資格名

地域限定保育士
※正式名称:国家戦略特別区域限定保育士

資格の種類国家資格 
主催厚生労働省  試験の実施:社団法人全国保育士養成協議会
資格の概要

「地域限定保育士」とは、全国で実施される通常の保育士試験とは別に、特定の地域で実施される「地域限定保育士試験」に合格することで授与される資格を言います。
平成27年通常国会で成立した「国家戦略特別区域法及び構造改革特別区域法の一部を改正する法律」により、資格取得後3年間は当該自治体内のみで保育士と して働くことができ、4年目以降は全国で働くことができる「地域限定保育士」となるための試験実施が新たに創設されました。
地域限定保育士試験の合格者は、地域限定保育士として登録後、3年間は受験した自治体のみで保育士として働くことができます。そして地域限定保育士の登録を行ってから3年を経過すれば、4年目から全国で「保育士」として働くことができるようになります。
この試験は、全国で行われる試験に加えて、平成28年度に2回目の試験として実施されます。

※2015年度は神奈川県・大阪府・沖縄県・千葉県 (成田市)で地域限定保育士試験が実施されました。
※地域以外に住んでいる人でも受験は可能です。
※「幼稚園教諭免許所有者において筆記試験科目が全て免除になる方」を対象とした受験申請は、後期実施分の受験申請時期(7月)になりますので注意ください。

◆ 地域限定保育士資格関連情報
・厚生労働省は2016年10月から国家戦略特区で行う地域限定保育士の試験について、都道府県が用意した講習を受ければ実技試験が免除される仕組みにすることを決めました。創設された特区の地域限定保育士試験は大阪府などで実施されていますが、保育士試験を受けやすくすることで保育士を確保するのが目的です。 
地域限定保育士試験は大阪府などの国家戦略特区で受験し、合格者は受験した自治体で保育士として働けます。さらに登録から3年働けば、全国で働けるようになります。
尚、保育士試験には筆記試験と実技試験があり、実技試験はピアノの演奏など保育士として働くのに必要な技能を審査することになっていますが、2016年10月からは都道府県が用意した講習を受ければ実技試験を受ける必要がなくなることも決まりました。



試験方式

●一次試験(筆記試験)
  全科目マークシート式出題で、5者択一の問題
※全科目とも合格ラインは大体6割以上とされています。
●実技試験
  筆記試験に合格した人のみ実技試験を受けることができます。
※実技試験は一般保育・言語・音楽・絵画製作のうち、3つ選択し、その3つの中から2科目を自分で選びます。
各科目50点満点で、6割以上が合格ラインです。

受験資格

通常の保育士試験と同じ扱いとなります。

(参考):保育士試験の受験資格
下記いずれかの条件を満たす必要がります。
(1)短大卒程度以上の者(ただし、平成3年3月31日までの高卒者などは、高校卒業以上なら受験可能)
(2)高校を卒業した後、児童福祉施設で2年以上かつ2880時間以上、児童の保護に従事した人
(3)児童福祉施設で5年以上かつ7200時間以上、児童の保護に従事した人

※詳しくは「受験資格詳細」で確認ください。

試験科目

【出題範囲】 保育士試験出題範囲

●【筆記試験】
試験1日目:
「保育原理(60分)」 
「教育原理(30分)・社会的養護(30分)」 
「児童家庭福祉(60分)」 
「社会福祉(60分)」
試験2日目:
「保育の心理学(60分)」
「子どもの保健(60分)」
「子どもの食と栄養(60分)」
「保育実習理論(60分)」
●【実技試験】実技試験は、保育実習実技について行われます。
幼稚園教諭免許所有者を除く、筆記試験全科目合格者のみ実施。
下記3分野から、2分野を選択
・音楽表現に関する技術
・造形表現に関する技術
・言語表現に関する技術
※通常の保育士試験で合格した科目については、地域限定保育士試験においても免除されます。
また、地域限定保育士試験で合格した科目も、次回以降の保育士試験において免除できます。

スケジュール

平成30年(前期・後期)保育士試験の案内  
【前期試験】 
 【筆記試験】平成30年4月21日(土)、4月22日(日)
 【実技試験】平成30年7月1日(日)
【後期試験】 
 【筆記試験】平成30年10月20日(土)、10月21日(日)
 【実技試験】平成30年12月9日(日)

※幼稚園教諭免許状所有者等対象
幼稚園教諭免許状所有者等において、保育士資格取得特例等により筆記試験科目が全て免除の方に限り、下記のとおり、4月と10月に受験申請期間が設けられています。
(1)平成30年4月16日(月)~4月27日(金)
       ※ 受付は終了致しました。
(2)平成30年10月15日(月)~10月26日(金)当日消印有効まで
       ※ 「受験申請の手引き」請求方法等の詳細はこちら

平成31年度保育士試験日程

試験会場

【過去の試験会場】
平成27年:神奈川県・大阪府・沖縄県・千葉県
平成28年:大阪府・仙台市
平成29年:大阪府・神奈川県
平成30年:大阪府・神奈川県
※平成31年度は未定

通常の保育士試験を受験せず、地域限定保育士試験のみ受験したい方
詳細が決まり次第、一般社団法人 全国保育士養成協議会HPなどで告知される予定です。尚、申込み開始から締め切りまでの期間が短くなる可能性がありますので要注意です。
   詳しくはこちらのページを確認してください。

受験料

12,905円  
内訳:12,700円 + 払込取扱票(受験の手引き)郵送料

資格難易度

●難易度  
  「B」普通
●合格率  
  平成29年度保育士試験(前期・後期)実施結果⇒詳細
   前期試験結果(全国):平均合格率 18.9% (受験者数29,556名 合格者数5,594名)
   後期試験結果(全国):平均合格率 24.2% (受験者数31,560名 合格者数10,412名)

※参考データ
・平成28年度保育士試験(前期・後期)結果
前期試験:平均合格率 22.0% (受験者数35,455名 合格者数7,817名)
後期試験:平均合格率 29.5% (受験者数35,255名 合格者数10,412名)
・平成27年度保育士試験結果 平均合格率 34.3% (受験者数67,504名 合格者数23,165名)
・平成26年度保育士試験結果 平均合格率 19.3% (受験者数51,257名 合格者数9,894名)

受験対策&
資格の将来性

「地域限定保育士」には、現在年1度実施されている保育士試験とは別に、特区で年1度実施される地域限定保育士試験に合格することで資格取得できる制度ですが、試験は通常の試験で合格した科目(単位)は合算することができたり、また通常の試験と地域限定保育士試験の両方を受験することもできることなどあり、通常の保育士試験と同じレベルで、同程度の難易度の試験になっています。
ちなみに、神奈川県の場合の平成29年度地域限定保育士試験の結果では、合格率19.3%(受験者数1,439名 合格者数278名)でした。

「地域限定保育士」に関する情報は、こちらのサイトで確認ください。

通信講座

保育士 通学スクール・講座一覧(資料請求)

スクール

保育士講座

オンライン学習

-

教材

保育士

売れ筋教材

-

問い合わせ先

一般社団法人 全国保育士養成協議会 保育士試験事務センター 
 TEL 0120-4194-82  shiken@hoyokyo.or.jp

神奈川県(http://www.pref.kanagawa.jp/)
大阪府(http://www.pref.osaka.lg.jp/)
沖縄県(http://www.pref.okinawa.lg.jp/)
千葉県(http://www.pref.chiba.lg.jp/)
厚生労働省(http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/hoikushi/)

スポンサーリンク