インテリアプランナー


資格名 インテリアプランナー
 資格の種類 民間資格          主催 財団法人 建築技術教育普及センター
資格の概要  インテリアプランナーは、現在の多様化する生活様式やニーズに合わせて、社会、個人のニーズにあったインテリア空間を、「より高いレベルで」実現する知識と技術を有したインテリア設計の専門家です。
この資格は、昭和62年に国土交通省所管の建築技術教育普及センターによりインテリアの企画、設計、工事監理に携わる専門家の資格として創設されました。現在、全国で約1万5千人の有資格者が活躍しています。
インテリアプランナーの称号を得るには、建築技術教育普及センターが実施するインテリアプランナー試験に合格し、登録を行うことが必要です。インテリアプランナーの登録有効期間は5年間で、有効期間満了前にセンターが実施する「更新講習」を修了し、更新の登録を受けなければなりません。
※試験合格者は一定期間の実務経験を有することで、同センターの登録を受けたあと、「インテリアプランナー」の称号を得ることができます。

◆インテリアプランナー試験に関する情報

・2016年度から登録資格要件等も変わりました。主な変更点はこちらで参照できます。
・2016年度からインテリアプランナー資格制度が変更されます(以下の内容を確認ください)
@ファイルダウンロード 新規ウインドウで開きます。インテリアプランナー資格制度の変更について
Aファイルダウンロード 新規ウインドウで開きます。平成28年度インテリアプランナー及びアソシエイト・インテリアプランナー登録案内
Bファイルダウンロード 新規ウインドウで開きます。平成28年インテリアプランナー更新講習実施計画
Cファイルダウンロード 新規ウインドウで開きます。平成28年度インテリアプランナー試験実施計画

 
試験方式  ・試験は学科試験及び設計製図試験により構成され、設計製図試験の合格者がインテリアプランナーの合格者となります。

【試験方式】
・学科試験(2時間30分)
 出題数:50問
 出題形式:四枝択一式

・設計製図試験(6時間)
 ・出題内容:建築物における空間の使われ方、生活のイメージが判るようなインテリア設計
 ・要求図書の種類:設計主旨、平面図、断面図、展開図、天井伏図、透視図、一部詳細図、仕上表、 家具表 等のうち指定するもの
 ・設計課題の発表: 平成28年6月中旬頃に公表
受験資格  ・【学科試験】
  受験資格の制限はなく、誰でも受験できます。
・【設計製図試験】
  平成28年度の学科試験の合格者又は次に掲げる学科試験を免除される者に限り受けることができる。
@前4年度(平成24〜27年度)の学科試験の合格者
Aアソシエイト・インテリアプランナー
B建築士(一級・二級・木造建築士)

※経過措置
・旧制度の平成24年度から平成27年度の「学科試験」に合格した者で、それぞれの合格年度を含む5年度以内に実施される新制度の「設計製図試験」に合格した者は、新制度のインテリアプランナー試験の合格者とみなす。
・旧制度の平成24年度から平成27年度の「設計製図試験」に合格した者で、それぞれの合格年度を含む5 年度以内に実施される新制度の「学科試験」に合格した者は、新制度のインテリアプランナー試験の合格者とみなす。
 試験科目 【出題範囲】
・学科試験  
インテリア計画 インテリア装備  インテリア施工 インテリア法規 建築一般

・設計製図試験
・出題内容:建築物における空間の使われ方、生活のイメージが判るようなインテリア設計
・要求図書:設計主旨、平面図、断面図、展開図、天井伏図、透視図、一部詳細図、仕上表、家具表 等のうち指定されるもの。
スケジュール  ・試験日:(学科試験)6月中旬  (設計製図試験)11月中旬
・申込受付:(学科)3月〜4月
        (設計製図)9月始め〜9月末


平成29年度インテリアプランナー資格試験日程   
  「学科試験」 :平成29年 6月18日(日)
  「設計製図試験」: 平成29年11月19日(日)
  受験申込書の受付期間(学科):平成29年3月21日(火)〜4月21日(金)
試験会場  (学科試験)札幌・仙台・東京・名古屋・京都・大阪・広島・福岡・沖縄  9都市
(設計製図)札幌・仙台・東京・名古屋・京都・大阪・広島・福岡      8都市
受験料  「学科試験」 :9,720円(うち消費税額 720円)
「設計製図試験」 :16,200円(うち消費税額1,200円)
※インテリアプランナー登録手数料:新規10,000円  更新講習+更新手数料:20,000円
資格 難易度  ・難易度  「B」 普通
・合格率  平成28年度インテリアプランナー試験結果 ⇒詳細
         学科試験 合格率59.3% (受験者数491名 合格者数291名)
         設計製図試験 合格率28.3% (受験者数491名 合格者数139名)
         全体 合格率30.0% (受験者数507名 合格者数152名)


※参考データ
・平成27年度インテリアプランナー試験結果 
     学科試験 61.0%  設計製図試験 27.7%  全体 25.7%
      (最終合格者数109名  学科試験合格者208名 設計製図試験合格者112名 )
・平成26年度インテリアプランナー試験結果 
     学科試験 64.6%  設計製図試験 26.1%  全体 22.2%
      (最終合格者数103名  学科試験合格者246名 設計製図試験合格者116名 )
・平成25年度インテリアプランナー試験結果 
     学科試験 59.7%  設計製図試験 28.8%  全体 26.1%
      (最終合格者数105名  学科試験合格者206名 設計製図試験合格者109名 )   
 受験対策
 &
資格の将来性
インテリアコーディネーターとの違いがよく指摘される資格ですが、インテリアコーディネーターは室内の調度品などインテリア製品の販売(流通)を促進させるためのコンサルティングを重視してコーディネートを行うのに対し、インテリアプランナーはさらに建築・空間設計までに関わることに携わるため、インテリア計画、設計、監理などインテリアの専門的な知識も要求されます。そのため、インテリアコーディネーターが次に取りたい資格として注目しているのが、インテリアプランナーだと言われています。
◆ 「インテリアコーディネータ」と「インテリアプランナー」の違い
 インテリアコーディネーターは、家具やカーテンなどのインテリアを総合的にプロデュースし、理想の住まいを実現することを目的にしています。また試験は住宅やインテリアに興味のある人なら誰でも受験できます。
これに対して、インテリアプランナーは建築や製図、工事監理など、仕事に専門的な知識が求められ、試験に合格しても、資格所有者として登録するには学歴や実務年数などの条件をクリアしなければなりません。

独学で合格する人もいますが、何らかの形でスクールを活用する人が多いようです。独学での資格取得は、どちらかといえば、建築・インテリア業界の基礎知識がある人や有資格者、実務経験のある人におすすめの方法といえます。
試験問題を見ると、色彩・施工に関する問題では、色彩の問題や家具デザイナーの名前作品が出題されます。施工の問題では、建築施工に関する一般的な問題が出題されます。実務経験のある方でしたら、難しいことはないレベルです。また、法規に関する問題では、建築士試験のように法令集を持ち込むことができますので、受験前に過去問で繰り返し勉強しておくと良いと思います。
これらの学科試験は選択式問題でもあり、また過去問に類似した問題が多出する傾向もあるので、過去問題を入手して何度も繰り返し解くなど、本人の努力次第で、経験のない方でも合格できる可能はあります。

次に、設計に関する試験ですが、この試験は難関です。まずオリジナルなデザインが求められます。その他にも、設計趣旨や、インテリアデザインを求められたり、これらの部分パースを求められたりといろいろなことが要求され、無難な設計では合格は難しいでしょう。

この試験では頭の柔軟性が必要となってきますので、過去問の課題を参考に、必要スペースや配置計画を考察し、図面表現力・計画力・全体構成力を身につける練習が必要です。また、6時間という限られた時間の中で、手作業での図面を作成しなければなりません。かなりの速さと美しさ、完成度を要求されるため、簡略化した図法を用いて限られた時間で美しい図を完成させる練習をしておく必要もあります。

試験対策は、基本的には建築系の専門学校に通うか独学が多いですが、まったくの初心者であればスクールに通ったほうが無難です。
法令対策には試験会場持ち込みOKの法令集を準備し、実践的な勉強が必要になります。設計の試験では、透視図がポイントになり、家具やエレメントの配置や寸法などが正しく表現できているかという点が重要になります。いかに早く、正確に、完成度の高い作図力を身につけるかが合否の分かれ目と言っても過言ではないでしょう。
ただ、線・文字・数学・表示記号などの製図の基本はもちろん、家具寸法と必要スペース、動線と平面計画、平面図兼家具配置図、展開図、透視図、着彩などをトータルに学習しておく必要jはあります。学習のための通学期間は2年〜4年程度になるでしょう。試験はインテリアコーディネーターよりは易しいレベルです。
受験者は、勤務先分類では、総合建設業が22.0%、次に建築設計事務所が19.5%と建築業界が多く、職務分類別では、建築設計・監理が・インテリア設計・監理等からの受験者が多いようです。

インテリアプランナーという肩書だけで独立するのは難しいですが、建築関係、住宅関係の仕事につく場合は若干有利でしょう。就業先は、ハウスメーカー、リフォーム、建築施工・不動産、設計・デザイン事務所、店舗デザイン、インテリアショップなどが多く、建築・インテリア両方に強い資格と言えます。
中でも、インテリアデザイン事務所、建築設計事務所、建設会社などで活躍している人が多いようです。
この資格は、国家資格ではないので、実際に顧客から依頼を受けて施工し、形のあるものを造り上げるためには、建築士の資格が必要になります。従って、独立して才能を発揮したいと考えるなら、やはり、建築の関連資格を持つ方が武器になります。


※試験に持ち込める法令集
・基本建築関係法令集 法令編  国土交通省住宅局建築指導課建築技術者試験研究会 霞ケ関出版社 ,
・建築関係法令集 法令編  建築法規編集会議
・基本建築基準法関係法令集  国土交通省住宅局建築指導課建築技術研究会 建築資料研究社

※「インテリアプランナー資格保有者」の資格試験の科目免除
・商業施設士試験の構想表現(実技)試験
実務経験なしで受験でき、学科試験の「施設計画」が免除されます。
・マンションリフォームマネジャー試験
学科試験の「学科I」が免除されます。
通信講座   インテリアコーディネータ関係 通信講座・スクール一覧
通学スクール   インテリアデザイナー関係 通学スクール・講座一覧
教材
問い合わせ先  ・公益財団法人 建築技術教育普及センター http://www.jaeic.or.jp/shiken/ip/index.html
電話:03-6261-3310         
〒104-0031 東京都中央区京橋2-14-1   
・日本インテリアプランナー協会
           http://jipa-official.org/
 
HOME


Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved.