資格名

救急救命士

資格の種類国家資格
主催財団法人日本救急医療財団
資格の概要

救急救命士とは、1992年の救急救命士法施行にともない導入された国家資格です。仕事は、心肺機能が停止状態になった重症患者に対し、救急現場および病院搬送中の救急車内などにおいて、医師の指示に基づき、気道の確保、心拍の回復、輸液処置などの救急救命処置を行います。従来は医師でなければ行えなかった処置が、平成3年の救急救命士法によって、救急隊員が行えるようになりました。
救急救命士は厚生労働大臣認定の国家資格であり、通常の救急隊員とは異なり、救急医療の現場で極めて重要な役割を担っています。

救急救命士になるには、国家資格である救急救命士の資格取得が必要です。受験資格は、高校卒業後に救急救命士養成所で2年間学ぶことで得られます。救急救命士の就職先は大抵の場合は消防署になるため、救急救命士の資格とあわせて消防官採用試験にも合格する必要があります。
救急救命士の資格取得よりも先に消防隊員になり、一定期間の業務を積んだのち国家試験を受験する道もあります。最近は女性の救命救急士も多数活躍しています。

※救急救命士の国家資格を取ったら救急車で救急医療活動が行えるという訳ではありません。救急救命士になり、その後、消防官の採用試験に合格して、新人消防士として配属されなければなりません。

試験方式

●試験方式は、マークシート方式の筆記試験です。
・出題:200問の筆記試験問題(午前127問、午後73問)
・試験時間:午前と午後をあわせて約5時間
・5つ選択肢から1つ、または2つを選択するマークシート方式
・試験の構成:
  午前 A問題(一般問題)127問
  午後 B問題(必修一般問題)23問 
     C問題(必修状況設定問題)7問
     D問題(状況設定問題)43問
●合格基準
 一般問題を1問1点、状況設定問題を1問2.5点とし、必修問題(B・C問題)において80%以上の得点、通常問題(A・D問題)において標準偏差から算出された合格基準点以上の得点が必要になります。

受験資格

●救急救命士国家試験の受験資格は、以下の2つがあります。
(1)高校卒業者であって、文部科学大臣が指定した学校又は厚生労働大臣が指定した救急救命士養成所において2年以上(大学などで1年以上修業し、かつ指定科目を修めている場合は1年以上)、救急救命士 として必要な知識及び技術を習得したもの。
(2)消防法に規定する救急業務に関する講習の過程を修了し、5年以上又は2000時間以上、救急業務において1年 (現職の救急隊員の場合は6ヶ月)以上救急救命士として必要な知識及び技術を習得したものとなっています。

救急救命士になるには一般的には方法が3つあります。
(1)救急救命士課程がある4年制大学を卒業したあと、救急救命士国家試験を受験します。この試験に合格後、地方公務員試験を受験 し消防士になる方法
(2)救急救命士の専門学校を卒業したあと、救急救命士国家試験を受験します。この試験に合格後、地方公務員試験を受験 し消防士になる方法
(3)地方公務員試験を受験し合格後、消防士になります。一般救急隊員として実務経験を積んだ後、7ヵ月間の救急救命士の養成課程に入ります。その後、救急救命士国家試験を受験します。

(1)の方法でも、(2)の方法も(3)の方法でも、救急救命士になるには2つの試験に合格する必要があることが分かります。各地方自治体の消防士採用試験に合格し消防士となること、そして厚生労働大臣の認定する救急救命士国家試験に合格しなければならないことは変わりません。要は、救急救命士となってから消防士になるか、消防士になってから救急救命士にな るかの違いだけです。
ただ、(3)の方法では、消防士になれたとしても、必ず救命士の養成課程に行けるとは限りません。消防士から救急救命士になるためには、最初に消防学校に入校したあと約6ヶ月間、消防士としての基礎教育を受けます。その後、また何年か後に、約2ヶ月の一般救急隊員の養成課程に入ります。そこで、一般隊員として5年以上経験するか、2000時間以上の救急現場経験をすると、救急救命士の養成課程への入校資格が得 られます。この後、消防署内での選考会で選ばれれば約7ヶ月間の救急救命士養成課程に行け、その後 国家試験を受験することができます。

どの方法で取得するにしても、「地方公務員試験の合格」と「救急救命士国家試験の合格」の二つが壁になります。救急救命士として活躍するためには、基本的には消防士にならないとできないということです。

試験科目

(1)基礎医学(社会保障・社会福祉、患者搬送を含む)
(2)臨床救急医学総論
(3)臨床救急医学各論(一)(臓器器官別臨床医学をいう)
(4)臨床救急医学各論(二)(病態別臨床医学をいう)
(5)臨床救急医学各論(三)(特殊病態別臨床医学をいう)

スケジュール

●試験実施:年1回 例年3月上旬~中旬の日曜日
●合格発表日:例年4月下旬

平成30年実施 第41回救急救命士国家試験日程と概要   試験は終了しました。
・試験日:平成30年3月11日(日) 
・受験申請受付:平成30年1月4日(木)~平成30年1月24日(水)
・合格発表:平成30年3月30日(金)

試験会場

北海道、東京都、愛知県、大阪府、福岡県

受験料

30,300円

資格難易度

●難易度  
  「C」 やや易
●合格率 
  第40回救急救命士国家試験結果 ⇒詳細  
   合格率 85.0%  受験者数3,031名 合格者数2,576名   
  (合格基準)
    (1)必修問題 44.0点以上/55.0点 
    (2)通常問題 132.0点以上/222.0点
  但し、通常問題の一部を採点から除外された受験者の場合は、通常問題の得点について、1問除外の場合は130.5点、2問除外の場合は129.0点以上となります。
平均点:(1)必修問題 50.0点  (2)通常問題 160.6点

※参考データ
・第39回救急救命士国家試験結果  
  合格率 86.1%   受験者数2,871名 合格者数2,471名 
・第38回救急救命士国家試験結果  
  合格率 90.2%   受験者数2,956名 合格者数2,665名 

受験対策&
資格の将来性

「救急救命士国家試験」にのぞむためには、受験資格として救急救命士法第34条の定める条件を満たしている必要があり、各種の条件、特例がありますが、大半が消防署で救急隊員として現場の経験を経てきた消防士と大学や専門学校で受験資格を満たし国家試験に臨む学生の受験となっています。ただ、合格率が高いのは専門の養成所で勉強した人で、90%近くが合格しますが、資格取得には試験に合格した後にも160時間以上の病院実習が必要となっています。この病院実習を終えると初めて、救急救命士としての職務につけることになります。
救急救命士養成所などを卒業さえすれば、資格試験は合格率90%前後で、決して難易度の高い試験ではありません。試験の内容は、ほとんどがヘルス出版の「救急救命士標準テキスト 上巻 改訂版」と、「救急救命士標準テキスト 下巻 改訂版」 か ら出題されています。出題範囲はかなり広いですが、出題傾向は過去5~10年分くらいの過去問をこなせば傾向が分かります。毎年それほど変っていませんので、しっかりと準備し勉強しておけば合格することがそれほど難しい国家試験ではありません。ただ、出題される200問のうち、午後の必須問題30問は80%以上の解答が出来ていないと、そのほかの問題がどんなに出来ても合格できませんので注意が必要です。
詳しい情報は財団法人日本救急医療財団厚生労働省のホームページで確認できます。こちらのでは受験資格や毎年の国家試験の具体的日時、申し込み方法や期間などの確認ができます。

※救急救命士の登録者数は平成20年3月末で約33,500人で、このうち17,000人余りが消防組織で働いています。
※ 救急救命士養成所は横浜、東京、埼玉、名古屋、神戸、大阪、広島などに9ケ所あり、九州、東京の2カ所の救急振興財団の養成所(ELSTA)と合わせて年間約900人弱の救急救命士が世に出ています。
一方、救急救命士法34条1号に該当する、高校卒業生を対象とした2年間の専門教育で国家試験の受験資格が得ることができますが、これには全国で13施設ある民間の救急救命士養成専門学校があたります。ここでは毎年500名程度の育成がなされています。 

救急救命士の仕事は、消防署などに勤務し、救急患者に対して救急車内等で救急処置を行うことですが、その責任は大変重く、その1分・1秒で患者の一生が決まります。 その意味で、緊急時にしっかりと対応できる冷静な判断力が重要な職業です。また、医療行為を行う際は医師の指示が必要で、基本的に医師の指示無しに医療行為を行うことはできません。救急処置ができるのは、救急車で向かった現場と、病院への搬送中に限定されています。
救急処置ができるのは、救急車で向かった現場と、病院への搬送中に限定されているため、その能力を日常的に生かせる場所は、消防以外ではほとんどありません。
救急救命士資格を取得したとしても、その後、消防士の公務員試験に合格し、消防署に勤務できなければ、資格や能力を十分に生かすことはできません。救急救命士の就職先のほとんどは消防で、その他には医療機関や自衛隊などがありますが、その割合はごくわずかです

通信講座

-

スクール

-

オンライン学習

-

教材

救急救命士

売れ筋教材

「救急救命士国家試験」資格本のAmazon売れ筋ランキング

問い合わせ先

(財)日本救急医療財団  電話:03-3835-0099  http://www.qqzaidan.jp/
〒113-0034 東京都文京区湯島3-37-4 CIC湯島ビル7階