資格名

TOPEC 看護英語試験

資格の種類

民間試験

主催

特定非営利活動法人 プロフェッショナル イングリッシュ コミュニケーション協会

資格の概要

TOPECを主宰するプロフェッショナル イングリッシュ コミュニケーション協会(IPEC)は、日本の医療現場で基本業務を英語を使ってできる看護師の養成を目的に、看護学生や看護師向けに実践的な英語コミュニケーションが身につく看護英語プログラムを提供していますが、そのコースではプライベートレッスンや、在宅で学べるオンラインコース、実践セミナーなどの他、「TOPEC 看護英語試験」が実施されています。TOPEC看護英語試験は、IPECが実施する「職業分野別英語コミュニケーション試験」の看護分野の試験です。
この試験は、看護師や看護学生、その他医療従事者向けに開発された IPEC 看護英語オリジナルテキスト「Nursing English in Action」を学習された方々を対象として、日本の医療現場において、基本的な看護業務を英語で運用できる能力を測定する英語試験になっています。試験の合格者には合格証書が発行されます。

※試験の対象者
 ・看護師・看護学生・その他医療従事者
 ・IPEC看護英語オリジナルテキスト「Nursing English in Action」を学習された方々

スポンサーリンク



試験方式

●試験形式
  ・多肢選択問題(解答を選んで番号を記述する)
  ・ブランク部に英単語を記述する問題
●試験時間
   合計60分
●出題数と試験時間
1)Nursing Vocabulary & Grammar
  問題数:多岐選択問題 20問 試験時間:12分 
2)Nursing Knowledge & Skills
  問題数:多岐選択問題20問 試験時間:13分
3)Reading :
  問題数:多岐選択問題8問  試験時間:15分 
4)Writing :
  問題数:穴埋め問題20問  試験時間:10分 
5)Listening :
  問題数:多岐選択問題8問  試験時間:10分 
●合格基準
 100点満点中、基本的には60点以上が合格。
※試験後、合否判定委員会において各試験問題の難易度などを統計的に審査した上で、最終的にその回の合格基準点が決定されます。

受験資格

●成人で医療英語勉強中の方、または医療資格保持者であれば誰でも受験できます。
※試験の対象者
 ・看護師・看護学生・その他医療従事者
 ・IPEC看護英語オリジナルテキスト「Nursing English in Action」を学習された方々

試験科目

1)Nursing Vocabulary & Grammar
  看護場面の一般的な語彙及び基本的な文法
2)Nursing Knowledge & Skills
  看護業務の基本的な専門用語 
3)Reading
  看護場面の会話文・説明文の理解
4)Writing
  看護場面の語彙・表現を記述 
5)Listening
  看護場面の会話文・説明文の理解 

スケジュール

・試験の実施:年2回(春季・秋季)

第4回TOPEC看護英語試験
・実施日時:2019年9月29日(日)10:00受付開始 10:30試験開始 12:00終了
・申込受付:2019年7月15日(月・祝)10:00 ~ 2019年9月13日(金)14:00締切
・試験結果:試験結果は試験の約1か月後に「スコアレポート」として届きます。

第4回TOPEC看護英語試験 対策講座
・実施日時:2019年9月8日(日)13:00-15:00
・開催場所:東京
・参加費用:12,000円(税込)※Practice Test・配布資料代が含まれます。

試験会場

・ILC国際語学センター東京校
・ILC国際語学センター大阪校
※ 本会場のほか、東京第2会場(江戸川区)、大阪会場(中央区)を予定

受験料

4,860円(税込)

資格難易度

難易度 
  「C」 やや易  

【資格の難易度レベル】
試験そのものの難易度は、参考にするデータが非公開で全くないため、IPEC看護英語オリジナルテキストを使って看護英語を習得している看護専門学校の偏差値等から評価しました。TOPEC EngineeringやTOPEC IT試験のレベルより難易度は1ランク低くなります。

--------------------------------------------
・合格率 
  受験人数(合格率)非公開
 ※評価は合否でなくスコア判定で行われます。
スコアレポートで自分の総合点(100点中~点)、各セクションの点数(20点中~点)、及び合格基準点を確認できます。TOPEC看護英語試験結果のスコアの有効期間はありません。

受験対策・資格の将来性

TOPECは専門的な職業分野において求められる英語のコミュニケーション能力や、現場で必要な専門用語などの能力を測定するのに特化した英語の検定試験です。現在はITとエンジニアリングの分野に対して試験が実施されており、自分に適した専門分野を選択できるようになっています。
基礎英語と専門分野別英語をバランスよく身につけることができる特徴があります。
看護英語を基礎から学びたい看護師や医療従事者、外国人患者の対応が必要な看護師・医療従事者
のほか、看護英語に興味のある人などに向いた試験です。
試験は、基本的にはIPEC看護英語オリジナルテキスト「Nursing English in Action」の学習習熟度を測る試験となっていますので、テキストを使って学習すれば、受験対策として効果が期待できると思います。

さらに基礎から看護英語を勉強し習得したい方には、IPECの看護英語がお奨めです。IPECでは看護師や医療従事者などのために、英語のレベルに合わせてスキルアップができるようにステップアップコースを用意しています。コースのステップには「セミナー」、「プライベートレッスン」、「オンラインコース」、「看護英語試験」があり、自分のステップアップに役立つようにどこからでも参加できるようになっています。このステップコースの最後になる「看護英語試験」にTOPEC看護英語試験が活用されています。

海外から日本に訪れる外国人数は増加し続けています。日本政府観光局の調査によると、訪日人数は年々増えており、毎年約2,500万人もの外国人が来日しています。それに比例して、医療・介護・福祉などメディカル関係の現場でも、これから英語を使ったコミュニケーションの必要性が高まるはずです。2020年の東京オリンピック開催により、急増する可能性のある外国人患者への対応も求められます。そういう状況の中で、医療従事者が外国語で意思疎通できない状態では、最適な処置を迅速に施せない事態も考えられます。医療英語を身につけておけば、将来、いざというときに必ず役立ちます。今からでも遅くないはずです。

医療英語の資格の中には、TOEICなどと同じようにリスニングやリーディングだけのものもありますが、実際の医療現場で必要となるのは、多くの場合、スピーキングやライティングも含めた英語力です。医療英語を学ぶための資格や試験はいくつかありますが、どのようなスキルを証明したいのかを考え、試験を選択することが大切です。

通信講座

-

スクール

協会が主催する「TOPEC看護英語試験対策講座」

過去問

-

教材

IPEC看護英語テキスト「Nursing English in Action」

「看護英語」関連教材一覧

売れ筋教材

-

問い合わせ先

特定非営利活動法人 プロフェッショナル イングリッシュ コミュニケーション協会
  〒107-0052東京都港区赤坂2-2-19アドレスビル2階  http://www.topec.org/
TEL:03-3568-1647
FAX:03-3568-3696
Email:contact@ipec.or.jp