校(3年制、4年制)、特別支援学校(視覚障害者が対象)があります。資格取得後、より専門的な知識を身に付ける場合、研究職をめざす場合などは大学院もあります。(修士課程・博士課程)。すでに作業療法士の資格を持っている人は、養成校で2年以上学べば受験資格が得られます。
有資格者はわずか数年で激増し、平成24年時点で10万人を超えました。

養成校のカリキュラムには、大きく分けて、一般教養科目、専門基礎科目、専門科目、臨床実習の4種類があります。専門科目には実技やグループで課題に取り組む授業もあります。 
    ※理学療法士養成校一覧(平成28年度)



試験方式

●筆記試験 (一般問題及び実地問題)
  筆記問題は5肢択一式 出題数200問
※点字試験受験者に対しては、実地問題は行われません。また、視覚障害者に対しては、弱視用試験又は点字試験による受験が認められ、点字試験受験者に対しては、試験問題の読み上げの併用による受験が認められます。 

●口述試験及び実技試験 
点字試験受験者に対して、実地問題に代えて5科目について行われる。

受験資格

文部科学大臣が指定した学校又は厚生労働大臣が指定した理学療法士養成施設において、3年以上理学療法士として必要な知識及び技能を修得したものなど。
(1) 学校教育法第90条第1項の規定により大学に入学することができる者で、文部科学省令・厚生労働省令で定める基準に適合するものとして、文部科学大臣が指定した学校又は厚生労働大臣が指定した理学療法士養成施設において、3年以上理学療法士として必要な知識及び技能を修得したもの。
(2) 外国の理学療法に関する学校若しくは養成施設を卒業し、又は外国で理学療法士の免許に相当する免許を得た者で、厚生労働大臣が(1)に掲げる者と同等以上の知識及び技能を有すると認定したもの 。
(3) 法の施行の際(昭和40年8月28日)現に文部大臣又は厚生大臣が指定した学校又は施設において、理学療法士となるのに必要な知識及び技能を修業中の者であって、法施行後に当該学校又は施設を卒業したもの。

試験科目

●筆記試験 :一般問題及び実地問題に区分して次の科目について行います。
(1)一般問題 
解剖学、生理学、運動学、病理学概論、臨床心理学、リハビリテーション医学(リハビリテーション概論を含む)、臨床医学大要(人間発達学を含む)及び理学療法
(2)実地問題 
運動学、臨床心理学、リハビリテーション医学、臨床医学大要(人間発達学を含む)及び理学療法
●口述試験及び実技試験 
点字試験受験者に対して、実地問題に代えて次の5科目について行われます。
運動学、臨床心理学、リハビリテーション医学、臨床医学大要(人間発達学を含む)及び理学療法

※点字試験受験者に対しては、筆記試験の実地問題については行われません。また、視覚障害者に対しては、弱視用試験又は点字試験による受験を認め、点字試験受験者に対しては、試験問題の読み上げの併用による受験が認められます。

スケジュール

・試験実施:
(筆記試験)例年2月下旬 
(口述試験及び実技試験)2月下旬  ※点字試験受験者のみ
・申込期間:12月下旬~1月中旬
・合格発表:例年3月下旬 

平成30年実施 第53回理学療法士国家試験要綱   試験は終了しました。
・試験日:(筆記)平成30年2月25日(日)  (口述・実技)平成30年2月26日(月)
・受験申請受付:平成29年12月15日(金)~平成30年1月5日(金)
・合格発表:平成30年3月27日(火) 

試験会場

・筆記試験
 北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、香川県、福岡県及び沖縄県
・口述試験及び実技試験
 東京都

受験料

10,100円  
※収入印紙を受験願書にはることにより納付すること。

資格難易度

●難易度   
  「C」 やや易
●合格率   
  第53回理学療法士国家試験結果 ⇒詳細 
  合格率 81.4% 受験者数 12,148人 合格者数 9,885人 
一般問題を1問1点(160点満点)、実地問題を1問3点(114点満点)とし、総得点165点以上/274点 実地問題40点以上/114点を満たした者が合格。

※参考データ
・第52回理学療法士国家試験結果 
  合格率 90.3% 受験者数 10,721人 合格者数 10,319人 
・第50回理学療法士国家試験結果 
  合格率 82.7% 受験者数 12,035人 合格者数 9,952人 

スポンサーリンク



受験対策&
資格の将来性

この試験の合格率が過去10年間では一度だけ、平成20年に90%を切っただけで、それ以外は毎年95パーセント前後を推移していました。ところが平成23年には、はじめて80%を切ったことが、「衝撃的」と伝えられています。理由は、近年、養成校が増えて受験者が増えていますが、受験者の質と試験問題に関係があるのでは、と言われています。 
ただ、理学療法士試験は学校にて所定カリキュラムをしっかり習得している人であれば、難易度が高い試験ではないと言うことが分かります。専門学校や大学の養成教育でまじめに受験勉強をしておけば、まず新規卒業者は合格する試験であることには変わらないと思います。
それより、理学療法士は国家試験に合格するよりも、実習や専門学校や大学を卒業して受験資格を得ることの方がはるかに難しい資格です。 また、理学療法士になってからの方がさらに大変で、日々の努力が欠かせないということは言うまでもないことです。 

理学療法士としての就職の状況は現在のところはまだ求人数も多く売り手市場といえます。求人募集、就職・転職先は多く、将来性のある資格です。 高齢化社会が進む日本においては、リハビリテーション分野はますます拡大する医療分野であることは間違いなく、活躍できる場はさらに広がるでしょう。ただ、これ以上養成学校が増えて、理学療法士の数が多くなってくると、就職等が難しくなってきます。また、調整のため資格試験の難易度が上昇することも考えられます。
理学療法士としての活躍の場としては、介護保険サービス、通所リハビリテーション/訪問リハビリテーション/住宅改修・福祉用具のアドバイス、医療サービス 、病院/診療所、保健サービス 、機能訓練事業/介護予防、福祉サービス 、障害者福祉センター/障害児(者)通所・入園施設などがあります。
医師や看護婦など、医療チームの一員として協力し、仕事を分担することが必要になるため独立開業はできません。

(情報)
この就職難の中でも100%近い就職率を誇るスーパー専門学校があります。神戸市にある神戸総合医療専門学校の求人倍率は、実に24.27倍(2010年度)という驚異的な数値です。同校は1974年に創設され、医療分野に特化した高い専門性が強み。理学療法士、診察放射線技師、言語聴覚士などの国家試験に高い合格率を誇ります。
資格を取れば、医療機関からの引く手はあまた。特にリハビリ系の作業療法士や理学療法士は、求人倍率が30倍以上になることもあるようです。但し、それだけに入学した後の勉強もハードで、豊富な臨床実習を含むカリキュラムが週5~6日、みっちりと組まれています。
  ⇒神戸総合医療専門学校

通信講座

-

スクール

理学療法士養成スクール一覧

オンライン学習

-

教材

理学療法士

売れ筋教材

「理学療法士・作業療法士」資格本のAmazon売れ筋ランキング

問い合わせ先

各受験地の地方厚生局又は地方厚生支局 厚生省医政局医事課試験免許室
〒100-8916 東京都千代田区霞が関 1-2-2
TEL 03-5253-1111

スポンサーリンク