資格名

日商簿記検定

資格の種類民間検定試験
主催日本商工会議所
資格の概要

簿記検定は、簿記に関する基礎知識、実務、計算の能力を判定するための検定試験です。簿記は、会社の資金や利益の管理など、ビジネスの基礎的な知識が身に付くことから、今では経理担当者だけでなく、すべての社会人に必須の知識として評価されています。その簿記検定試験の中で一番知名度の高いのが「日商簿記検定」です。この検定試験は、商工会議所法の規定に基づき日本商工会議所および各地商工会議所が実施する検定試験のうち、簿記に関する技能を検定するものを指します。受験級が1級から4級まであり、一般には3級から受験することがほとんどです。企業人なら、会社の数字が分かることは基本条件と言えます。簿記検定は好不況の影響を受けない資格で、国家資格と並び権威があります。他の専門技術と比較しても、短期間で知識の習得が可能で、応用範囲も広い特徴があります。将来性や安定性の面でも有利な知名度No1の資格と言えるでしょう。
※1級合格者は、税理士試験の受験資格が得られます。
(級別のレベル)
・4級:入門レベル。勘定科目に仕訳でき、複式簿記の仕組みを理解している。
・3級:基礎的な商業簿記、原理、記帳、決算などに関する初歩的実務を理解している。
・2級:初歩的な原価計算などを含む、高校程度の商業簿記と工業簿記を理解している。
・1級:大学で学ぶ程度の商業簿記と工業簿記、原価計算、会計学の他、財務諸表規則や企業会計に関する法規を理解している。



※参考
このページでは、「簿記」を「日本商工会議所(日商)」の簿記検定について書いていますが、簿記検定には日商簿記以外に「全経簿記」という簿記検定があります。もちろん同じ「簿記」の検定なので、日商の勉強をそのまま活かせますので全経の簿記も取っておくと役立ちます。「全経簿記」は全国経理教育協会が主催する簿記能力検定試験のことを言います。
一番の違いと言えば「出題」です。日商の場合は、出題される問題が毎回違い、また問題の難易度にムラを感じますが、全経の場合は広範囲から出題され、過去問から出題傾向をつかみやすい特徴があります。そのため、勉強をすればするほど得点を獲得できる試験になっています。
◆「日商簿記検定」と「全経簿記能力検定」
「日商簿記検定」は、日本商工会議所が主催する検定試験で、年間60万人以上が受験することから、簿記検定試験の中で抜群の知名度を誇っています。「全経簿記能力検定」は、全国経理教育協会主催の検定試験で、上級から4級までが実施されています。受験できる級が多いので、着実なステップを踏みながら、レベルアップできることが特徴です。また、上級は日商簿記1級と並び簿記検定試験の最高峰とされており、合格すると税理士試験の受験資格が付与されます。

◆ 簿記検定試験関連情報
簿記検定に「初級」試験が新設されることが日本商工会議所より発表されました。
「初級」試験は2017年度より実施されます。初級試験は簿記の初心者を対象としたネット試験で、簿記の基礎知識などが問われる内容になる予定です。また、これに伴い、現在実施されている「4級」は2016年度をもって終了となりました。

※商工会議所「簿記検定は、第143回(平成28年6月)の試験から、出題区分表の改定などで変更されます。
(平成28年度以降の簿記検定試験出題区分表の改定等について)で確認ください。

試験方式

●筆記試験形式で、簿記用語(勘定科目等)や計算した数値を実際に記入していきます。
※使用する筆記具は、HBかBの黒鉛筆、シャープペンシル、消しゴムに限定されています。
※電卓などの計算機具は使用可能。 
・試験時間:
 1級(3時間)
商業簿記・会計学/90分 工業簿記・原価計算/90分 計180分
 2級(2時間)
商業簿記・工業簿記 120分  
 3級(2時間)
商業簿記 120分 
・配点:
 1級 各科目25点の合計100点
 2級 商業簿記60点 工業簿記40点 合計100点
 3級 商業簿記100点
・合格基準:
各級とも100点満点で70点以上が合格。
 1級 4科目合計が70点以上かつ1科目40パーセント以上
 2級 2科目合計70点以上
 3級 70点以上
・合格基準
1級:1科目40%以上、総計70%以上の得点率で合格となります。
2級~3級:70%以上の得点率で合格となります。

受験資格

学歴・年齢・性別・国籍に制限はありません。
※2級、1級からの受験や、2と1級、3と2級を同日に受験することも可能です。

試験科目

●1級: 商業簿記・会計学 工業簿記・原価計算 
●2級: 商業簿記・工業簿記 5題以内(初歩的な原価計算を含む)
●3級: 商業簿記  5題以内

スケジュール

●試験日
 ・3~2級
2月第4日曜日、6月第2日曜日、11月第3日曜日
 ・1級  
6月第2日曜日、11月第3日曜日※午前(3級・1級)と午後(2級)に分かれて実施されます。従って、3級と2級、2級と1級はダブル受験ができます。
※全国統一日程で年に3回(6月、11月、2月)実施されますが、2月は2級以下のみの実施です。
※申込みは各地商工会議所で受け付けますが、その日程は統一されていません。
  (試験日の約2ヶ月前に、受験希望地の商工会議所に確認してください)
※試験当日は、氏名、生年月日、顔写真を確認できる身分証明書を持参する。

※2018年度日商簿記検定試験日程(第149回・150回・151回試験)
(第150回試験)
・試験日:平成30年11月18日(日) 
・受験申請受付:平成30年9月4日(火)~10月5日(金)
・成績発送:2級・3級 平成30年12月21日(金) 1級 2019年1月11日(金)

試験会場

各地区の商工会議所(申込時に指定する会場)     
商工会議所検定試験情報検索サービス

受験料

・3級 2,570円   
・2級 4,630円   
・1級 7,710円(消費税を含む)

資格難易度

●難易度 
1級 難関「A」 2級 普通「B」 3級 やや易「C」 
●合格率 
平成29年11月第147回簿記検定試験結果 ⇒詳細
 ・1級 受験者数1,424名 合格者数152名 合格率10.7%
 ・2級 受験者数7,325名 合格者数3,514名 合格率48.0%
 ・3級 受験者数12,780名 合格者数6,347名 合格率49.7%

※参考データ
・平成28年2月第142回簿記検定試験結果
  合格率 2級14.8%  3級26.6%  
・平成27年11月第141回簿記検定試験結果
  合格率 2級11.8%  3級26.1% 

【資格の難易度レベル】
「簿記検定」には、日本商工会議所主催の「日商簿記検定」と、全国経理教育協会(全経)主催の「簿記能力検定」がありますが、簿記検定間の難易度比較をある程度把握しておくこともいいと思います。一般的には、「日商簿記3級」<「日商簿記2級」<「全経簿記上級」<「日商簿記1級」と考えて臨めば良いでしょう。さらに、「全経簿記上級」と「日商簿記1級」を比較すると、試験の出題範囲はほぼ同じで、覚えることはかなり多いことは共通しますが、全経簿記上級は日商簿記1級よりもスタンダードな問題が多く、過去問関連の出題率も高いようです。従って、そういう意味からは試験対策はやり易いと言えます。難易度的には日商簿記1級の難易度よりも1ランクほど落ちるかな、という感じです。

受験対策&
資格の将来性

簿記の知識は、現在や将来の利益を計る財務諸表や企業会計の法規を理解し、経営管理・経営分析を行うための基礎技能であり、経理事務や財務会計部門に限らず重要です。多くの企業が、簿記検定を自己啓発として取得を奨励する理由は、この技能がさまざまなビジネスシーンで活用できるからに他ありません。この資格を採用の判断材料に活用している企業も多く、就職や転職、再就職には役立ちます。
 ●1級 
税理士、公認会計士の登竜門。1級の合格率は10%前後の難関。税理士や公認会計士への入り口となるもので財務諸表や企業会計などの法規についても勉強することになります。取得すれば、知識を活かして財務部門において企業の 経営・会計指導面でスペシャリストとして活躍でき、また中小企業診断士などへステップアップも狙えます。さらに独立開業も可能です。
試験では、2級の試験範囲にさらに会計学と原価計算が加わり、さらに、試験科目合計70点以上で4科目のうち1科目でも10点未満があった場合、足切りとなって合計70点以上であっても不合格となるなど難易度も一気に高くなります。難易度レベルは、高校生ではほとんど無理で、大学生で取れるかどうかのレベルと考えてよいでしょう。
試験対策では、1級は傾斜配点で採点され、各問題ごとに得点の比重を変えて合計されるため、極論を言えば、難しい問題には時間をかけずに、他のやさしい問題で確実に点数が取った方が点数が伸びることになり、結果、有利になります。また、得意科目を特化するより苦手科目を克服する勉強の方が点数の伸びが大きくなるのでお薦めです。
1級は試験が年2回行われますが、6月の試験より11月の試験の方が受験生の合格率が低くなる傾向があります。理由は、11月の検定試験では、公認会計士の勉強を始めて1年目の受験生が、この試験を受けるからです。
●2級  
2級と1級とは難易度の差は桁違いですが、 2級からはメジャーな資格と言え、経理系の仕事に就くときは、必須資格となっています。この資格の最大の特徴は、2級以上を取得していれば、この資格だけでも事務関係の仕事はできるということ、また持っていると、一般企業に就職しやすいこと、そしてさらに1級をめざし、税理士、公認会計士、中小企業診断士等を目指せるということです。試験対策は、簿記の勉強は初めてで2級を目指すならば、通学や通信講座を利用することを考える必要があります。2級は3級を取得していれば、独学で十分取得が可能ですが、簿記3級の基礎知識がない人にとって、いきなり2級の学習から入るののは、かなりハードルが高いでしょう。それでも、どうしても独学で、という人は、1日の勉強時間にもよりますが、合格レベルに達するのに早い人でも独学なら3ヶ月以上はかかることを覚悟しなければならないでしょう。目安として、合格するまでにかかる勉強時間は、個人差はありますが200時間程度です。
勉強手順は、商業簿記から入るのが一般的です。理解しやすいのもこちらです。工業簿記は初めての人には理解しづらい科目ですが、解法パターンが載っている参考書を見ながら過去問を解いていき、解法パターンを覚える勉強方法がいいでしょう。
2級を習得できれば、どこでも通用する資格です、転職やキャリアアップの切り札にもなり、収入や評価面でもプラスになるでしょう。特に女性の再就職、スキルアップには最適の資格です。※(参考データ)
試験合格者が使用した教材を調べた結果、多かったのが「日商簿記2級 プラス8点のための問題演習  」と「サクッとうかる日商2級工業簿記 テキスト  」でした。
●3級 
3級は、商業簿記に関する基本的な理解を問う試験で、独学でも十分取得可能なレベルの試験です。3級は社会人ならば最低でも身につけておきたい基礎中の基礎といえるでしょう。会社の経理業務には不可欠で、経理・会計等の仕事に就くのであれば、持っていなければならない資格。知らないほうが恥ずかしいというくらいのレベルです。できれば最低でも2級は必要です。
簿記3級の試験は、他の級と比べても受験者数は多く、全国で約8万人が3級を受験しています。 合格率は40~50%で、資格試験の中では、比較的易しく、かなり一般的な部類に入る検定試験です。一般的に、初学者は3級から受験することがほとんどです。専門学校でも3級が初歩レベルと位置づけています。試験対策は、簿記3級だけを目指すのなら、市販のテキストで独学をしても十分です。独学で合格した人の平均的な学習期間をみると、優秀な人で1~3ヶ月。普通は大体3~6ヶ月位で簿記2級の合格レベルに達しています。
また、毎年3級の第1問では必ず仕訳問題が出題されています、また過去問に類似した問題が出題されることも多く、試験対策としては過去問をできるだけたくさん解いておくことが最重要対策になります。
●簿記検定全般
短期合格を目指す場合は独学はお勧めできません。また最終的に日商簿記1級まで目指すのであれば、 2級や3級から資格スクールの講座を受けた方が早道です。 独学などより分かりやすさは段違いです。また、基礎の3級からから2級までを確実に習得し理解できていないと、 1級は非常に難しくなるからです。
試験対策は過去問重点の勉強法がお薦めです。過去問を解き続けていると、試験問題出題者の意図がわかるようになってきます。予想問題集がたくさん発売されていますが、予想問題でいくら良い点数をとっても、過去問ができなければ、本試験でも良い点数を取るのは難しいことになります。従って、過去問を解答と照らしあい、確認しながら数多く解く練習をした方が力がつくことは間違いありません。



※その他(1)
・簿記検定は、日本商工会議所、日本経理学校連盟、日本商業高校連盟の3団体が主催していますが、試験の難易度は難しい順に「日本商工会議所」→「全経」→「日本商業高校連盟」の順が一般的ですが、「全経」と「日本商業高校連盟」の2つはそれほど差がないと考えてよいでしょう。ただ、受験者が多く、実力を証明する力にすぐれている検定は日商簿記です。
また、「日本商工会議所」と「全経」の違いについては、主催者が違うだけで本質的には変わりません。日商簿記1級と全経簿記上級が同格扱いとなり、共に税理士試験の受験資格になります。
ただ全経上級では記述式の問題形式も多く、出題傾向も異なるため、試験対策は試験別に必要です。
また全経1級は、会計又は工業簿記のどちらか合格してから、3回以内にもう一方の科目を合格すると、1級の合格が認定される科目合格制を採用しています。試験のレベルは日商2級とおおよそ同レベルです。
全経2級から4級までは工業簿記は出題されませんが、難易度レベルでは日商3級と全経2~3級は大体同じ位のレベルと考えてよいでしょう。
※その他(2)
持っていた資格の中で「一番役に立った資格No1」に選ばれたのがこの「簿記検定」です。たとえば、会社には事務系の仕事が多く、会計も任されるようになったとか、数字を使えば立場関係なく主張できる、また提案時やお客さまの財務状況を確認するときに役に立った。就活時も転職時も、これがあれば取りあえず面接まではいける。などの実体験が「役立った資格No1」に選ばれた理由のようです
※その他(3)
簿記検定を取得できれば、その知識を応用して「ビジネス会計検定」の取得にチャレンジできます。また、さらにステップアップを考える人には、公認会計士や税理士などの上位の会計資格へのチャレンジをお勧めします。そうすれば、昇進や独立のチャンスが一気に広がります。また、簿記の力をつけると、社労士や中小企業診断士などの難関資格の取得もしやすくなるメリットもあります。

通信講座

TACの簿記検定通信講座

スクール


資格の学校TAC<簿記検定>各種コース



大栄の「日商簿記講座」

 

オンライン学習

簿記



教材

簿記検定

売れ筋教材

「簿記検定」資格本のAmazon売れ筋ランキング一覧

問い合わせ先

全国主要都市の商工会議所  http://www.kentei.ne.jp/
     TEL 03(5777)8600(検定情報ダイアル)

スポンサーリンク