資格名

冷凍機械責任者
※冷凍機械責任者の各資格区分は、冷凍一種、冷凍二種、冷凍三種や一冷、二冷、三冷と略されることもあります。

資格の種類

国家資格

主催

認定 経済産業省

資格の概要

冷凍機械責任者とは、冷凍設備の保安業務を行う、ビルや産業を支える国家資格の1つです。高圧ガス保安法に規定される高圧ガス製造保安責任者の資格区分の一つで、主に冷凍に関わる高圧ガスを製造する施設において保安の業務を行う資格ですが、この資格は「高圧ガス製造保安責任者」という資格区分の一つであり、単に冷凍機械を管理するだけに留まらないのが特徴です。

冷凍機械責任者の資格は、第一種、第二種、第三種の区分が設けられており、それぞれに職務の範囲が定められています。第一種では全ての製造施設、第二種では1日の冷凍能力が300t未満、第三種では1日の冷凍能力が100t未満の製造施設で保安業務が行なえます。冷凍機械にかかわる保安業務や、統括的な管理業務を行うという点では3種類とも同じです。

【第一種、第二種、第三種の区分と職務の範囲】

高圧ガス
製造保安責任者(冷凍)の種類

管理が可能な製造施設 要件
第1種冷凍機械 1日の冷凍能力が300トン以上の製造施設 1日の冷凍能力が100トン以上の製造施設を使用している高圧ガスの製造に関する1年以上の実経験
第2種冷凍機械 1日の冷凍能力が300トン未満の製造施設 1日の冷凍能力が20トン以上の製造施設を使用している高圧ガスの製造に関する1年以上の実務経験
第3種冷凍機械 1日の冷凍能力が100トン未満の製造施設 1日の冷凍能力が3トン以上の製造施設を使用している高圧ガスの製造に関する1年以上の実務経験

どの試験でも、知識や実務経験がゼロの状態から受験することはできますが、実際に責任者として業務に当たる場合には、表の要件に挙げた実務経験を積んでいることが条件になります。
※各資格に必要な知識レベルは、以下の通りとされています。
 第1種:大学の工学部を修了
 第2種:高等専門学校を修了
 第3種:工業高校を修了




●冷凍機械責任者の資格取得
冷凍機械責任者の資格取得には国家試験に合格することが必要となります。その国家試験に合格するためには、専門学校や大学に通って専門知識を習得するほか、就業中で通学が難しい場合は通信教育講座を利用することもできます。二種・三種の交付は都道府県知事が行います。

【講習会について】
受験対策として高圧ガス保安協会が公式に講習会「高圧ガス製造保安責任者講習(冷凍)」を開催しています。各種とも国家試験と同じ科目(保安管理技術及び学識)の講義が実施され、法令を除く科目について後日「技術検定」が行われます。技術検定に合格すると、修了証(無期限有効)が交付され、国家試験では法令の1科目だけを受験することになります。
 ・講習会実施時期:年2回(2月頃/6月頃)
 ・会場:全国35ヶ所程度
 ・講習費用:電子申請:16,400円 ※別途テキスト代が必要
       書面申請:16,900円 ※別途テキスト代が必要
 ・免除対象科目:保安管理技術

●科目免除の講習会(計4日間)の内容
1.科目免除の講習を受講(3日間)
 ・講習:3日間(法令7時間/保安管理技術14時間)
 ・技術検定:1日間
2.講習最終日の科目試験に合格し、講習修了証を発行してもらう
3.国家試験の受験申し込みの際に、講習修了証を添付して申込申請
4.国家試験を「法令」の1科目だけで受験
発行された講習修了証に有効期限はないので、国家試験はどのタイミングで受験しても科目免除が受けることができます。
※日程や講習場所は、地区ごとに異なりますので高圧ガス保安協会のHPで確認をしてださい。

◆冷凍機械責任者資格試験に関する情報
・第一種冷凍機械責任者は社会保険労務士試験の受験資格に該当。
 

試験方式

・試験の種類
「講習会検定試験」と「国家試験」による受験の2種類があります。
どちらも「法令」「保安管理技術」「学識」の3科目が課されます。尚、冷凍三種には応用化学や機械工学の学識科目がありません

・試験方法
 3科目共に択一式。第一種のみ学識が記述式となっています。
・試験時間
  法令:1時間
  保安管理技術:1.5時間
  学識:2時間(第一種・第二種のみ)
・合格の基準点
  法令・保安管理技術ともに「満点の60%程度」

※講習会検定試験について
講習会検定試験は各種資格とも講習が実施され、後日に法令を除いた2科目に対して「検定試験」を行い、2科目両方に合格した人のみ国家試験で「保安管理技術」「学識」の免除となります。
その後、国家試験で法令に合格すれば資格取得となります。

受験資格

・受験資格に特別な定めはありません。実務経験がない方でも、誰でも受験が可能です。

試験科目

●試験科目として「保安管理技術」・「法令」・「学識」が課されます。
 ※第3種には「学識」はありません

・第一種
 1.高圧ガス保安法に係る法令
 2.冷凍のための高圧ガスの製造に必要な高度の保安管理の技術
 3.冷凍のための高圧ガスの製造に必要な通常の応用化学及び機械工学
・第二種
 1.高圧ガス保安法に係る法令
 2.冷凍のための高圧ガスの製造に必要な通常の保安管理の技術
 3.冷凍のための高圧ガスの製造に必要な基礎的なの応用化学及び機械工学
・第三種
 1.高圧ガス保安法に係る法令
 2.冷凍のための高圧ガスの製造に必要な初歩的な保安管理の技術 

スケジュール

・試験実施
  毎年11月の第二日曜日(年1回)
・申込み方法
  インターネットと書面があり、必要書類を添えて高圧ガス保安協会に申込みます。

令和3年度高圧ガス製造保安責任者試験等実施日程
 (冷凍機械責任者・液化石油ガス設備士)
 ・試験日
   令和3年11月14日 午前9時30分
 ・申込受付
  (電子申請)
  令和3年8月23日(月)午前10時~9月 8日(水)午後5時
  (書面申請)
  令和3年8月23日(月)午前10時~9月 6日(月) 当日消印有効
 ・合格発表
  第一種冷凍機械責任者(大臣試験) 令和4年1月26日(水)
  第二・三種冷凍機械責任者(知事試験) 令和4年1月5日(水)

試験会場

全国47都道府県 (各地の試験会場地図)

受験料

・第一種冷凍機械責任者試験
 ネット 12,700円
 書面  13,200円
・第二種冷凍機械責任者試験
 ネット 8,800円
 書面  9,300円
・第三種冷凍機械責任者試験
 ネット 8,200円
 書面  8,700円

※講習会受講の際には、受講料が別途必要です。

資格難易度

●難易度  
  第二種・三種  「C」  やや易しい

【資格の難易度レベル】
第一種~第三種で多少合格率は異なりますが、普通に全科目受験をした場合の合格率は30~40%程度になっています。
検定試験の内容は、冷凍一種に必要な知識量の目安は大学工学部卒業程度なので、難易度が高く、勉強方法は書籍以外の教材も考慮して、自分に合った方法を考える必要があります。
冷凍二種は工業高校卒業程度なので、冷凍三種は冷凍二種と比べると、出題される問題の難易度には大きな差はないようですが、幾分やさしいので、合格するのは第二種の方が難しいことは間違いありません。合格率も法令がない分、試験科目も少なくなり高くなってるようです。
試験科目では、中でも特に「保安管理技術と学識」の難易度が高いようですので、基礎からしっかりと勉強しておく必要があります。
設備系の難易度ランキングは、消防設備士甲種 ➡第三種冷凍機械責任者➡ 危険物甲種 ➡ 消防設備士乙種 ➡ 危険物乙種 ➡ 2級ボイラー技士 と考えていいでしょう。
尚、よく似た名称の「冷凍空調技士」があり、この資格は民間資格ですが、第一種冷凍空調技士は第二種冷凍機械責任者より難易度は高いです。

--------------------------------------------
・合格率 
 令和2年度冷凍機械責任者試験結果
 (二種)受験者数2,512名 合格者数785名 合格率31.3%
 (三種)受験者数7,541名 合格者数1,383名 合格率18.3%

※参考情報
・令和元年度冷凍機械責任者試験結果
 (二種)受験者数2,051名 合格者数551名 合格率26.9%
 (三種)受験者数7,908名 合格者数2,565名 合格率32.4%
・平成30年度冷凍機械責任者試験結果
 (二種)受験者数2,749名 合格者数907名 合格率33.0%
 (三種)受験者数7,768名 合格者数3,090名 合格率39.8%
・平成29年度冷凍機械責任者試験結果
 (二種)受験者数2,823名 合格者数846名 合格率30.0%
 (三種)受験者数8,120名 合格者数3,007名 合格率37.0%

●冷凍機械責任者の試験は、講習会による検定試験と国家試験で合格率が異なっています。講習会の検定試験(科目免除、法令だけを受験)は、冷凍一種から冷凍三種まで平均89%の合格率ですが、国家試験では平均35%前後の合格率となっており、国家試験の難易度が高くなっています。

年度 全課目受験 法令のみ受験
一種 H28~30年
平均合格率
36.8% 94.6%
二種 31.1% 86.2%
三種 37.2% 86.5%

受験対策・資格の将来性

冷凍機械責任者試験では、冷凍機の種類や原理、計算問題などが出題されますが、機械の動作も単純で種類も多くなく、覚えなければならない内容も簡単なので、難しそうに見えますが試験はそんなに難しい内容の試験ではありません。そのためか、年によっては引っ掛け問題のような出題もされています。

受験対策としては、二、三種とも試験科目を基礎からしっかりとテキストを使って勉強することが大切です。特に、各種の冷凍サイクルや図面・公式の意味などを十分理解しておくことが重要になります。その方法としては、公式テキストの内容をしっかり押さえて、過去問を十分にこなして、問題に慣れるということに尽きます。もちろん、その中には、出題されそうな計算式なども繰り返し解いて勉強しておくことも含まれます。
注意点は、第二種では引っ掛け問題があるので、過去問で十分に慣れるための演習をしておく必要があります。第三種のポイントは、毎年類似問題が多く出題されることです。そのため、その対策として、「2021年版 第3種冷凍機械責任者試験模範解答集」を使って、問題と解説を繰り返し学習しておくことが合格への近道になります。
また、試験対策の教材として学会が販売しているテキスト類を活用することも役立ちます。
 ➡冷凍機械責任者受試験用テキスト・問題集(日本冷凍空調学会)

受験対策で「講習会を利用する」という方法があります。講習会の内容は、上記の「試験概要」の欄に記載している通りですが、端的に言えば2科目の受験免除を受けるために、高い講習費用と3日間連続で1日7時間の講習を受講することをどう考えるかということです。
この試験にどうしても合格しなければならない人や、1人で勉強して合格する自信がない人などは、「少々のコストや労力をかけてでも2科目免除はメリットがある」と思うでしょう。現に、受講すれば合格するのは非常に簡単になります。一方、講習と同じ時間だけ勉強すれば合格できる可能性が高いと思う人は、「わざわざ長い時間と高いお金、労力をかけてまで講習に参加するメリットはない」と思うはずです。結局、受験する人によって、その思いは違うはずなので、個人個人で判断するしかないのではないでしょうか。

資格の将来性
冷凍機械責任者の有資格者には、企業などからの根強いニーズがあります。冷凍機械の保安に関わる業務が必要な業種では、冷凍機械責任者の取得を推奨している企業もあり、資格需要も比較的安定しているといえます。冷凍機械はビル、住居から食品工場、航空インフラ等まで広く活用されており、特に、ビルメンテナンス業界においては重宝される資格です。
また、キャリアアップやスキルの向上を考えている場合も、資格を取得しておくと大きなメリットがあります。企業によっては冷凍機械責任者の有資格者を優遇している所もあり、将来性が見込める資格の一つといえます。上位資格を目指すことのメリットは、活躍できるフィールドが広がる点にあります。冷凍設備には幅広い用途があり、第3種からさらに上位資格を取得できれば、より冷凍能力が大きな機械を扱えるようになり、活躍の場も広がります。冷凍機械責任者はキャリアの選択肢が豊富だという特徴があります。

※冷凍機械の保安業務に携わるだけであれば資格は不要ですが、責任者になるには資格が必須です。資格を保有していれば、責任者として幅広い経験を積むことができ、現場でも専門知識が役立ちます。昇進や収入アップにも、資格取得のメリットは決して少なくありません。

通信講座

-

スクール

・科目免除講習
  高圧ガス保安協会主催 「高圧ガス製造保安責任者講習(冷凍)」

過去問

2021年版 第3種冷凍機械責任者試験 過去問題集
2020年版 第3種冷凍機械責任者試験 過去問題集
2019年版 第3種冷凍機械責任者試験 過去問題集
第3種冷凍機械責任者試験 過去問題集 2018年版

 

教材

冷凍機械責任者試験教材一覧

【冷凍機械責任者試験 おすすめ教材】
初級冷凍受験テキスト
上級冷凍受験テキスト
第1・2種冷凍機械責任者試験模範解答集 2021年版

関連情報ページ

●試験関連情報
 -

●関連資格
高圧ガス製造保安責任者
液化石油ガス設備士

問い合わせ先

高圧ガス保安協会 
(本部) https://www.khk.or.jp/aboutus/head_office.html
〒105-8447
東京都港区虎ノ門4-3-13ヒューリック神谷町ビル
 TEL 03-3436-6100(代表)

(その他各支部の問い合わせ先)
 ➡ https://www.khk.or.jp/aboutus/location.html