経営学検定試験(マネジメント検定)


資格名 -     ※平成27年より「マネジメント検定」の呼称も使われています。
 資格の種類 民間検定試験    
資格の概要  経営学検定試験は、特定非営利活動法人「経営能力開発センター」が、日本マネジメント学会(旧称:日本経営教育学会)の協力を得て、全国主要大学の経営関係の教員で構成する「経営学検定試験協議会」を設立してスタート、平成23年より一般社団法人日本経営協会が実施・運営している試験です。

試験は、経営に関する基礎的・専門的知識やその応用能力としての経営管理能力や問題解決能力が一定水準に達していることを資格認定する検定試験。大学で経営学を学んでいる学生や、企業・官公庁・NPOなど各種の組織で活動している実務家に対して、経営に関する一定水準の学習目的とインセンティブを提供することを目的としています。
この検定試験は平成15年にスタートし、厚生労働省の若年者就職基礎能力支援事業認定試験にも指定されていることから、現在まで多くの大学や企業で利用され、多数のビジネス・パーソンなどが受験しています。 試験名が別名「M検」と呼ばれています。

試験の受験級は、初級、中級、上級1次の3種類があります。
グレード  対象  レベル 
 初級  学生・初学者 ・経営学に関する基礎知識を習得しているかを判定。
・短期大学・4 年制大学の2 〜3年生レベルの基礎知識。
 中級  ビジネスパーソン ・経営に関する知識と経営課題を解決する分析力を判定する。
・ビジネス・パーソンが身につけておくべき経営知識や問題解決力。
上級  経営幹部・幹部補 ・経営に関する専門的知識と実践的な経営技能の有無を判定。
・MBA レベルの経営知識と経営幹部としての実践的な経営能力。  

試験の内容は、初級が経営学の基礎、中級では経営に間する知識とその応用についての試験になりまです。尚、試験対策用の通信講座も準備されています。



◆経営学検定に関する情報
・2015年(平成27年)12月6日の試験より、中級の出題範囲と合格基準が変わりました。
 変更点
@試験範囲に「IT経営」と「経営法務」が加わりました。
A第1分野と第2分野の科目組み合わせが変わりました。
B合格基準に各科目とも40%以上の正解率が必要となりました。
C分野別再試験は平成27年12月以降に6科目受験された人のみになります(平成27年6月以前に4科目受験の人は分野別受験ができません)
試験方式 
 初級 ・マークシート式(四肢択一)
・問題50 問、試験時間90分/100点満点で、65%以上が合格です。
・合格基準:正答率65%以上
 中級 マークシート式(四肢択一)
・問題100 問、試験時間180分/200点満点
・合格基準:正答率65%以上で、かつ各科目の正答率が40%以上
上級 ●1次試験 
 ・記述式 試験時間:160分   合格基準:200点満点で65%以上
●2次試験 合格基準:300点満点で65%以上
 ・記述式 自宅で作成し、提出/作成期間:自宅で2週間
 ・パワーポイントを使用したプレゼンテーション(6人程度のグループ)/発表時間:1人10分程度
 ・上記グループでディスカッションを行う/時間:40分
(注1)中級合格者は、中級合格後の次の試験と、その次の試験の2回、上級1次試験の受験資格を得られます。
(注2)上級1次合格者は、合格資格が次回の試験とその次の試験まで有効です。
(注3)中級試験で第1分野または第2分野の得点が65点以上であれば、次回に65点に満たなかった分野のみ受験し65点以上を得点すれば中級合格になります。但し、有効期間は次回の試験1回に限ります。
受験資格  ・初級・中級は受験資格なし。上級は中級合格者が対象です。
 試験科目 【初級】
経営学に関する初歩的・基礎的知識を習得しているかどうかを判定します。
短期大学卒業生、4年制大学の2〜3年生レベルで習得しておくべき経営学の基礎知識が求められます。
(科目)
・企業システム
1)会社と経営 2)企業・会社の概念と諸形態 3)所有・経営・支配と経営目的 4)コーポレート・ガバナンス 5)日本型企業システムなど
・経営戦略
1)経営戦略の体系と理論 2)全社戦略 3)事業戦略 4)機能別戦略 5)経営戦略の策定と経営環境など
・経営組織
1)組織に関する基礎理論 2)経営組織の基本形態 3)企業組織の諸形態 4)組織の制度・管理・文化など   
・経営管理
1)経営管理の基礎理論 2)経営機能と管理機能,リーダーシップ,マネジメント・プロセス 3)経営計画 4)コントロールなど   
・経営課題
1)M&Aと買収防衛策 2)経営のグローバリゼーション 3)企業経営と情報化 4)企業の社会的責任(CSR)と企業倫理 5)環境経営など

【中級】
経営に関する専門的知識や経営課題を解決するための分析能力を習得しているかどうかが判定されます。
ビジネスパースンが通常身につけておくべき経営学に関する専門的知識や問題解決能力が求められます。
(範囲・科目)
経営に関する知識とその応用⇒詳細
(第一分野:マネジメント 人的資源 管理経営法務  ・第二分野:マーケティング IT経営 経営財務)

【上級】
経営に関する高度の専門的知識と、実践的な経営能力を有しているかどうかが判定されます。
経営学専攻の大学院生(MBA)レベルの専門的知識と、経営幹部として期待される実践的な経営能力が求められます。
・1次試験 経営に関するケーススタディ
・2次試験 
 1)マネジメント・ プランの作成(経営課題に関するレポート)
 2)マネジメント・プランについて プレゼンテーション
 3)グループ・ディスカッショ ン(上記2)のテーマで行う)
スケジュール  ・試験日:6月と11月の年2回
  中級、初級 @11月下旬頃 A6月下旬頃
  上級1次試験 12月上旬頃   2次試験  3月上旬頃


平成29年度経営学検定試験日程(初級 中級 上級1次)
(第29回初級試験)
・試験日:平成29年6月25日(日) 
・受験申請受付:平成29年4月1日(土)〜5月20日(土) 
 試験会場 ・初級・中級  札幌、仙台、東京、金沢、名古屋、大阪、福岡
・上級      1次試験 : 東京、大阪   2次試験 : 東京
 受験料 ・初級 4,700円   ・中級 6,800円 (1・2分野) 分野別試験 3,700円   ・上級 1次 8,400円  2次 28,000円
資格 難易度  ・難易度  初級「C」やや易  中級 「B」普通  上級 「A」難関
・合格率  2014年度経済学検定試験結果 ⇒ 詳細
   受験者数 合格者数  合格率 
 初級(第24回)  1,176名 523名  44.5% 
 中級(第23回)  456名 第1. 272名  第2.145名
第3. 204名 
第1. 64.2%  第2.32.2%
第3. 48.7%  
 上級(第10回)  1次16名  2次16名  1次13  2次10 1次81.3%  2次62.5% 


※参考データ
・2013年度経済学検定試験結果
   受験者数 合格者数  合格率 
 初級(第22回)  1,048名 502名  47.9% 
 中級(第21回)  438名 220名  50.2% 
 上級(第9回)  1次28名  2次19名  1次15  2次10 2次 52.6% 

過去試験の受験者数と合格者数
  受験対策
  &
資格の将来性
この検定試験は、経営知識を習得し、経営能力を磨きたい方には最適な検定試験と言えます。また、大学の経営学科の学生には必然的に学ぶこともでき、挑戦しやすい検定試験でしょう。 ただ、まだマイナーでネームバリューにも乏しいため就職、転職時には中級以上はほしいところです。社会人やビジネス・パーソンにとっては、キャリアアップのツールになります。

難易度的には、初級・中級は大して高くありませんが、上級はサラリーマンの資格としてはかなり実践的で難易度も高い。理論や学問的な内容を中心にしているため、実務にすぐに活かすのは難しいが、中小企業診断士などの国家試験と学習する内容が重複しているため、経営学の学習に活用することはできます。 中小企業診断士の試験対策で受験するなら、中級がちょうど良いレベルになるようです。他には販売士の養成指導などにも役立ちそうです。

初級の受験者は学生が多く、難易度だけで比較すれば、「ビジネス実務法務検定3級」や「ビジネスコンプライアンス検定(初級)」と同程度でしょう。学習時間も1ヵ月あれば合格は可能です。
試験対策は。出題に傾向があることも分かるため、とにかく過去問を解きまくることです。特に上級では、経営能力より読解力・文章力というような問題だ出題されます。
また、公式テキストから問題が出されているので、中央経済社より出版されている公式テキスト・過去問題集だけはキチンと押さえておくべきでしょう。テキスト外からも出題されますが、テキストをきちんと学習しておけば合格できます。
通信講座   ・協会主催のマネジメント力養成通信講座 ベーシックコース    アドバンスコース
通学スクール 協会の公開セミナー         ・協会主催の各種経営学講座
教材 
問い合わせ先  一般社団法人 日本経営協会  http://www.noma.or.jp/kentei/mqt/
〒151-8538 東京都渋谷区千駄ヶ谷3−11−8
    TEL:03-3403-1716
 
HOME


Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved.