フードアナリスト


資格名 フードアナリスト
 資格の種類 民間資格      主催 一般社団法人 日本フードアナリスト協会
資格の概要 
フードアナリストは、食・食文化を体系的に学び、単に味覚だけでなく、ワイン、テーブルマナー、インテリアや料理の歴史、レストランの経営、法律などを総合的に学び、レストランや飲食店を格付けする知識と教養を身につけた「食の専門家」資格です。協会指定のカリキュラムを修了、または協会の検定試験に合格、 会員となると「フードアナリスト」を名乗れる。

フードアナリスト資格を取得するには以下の4つの方法があります。資格は4級から段階的に取得していくことになります。従って、初めて受験する方は4級からの受験となります
1.協会認定の養成講座を受講
日本フードアナリスト協会が認定をした養成講座で一定のカリキュラムを修了し修了試験に合格することによって取得できます。講座は札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・福岡の7都市で随時開催。4級の場合、1日7時間の集中講義を受け、修了試験で一定のスコアをクリアすれば合格です。また、3級の養成講座は2日間、2級は4日間(前期2日間・後期2日間)に渡って行われます。

2.通信教育を受講
フードアナリスト通信教育は4級と3級があります。添削問題と簡単なレポートだけで取得できる方法です。募集時期と定員が決められていますので要注意。学習期間4ヵ月。
4級の場合、約4か月の間に、簡単な「フードアナリスト」格付けレポートと添削問題(6回)を提出すれば、検定試験を受けずに4級の資格を取得できます
3.検定試験を受験
「フードアナリスト検定試験」を受験して一定のスコアをクリアできれば取得できます。フードアナリスト教本・問題集をもとに自分で勉強して試験に臨みみます。試験は全国7都市で、年2回開催されます。
詳細は以下の「試験方式」以降でご覧ください。
4.認定校・指定専門学校、カルチャーセンターに通学
日本フードアナリスト協会が認定をした教育機関(専門学校等)で一定のカリキュラムを修了することによって取得できます。「フードアナリスト4級速習講座」の場合、1日で取得できます。

この検定試験は2005年から始まり、2013年度試験で22回目を迎えます。全国にて延べ10,000人以上の フードアナリストを輩出しています。
いつも何気なく接している食材やレストラン、食文化について体系的に学べるため、「食べることが好きな人」「フードビジネスに興味がある人」 「食の知識を身につけたい人」などにはお薦めの資格です。
最近では、大手食品企業や食品メーカーにおいて研修や通信教育で導入されているほか、食関連の学部・学科を持つ大学・専門学校でも、この資格の取得講座が導入されていますので、有資格者になれば、食の知識を身に付けた専門家として食業界への就・転職にも有利になります。
試験方式  4級:四択式選択問題 50問/試験時間60分
3級:養成講座・通信講座修了後、小論文の提出、検定試験はありません。
2級:四択式選択問題 60問+記述問題20問/60分

※合格基準は正答率70%程度
※問題は 教本・問題集・カリキュラムに準拠して出題されます。
受験資格  ・満18歳以上であれば、国籍、性別、学歴等に制限はありません。
但し、最初は4級から受験。上級資格を取得するためには受験する1つ下の「級」を持っていなければなりません。
・3級以上の資格については養成講座または通信講座修了後、2次試験での合格が必要となります。
 試験科目 【4級】四択式選択問題
【3級】四択式選択問題
【2級】四択式選択問題、記述問題
【1級】四択式選択問題、記述問題、面接
【特級】四択式選択問題、記述問題、面接、実技
スケジュール  毎年5月と10月(2月は4級のみ)

2016年フードアナリスト検定試験日程
試験会場  東京 大阪 名古屋 福岡 札幌 仙台 広島
受験料  各級7,560円
難易度  ・難易度  3級 「B」普通   4級 「C」やや易
・合格率   非公開(協会の予測合格率:2級20%(二次試験)  4級60% 

※合格のための正答率は70%が基準(4級)とされています。
  試験のポイント

一口ガイド
この資格の取得には、上述の4つの方法があるので、自分に一番合った方法を選ぶことができます。

・4級
試験前の受験対策講座を受講する気なら問題なく易しい。講座も速習講座なので1日で終わる。 
・3級/2級
3級以上は、この資格が最近注目されていることもあってか、専門家や業界のプロの受験が目立つ。試験そのものは、4級と比べると比較にならないくらいに難易度が高い。試験範囲も広く、受験対策講座も2日間にわたって開催されるが、自分から積極的に勉強しないと、筆記問題はないが、内容を理解していないと解けないような問題が多く、合格は難しい。特に2級では難易度がぐっとあがる。
級が上がり資格の難易度がどんどん高くなってステータスも上がるというのがフードアナリスト資格と考えてよいだろう。
仕事の面では、食・食空間を評価・分析する専門家として飲食店で働くほか、料理研究家や飲食専門コンサルタント、またフードライター、フードジャーナリストなど、雑誌のレストラン紹介記事の執筆の仕事や、カルチャーセンターでの講師、商品開発、覆面調査員など、さまざまな分野で活躍できます。

試験合格後、フードアナリスト認定証・ライセンスカードの発行および登録には、日本フードアナリスト協会に入会が必要です。登録入会金(初回のみ)15,000円、年会費10,000円です。
通信講座   協会主催のフードアナリスト3級・4級通信講座     
通学スクール   フードアナリスト 通学スクール・講座一覧    協会主催のフードアナリスト1・2・3・4級講座
教材 フードアナリスト試験対策教材
問い合わせ先  日本フードアナリスト協会      http://www.foodanalyst.jp/index.php
〒102-0082 東京都千代田区一番町15-8 壱番館5階   TEL0120-650-519
 
HOME


Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved.