資格名

DELF・DALF
・DELF(デルフ・フランス語学力資格試験)
・DALF(ダルフ・フランス語上級学力資格試験)

資格の種類民間資格
主催日本フランス語試験管理センター
資格の概要

「DELF・DALF」は、フランス国民教育省が認定した唯一の公式フランス語資格(ディプロム)で、一度取得すれば無期限有効、自分のフランス語の能力や知識を証明書として形にすることができます。また試験は日常的なフレーズが多く出題され、実用的な試験内容となっています。特にヨーロッパでは広く知られている資格試験です。試験はCIEP(国際教育研究センター)が認可した試験センターでのみ開催され、初歩的なフランス語から社会生活で通用するフランス語までの相互理解に役立つ能力を検定する資格試験です。

試験の種類とレベルについては、欧州評議会がヨーロッパの主要な言語に対しA1(初級)~C2(上級)の6つのレベルを設定しました。最近は大学付属や私立の語学学校でもこの統一基準のレベルのもとにクラス分けをしているところが増えています。語学学校の場合は、通常A1の下に入門者用のコースがあります。
【試験級】
(1)DELF Prim A1.1
(2)DELF Prim A1
(3)DELF Prim A2
※(1)~(3)は DELF Prim。「DELFプリム」は、小学校に通う、および/あるいは8歳以上12歳以下の学習者を対象とします。
(4)DELF A1 (ジュニア)
(5)DELF A2 (ジュニア) 
(6)DELF B1 (ジュニア)
(7)DELF B2 (ジュニア)
※(4)~(7)は DELFジュニア。「DELFジュニア」では、児童・青少年を対象としたテーマが出題されます。DALFにはジュニア版はありません。証明書はDELFと同じです。
(8)DELF A1 (一般):レベル 入門
(9)DELF A2 (一般):レベル 初級
(10)DELF B1 (一般) :レベル 中級
(11)DELF B2 (一般):レベル 上級
(12)DALF C1:レベル 自主的運用  
(13)DALF C2:レベル 熟練
※(8)~(13)はDELF・DALF 。最も一般的な資格試験です。

(免除規定)
・DELF B2またはDALFの取得者は、フランスの大学に登録するための語学試験を免除されます。
・DALF C1を取得するとフランスの大学の学部に入学する際に義務づけられているフランス語能力評価試験が免除されます。

試験方式

●試験方式
  筆記試験+口頭表現のみ面接試験
●合格基準試験
各レベルとも100点満点、50点以上が合格で各試験の25点中、5点に満たないと、合計が50点以上でも不合格になります。スペルのミスは1点減点です。

・DELF A1、A2、B1、B2、DALF C1
聴解(25点)、読解(25点)、文書作成(25点)、口頭表現(25点)で構成され、100点満点のうち、50点の得点で合格となります。また、各分野につき最低5点の獲得が必要です
・DALF C2
聴解・口頭表現(50点)、読解・文書作成(50点)で構成され、100点満点のうち、50点の得点で合格となります。また、各分野につき最低10点の獲得が必要です。

受験資格

●一般DELF・DALF:誰でも受験できます
●DELFジュニア:16歳以下、あるいは高校に在籍している方
●DELFプロ:誰でも受験できます。
●DELF Prim:小学校に在籍している、および/あるいは12歳以下の方

※受験制限はありません。
但し、フランス国籍の方は以下の例外を除いて受験することはできません。
・出身地がフランス語圏以外の国であるフランス人
・フランス人向けの中等あるいは高等教育免状を取得していないフランス人

試験科目

●受験者は以下の4つの言語能力が問われます。
(1)聴解 (2)読解 (3)文書作成 (4)口頭表現

※DELF・DALF の試験問題は欧州語学検定協会が定めた国際規格に準拠しています。

◆難易度の基準(読解、聴解、文章作成、口頭表現)
〔DELF Prim A1.1 A1 A2〕基礎段階
〔DELF A1〕 基礎
〔DELF A2〕 初歩
〔DELF B1〕 効果的にマスターしているが限界がある
〔DELF B2〕 全般にわたり自主的に運用できる
〔DELF C1〕 優れた運用能力をもつ
〔DELF C2〕 非常に優れた運用能力をもつ

スケジュール

一般DELF・DALFは年に2回、基本的に春と秋に実施されています。

●試験実施(東京・神奈川)
【筆記試験】

 DELFA1・A2:①5月中旬頃 ②10月下旬頃
 DELFB1・B2:①6月上旬頃 ②10月中旬頃
   DELFC1:①5月中旬頃 ②11月上旬頃
 DELFC2:①5月中旬頃 ②10月下旬頃
【表現試験(口頭)】
 DELFA1・A2:①5月中旬頃 ②10月下旬頃
 DELFB1・B2:①6月中旬頃 ②10月中旬頃
 DELFC1:
  ①5月下旬頃
 (札幌、宮城、名古屋、京都、大阪、福岡のみ6月上旬頃) 
  ②12月上旬頃
 (札幌、宮城、名古屋、京都、大阪、福岡のみ11月上旬頃)
 DELFC2:①6月上旬頃 ②11月下旬頃
●出願手続き
 試験開始日の約6週間前に締め切られます。
 ※出願期間は、日本フランス語試験管理センター公式サイト及び、各試験センターのホームページ、大学や各種語学学校で配布されるリーフレット、NHKラジオ・テレビ講座テキストなどで告知されます。

2018年DELF・DALF試験日程
(一般・ジュニア )
 筆記試験日:2018年11月3日(土)、4日(日)
 申込期間:2018年8月25日(土)~9月29日(土)
※DELF・DALF 一般とジュニアの口頭表現試験日程は、試験センターによって異なります。
日程は下記にて確認ください。
http://www.delfdalf.jp/calendrier_jp.htm

試験会場

札幌、仙台、東京、横浜、名古屋、京都、大阪、福岡 
(全国に8箇所)日本国内での試験センター一覧

受験料
DELF A1.1 (Prim) 9,500円
DELF A1
(Prim, ジュニア, 一般)
9,900円
DELF A2 
(Prim, ジュニア, 一般)
11,000円
DELF B1
 (ジュニア, 一般)
13,000円
DELF B2
 (ジュニア, 一般)
15,000円
DELF C1 20,000円
DELF C2 22,000円
資格難易度

●難易度
 ・DELF A1:「D」 易しい
 ・DELF A2:「C」やや易しい
 ・DELF B1:「B」普通
 ・DELF B2:「B-上」普通の上位
 ・DELF C1:「A-下」やや難関
 ・DELF C2:「A」難関
●合格率
  非公開

【難易度レベル】
DELF B2の難易度レベルは、日本にいながらB2に合格するということは、大変なハードルの高さで、並大抵のことではないレベルと思っていいでしょう。本当に海外に留学したいとか、海外で活躍したいという気持ちが本物で強くなければ、学習が続けられなくなるくらいのハードさを覚悟しなければなりません。これはフランス語だからということではなく、どの資格も難易度「B」の上位に評価されるような資格はどれも同じです。

受験対策&
資格の将来性

「DELF・DALF」は、1985年から行われているフランス国民教育省認定のフランス語資格試験。
フランス語を母国語としない人のためのフランス語学力試験です。上級資格を取ると、フランスの大学入学の仏語能力試験を免除されたりする特典のあります。仏検と違い、世界160カ国で同じ試験が実施されており、全て共通レベルになっているため信頼が高いのが大きな特徴です。

DELFはレベル順に A1、A2、B1、B2と区別されており、さらに上のレベルのDALFのC1、C2と、6つのレベルに分けられています。前者が「DELF(デルフ・フランス語学力資格試験)」で、後者が「DALF(ダルフ・フランス語上級学力資格試験)」です。この試験はCIEP(国際教育研究センター)が認可した試験センターでのみ開催されています。
多くのフランス語学習者には、DELF・DALFに合格することが留学やフランス語圏の企業への就職に有利になることなどがあるため、ひとつの大きなモチベーションになります。

多くのDELF・DALF学習者が目標に考えるのが「B2」というレベル合格のようです。DELFのB2というレベルは、フランス語圏にある程度の期間留学した方でやっと合格するレベルなので、独学で、または日本だけでフランス語を勉強している学習者にとってはかなりハードルが高いと考えていいでしょう。B2に合格すると、フランスの大半の大学、大学院に入学できる資格を得られるだけあって、決して甘いものではなく、準備にもかなりの時間を費やさなければなりません。
仏検のレベルと比較すると分かりやすいかもしれません。(下表参照)見ればわかりますが、DELF B2は仏検の準1級と同じレベルなのです。
(仏検):(DELF/DALF)
1級  : DALF C1/C2
準1級 : DELF B2
2級  : DELF B1
準2級 : DELF A2
3級  : DELF A1
4級  : 該当なし 
5級  : 該当なし 

DELF・DALFは、かなり論理的な構成になっている試験なので、合格するためには最初に戦略を立てるのが良いと言われます。それはこう言うことです。
たとえば自分が読解と作文が得意であるとすると、「読む」で20点、「書く」で20点を取って、残りの2項目で10点を取れば合格できると考えます。このようにパートで構成された試験なので、自分がどのパートで点数を積極的に取りに行くかを明確に決めて勉強をすることが効果的なのです。
チャレンジすることを思い立ったその日から、とにかくフランス語を聞く週間をつけましょう。とにかく日常的にフランス語に触れることが合格への一番の近道になります。それと、スマートフォンやタブレットで効率よく単語検索をできる辞書アプリはかなり有用です。活用を試みるべきツールです。

DELF・DALFは、フランス国民教育省公認の唯一のフランス語資格です。一度取得すれば、無期限で有効です。ヨーロッパ言語共通参照枠(CECRL)が定めた6段階のレベルに沿って、自分のフランス語力を客観的に証明することができます。
フランスへ留学される方や外資系企業で活躍されたい方にもおすすめの資格で、特にフランスの大学への留学を考えている方には欠かせない資格です。

通信講座

主催者(日本フランス語試験管理センター)が推奨する通信・オンライン講座
「アンスティチュ・フランセ 日本」

 

スクール

主催者(日本フランス語試験管理センター)が推奨する通学講座
DELF・DALF試験対策準備講座」

 

オンライン学習

主催者(日本フランス語試験管理センター)が推奨する通信・オンライン講座
「アンスティチュ・フランセ 日本」

 

教材

DELF・DALF

売れ筋教材

-

問い合わせ先

DELF・DALF試験管理センター
URL: http://www.delfdalf.jp/accueil_jp.htm

アンスティチュ・フランセ関西―大阪
DELF・DALF試験管理センター
URL: http://www.institutfrancais.jp/kansai/examen-2/delfdalf/
〒530-0041 大阪市北区天神橋2-2-11
阪急産業南森町ビル9階
TEL: 06-6358-7391
FAX: 06-6358-7393

スポンサーリンク