資格名

DTP検定

資格の種類民間検定試験
主催株式会社オラリオとワークスコーポレーション
資格の概要

DTP(Desk Top Publishing  デスクトップパブリッシング)とは、日本語で卓上出版を意味し、パンフレットやカタログなどの原稿の作成、ページレイアウトや写真や画像の処理、デザインなどの作業をコンピュータ上で行い、プリンターで出力することを言います。DTPは、その範囲が非常に幅広いことから、実務的かつ体系立った知識を有する人材や、DTPを修得した実力あるクリエイターは慢性的に不足しています。そのため作業能力を持つ人材の需要は高くなっています。

そのDTP に関する知識やスキルを客観的に評価するのが「DTP検定」と呼ばれている検定試験です。DTP検定は、コンテンツ理解力、デザイン能力、編集・レイアウト能力、オペレーション能力といったDTP実務の技術と知識を客観的に測定する検定試験です。パソコン上で原稿作成や編集、デザイン、レイアウトなどを行う基本的な技術力をを証明したい人は、DTPに関する資格を取得することが一番です。プロのデザイナー向け、企画・広報職向け、営業・事務職等すべてのビジネスパーソン向けにコースがわかれていますので、出版・広告・印刷業界はもちろん、それ以外の業界の方にもおススメです。

DTPの資格としてメジャーなのは、DTP検定とDTPエキスパートの二つです。
DTP検定は、職種別に2コースそろっていることが特徴です。企画・編集職や広報職向けの「DTP検定ディレクション」、それと社内外向けの資料を作る営業職や事務職をはじめ、すべてのビジネスマンに向けた「DTP検定ビジネス」の2種類です。
このように、この検定試験は想定するシチュエーション別に検定内容を分けた、実践的な資格制度になっています。

・DTP検定ディレクション
編集者、広報宣伝担当者など印刷物制作の責任者対象の試験
印刷物制作の全行程を総合的に管理・監督するディレクターとしての能力を評価する検定です。WindowsとMacintoshの違いや各種アプリケーションソフトの特徴などを理解し、トラブルなく出力・印刷・加工できる状態に仕上げる対応力が求められます。
・DTP検定ビジネス
文書作成を必要とするすべてのビジネスマン対象の試験
Windowsをプラットフォームとし、ワープロソフト・Wordを中心に検定します。機能の知識はもちろん、配色やレイアウトの技能も要求されます。
※資格は2年間の更新制となっているため、2年ごとに更新試験を受験する必要があります。


◆ DTP検定関連情報
・DTP検定は、2017年4月1日受験分より以下の通り名称が変更となりました。
 DTP検定は、2017年4月1日受験分より以下の通り名称が変更となりました。
 DTP検定II種 → DTP検定ディレクション
 DTP検定III種 → DTP検定ビジネス
・現在休止中の「DTP検定Ⅰ種 プロフェッショナルDTP」は、今後再開を行わずに終了することが決まりました。これに伴い、2013年4月1日以降に資格を取得、又は継続されている方については、資格の有効期限は今後も無期限で延長し続けることになります。(資格継続試験は実施されません)

試験方式

コンピュータ画面に表示される問題を読み、選択肢の中から正解を選んでいく方式(CBT)。
●DTP検定ディレクション:CBT方式/試験時間は90分 使用ソフトを特に限定していません。
●DTP検定ビジネス:CBT方式/試験時間は60分
●合格基準:II種は70%、III種は70%以上の正解率で合格となります。
※Ⅱ種はMAC、WINDOWSともに使用できます。

受験資格

DTP検定ディレクション、DTP検定ビジネス、全てに受験資格の制限はありません。

試験科目

●DTP検定ディレクション
1.紙面構成の決定
2.原稿発注・確認
3.フィルム出力・印刷・加工の発注
4.各データの作成依頼・修正
5.出力依頼
●DTP検定ビジネス
1. レイアウトデータ作成
2.写真画像データ作成依頼・修正
3.図版画像データ作成依頼・修正

スケジュール

●試験実施:試験は随時方式がとられているため、指定会場でいつでも受験が可能です。
●申込み:http://j-testing.jp/Reserve/Certification/Detail/1004

試験会場

●全国のJ-Testingテストセンターから、近くの会場を選びます。

受験料

DTP検定ディレクション  10,800円(税込)
DTP検定ビジネス 10,800円(税込)

資格難易度

●難易度  
  DTP検定ディレクション 「C」やや易
●合格率  
 2016年度DTP検定試験結果 ⇒詳細
ディレクション: 合格率60.5% (受験者数372名 合格者数225名)
ビジネス: 合格率78.6% (受験者数126名 合格者数99名)

※参考データ(旧II種、III種の試験結果)
・2015年度DTP検定試験結果
 ディレクション: 合格率69.0% (受験者数358名 合格者数247名)
 ビジネス:    合格率77.1% (受験者数105名 合格者数81名)
・2014年度DTP検定試験結果
 ディレクション: 合格率65.3% (受験者数404名 合格者数264名)
 ビジネス:    合格率47.0% (受験者数219名 合格者数103名)

受験対策&
資格の将来性

あらゆるビジネスシーンでの自身のセンスと実践的な技術の証明ができるDTP検定は、本当の意味で技能を身につけている実力派の証明といえます。CBT化により、近くのテストセンターを選んで受けられます。
編集・広報に必須の知識を問う旧Ⅱ種〈ディレクションDTP〉、すべてのビジネスパーソンに役立つ旧Ⅲ種〈ビジネスDTP〉があり、自分の職種や仕事に必要な知識に応じて選択することができる資格です。

・旧II種〈ディレクションDTP〉
企画から編集まで印刷物制作の全行程を総合的に管理・監督するディレクターとしての能力を見るディレクションDTPです。印刷物が出来上がるまでの指示及び確認が正確にできることが求められます。レベル的には、素人以上プロ未満のレベルです。受験者は学生が約半分です。
・旧III種〈ビジネスDTP〉
II種は、Wordを採用しDTP検定の基本・登竜門となる資格となっており、営業職や事務職を対象としたビジネスDTPです。報告書、プレゼンテーション資料などの文書や書類などを読みやすく整ったレイアウトで作成する能力を問うものです。試験の難易度は高くないの で、しっかりと勉強をすれば短期合格も可能です。一般企業の営業職や事務職など全ての人に適した試験と言えます。
試験対策は、テキストも各種販売されていて、どの種類も独学での合格が可能なレベルの検定試験ですが、 認定スクールを活用する方法もあります。

多くの企業では実践による経験が重視されます。デザイン業界も”資格より実務”であり、資格よりも経験した仕事内容が問われます。採用基準も会社によってさまざまですが、新卒以外では経験者の募集がほとんどです。検定や資格で学んだ知識・技術を基に、多くの「場」を経験することで、より実践に近いスキルになりますので、アルバイトなどで、当初は資格よりも「場」を経験することを優先する方がいいでしょう。

※よく似た名前の資格で「DTPエキスパート」がありますが、DTPエキスパートとの違いは、DTP検定がDTPにより特化しているのに対し、DTPエキスパートはXMLなどweb関連の知識も習得せねばならず、ハードルは少し高いといえます。
DTPエキスパートの特徴は、DTP試験の中ではもっとも歴史のある試験で、DTPの知識以外にコンピュータの知識や製版印刷の基礎知識を必要とするところです。
DTP検定は、実務上必要なコンピュータの知識とソフトの活用スキルが必要なことから、デザイン関係や印刷、出版業界などで活躍したい人や、企業の広報活動に関心ある人には向いた資格でしょう。
一方、DTPエキスパートはグラフィックデザイナーや製版技術者などの専門職として、出版社や広告会社、印刷会社などで働きたい人やデザイナーとして将来独立したい人に向いた資格と考えられます。

通信講座

-

スクール

-

オンライン学習

-

教材

DTP検定

売れ筋教材

-

問い合わせ先

【試験の内容に関するお問い合せ】
株式会社ボーンデジタル 検定事務局
TEL: 03-5215-8665
E-mail: info@dtpkentei.jp
【お申込み、支払い、領収書発行に関するお問い合わせ】
 J-Testingヘルプデスクまでお問い合わせください

DTP検定事務局   http://www.dtpkentei.jp/index.htm
〒102-0074 東京都千代田区九段南一丁目5番5号 Daiwa九段ビル
   TEL:03-5215-8665 FAX:03-5215-8667

スポンサーリンク