裁判所事務官


資格名 裁判所事務官       ※試験名:裁判所職員採用試験
 資格の種類 国家公務員
資格の概要  裁判所事務官の採用は、総合職試験と一般職試験の2つに分かれています。
総合職試験は、院卒者試験と大卒程度試験の2種類に分かれ、さらに 院卒者試験・大卒程度試験ともに、「法律・経済」・「人間科学」の2区分に分かれます。
一般職試験は、大卒程度試験と高卒者試験の2種類の試験となっています。
裁判所職員採用試験概要

裁判所事務官に採用されると、全国の家庭裁判所、高等裁判所、最高裁判所に勤務し、裁判の円滑な運営のための業務に従事することとなります。主に総務課、人事課、会計課といった事務局や民事部、刑事部、家事部及び少年部といった裁判部に配置されます。事務局に配置された裁判所事務官は、適正迅速な裁判を実現するため人や設備などの面で裁判部門を支援する事務を担当することになります。裁判部に配置された裁判所事務官は、裁判所書記官の補助者として各種裁判事務を担当することになります。
なお、裁判所事務官として一定期間勤務すると、試験を受けて裁判所書記官となる道も開かれています。

裁判所事務官として働くには、裁判所事務官採用試験に合格する必要があり、大学卒業程度、又は高校卒業程度の学力が求められます。合格すると、最高裁判所、高等裁判所がそれぞれ欠員のある裁判所に対して、合格者本人の希望勤務地や採用試験の成績等を見た上で推薦し、各裁判所から採用の意向があった場合に内定となります。
試験方式  詳しい内容はこちらのサイトで確認ください。
裁判所職員採用試験概要
受験資格  ・総合職試験
院卒者試験:30歳未満であり、大学院修了者および修了見込み者
大卒程度試験:21歳以上30歳未満(21歳未満で大卒および卒業見込み者も受験可)
・一般試験
大卒程度試験:21歳以上30歳未満(21歳未満で大卒および卒業見込み者も受験可)
高卒者試験 :高校卒業見込み及び卒業後2年以内のもの(中学卒業後2年以上5年未満のものも受験可能)

   ※詳しい内容はこちらのサイトで確認ください。
    ⇒裁判所職員採用試験概要
 試験科目  詳しい内容はこちらのサイトで確認ください。
    ⇒裁判所職員採用試験(総合職、一般職大卒程度)の概要
スケジュール  平成29年度裁判所職員採用試験日程
試験会場  詳しい内容はこちらのサイトで確認ください。
    ⇒裁判所職員採用試験(総合職、一般職大卒程度)の概要
受験料  無料
資格 難易度  ・難易度: S 「超難関}    
・合格率 平成28年度 裁判所職員採用試験結果

【平成24年度以降】
・平成25年度 裁判所職員採用試験申込者数(大卒程度)は、15,631名でした
   受験対策
 &
資格の将来性
裁判所事務官試験は、どの区分も非常に高い倍率となっています。一般職試験は、総合職試験よりも難易度は若干低めですが、それでもかなりの倍率です。試験そのものの難易度、受験者数の多さなどが重なり、かなりの難関試験になっていることは間違いありません。
試験では、法律の専門知識はもちろん、裁判を効率的かつ円滑に行うためにさまざまな専門的な知識が必要となります。試験自体の内容も、法律知識はもちろん、人間性、適性、一般常識も求められます。更に総合職になると政策論文、人物試験(集団討論や個別面接)もありますので総合的な対策が求められると言えます。
通信講座   国家公務員一般職(大卒程度) 通信講座一覧
通学スクール   国家公務員一般職(大卒程度) 通学スクール・講座一覧
教材
問い合わせ先  国家公務員採用情報ナビ   http://www.jinji.go.jp/saiyo/saiyo.htm#
 
HOME


Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved.