資格名

IoTシステム技術検定試験(Internet of Things Exam)

資格の種類民間検定試験
主催MCPC(モバイルコンピューティング推進コンソーシアム)/IoT検定準備委員会
資格の概要

IoTとは、「Internet of Things」の略で、「モノのインターネット」と解説されます。パソコンやスマホなどの情報通信機器に限らず、すべての「モノ」がインターネットにつながることで、私たちの生活やビジネスが根底から変わると言われています。IoTは、様々な産業や公共分野において、大量のデータを収集し分析して機械を制御したり、AI(人工知能)により有益な情報を生み出しますが、IoTは多方面の技術の組み合わせによって実現されるため、それを推進するための人材は圧倒的に不足しています。従って、IoT分野の新たな人材育成は、企業や政府・自治体の大きな課題となっています。MCPCでは、2005年から実施してきたモバイルシステム技術検定を基礎に、新たにIoT技術者を5年間で10万人以上創出することを目指し「IoTシステム技術検定」を2016年12月から開始しました。

IoTシステム技術検定は、IoTシステムを構築・活用するため基本的かつ実践的な技術知識の習得を目指す方を対象とし、基礎、中級、上級の3段階でIoTシステムの企画・構築・活用・保守・運用に関する技術知識を認定します。
級別の知識内容には、以下の基準が決められています。
・基礎:IoTに関する基礎知識
(認定)IoTに関する基礎知識を保持していることを認定
・中級:IoTシステム構築・活用に関する基本的な技術知識
(認定)IoTシステム構築に取り組むための基本技術を認定します。
・上級:IoTシステム構築・活用に関するより実践的な専門技術
(認定)高度なIoTシステム、業界固有または業界をまたがるサービスを構築する実践的な専門技術を認定

※試験の実施は、2016年度は「中級」の第1回検定が12月に、また2017年12月には「基礎」が初回試験として開始されました。「上級」はまだ実施されておりません。
※IoTシステム技術検定試験の有効期限は、今のところ設定されていないようです。

スポンサーリンク



試験方式

【基礎試験】
●出題形式:マークシート方式  4択問題  
●出題数/試験時間:60問/60分

【中級試験】
●出題形式:マークシート方式  4択問題  
●出題数/試験時間:80問/90分

受験資格

特になし。誰でも受験できます。

試験科目

【基礎試験】
IoTに関する基礎知識を保持していることを認定します。
(認定される技術知識)
1.IoTシステム構成と構築技術
 IoTシステムアーキテクチャ、IoTサービスプラットフォーム
2.センサ/アクチュエータ技術と通信方式
 IoTデバイス、ネットワーク、LPWA、プロトコル
3.IoTデータ活用技術(AI)
 ビックデータ分析技術、活用事例
4.IoT情報セキュリティ対策技術
 脅威と脆弱性、セキュリティ対策技術、情報セキュリティの標準と法制度
5.IoTシステムのプロトタイピング技術
 プロトタイピング活用

【中級試験】
・中級試験ではIoTシステム構築に取り組むための基本技術を認定します。
(認定される技術知識)
1.IoTシステム構成と構築技術(出題比率5~15%)
 IoTシステムアーキテクチャ、IoTサービスプラットフォーム
2.センサ/アクチュエータ技術と通信方式(出題比率30~35%)
 IoTデバイス、ネットワーク、LPWA、プロトコル
3.IoTデータ活用技術(AI)(出題比率25~30%)
 ビックデータ分析技術、活用事例
4.IoT情報セキュリティ対策技術(出題比率20~25%)
 脅威と脆弱性、セキュリティ対策技術、情報セキュリティの標準と法制度
5.IoTシステムのプロトタイピング技術(出題比率5~15%)
 プロトタイピング活用

スケジュール

●試験実施:年2回(7月、12月)
●申込受付:試験日のおよそ2か月前から
●合格発表:試験日の約1か月後、マイページにて合否発表。
●申込方法:申込みサイトで確認できます。

※2018年 第5回IoTシステム技術検定試験日程
(基礎・中級)
・試験日:2018年12月1日(土) 
・受験申請受付:2018年9月21日(金)~11月12日(月)
・合格発表:試験日の約1か月後にマイページ上で見ることができます。 

試験会場

東京、横浜、名古屋、大阪、札幌、仙台、さいたま、広島、福岡(変動あり)

受験料

基礎:10,800円(税込)
中級:15,100円(税込)

資格難易度

・難易度
   中級 「B」普通  
・合格率  
   非公開 (予想:合格基準は65~70%以上の正答率)

※参考データ
試験結果(受験者数、合格者数、合格率、合格点ほか)が全て非公開なので、難易度の評価が難しい試験ですが、同じIoT関連資格の「IoT検定」との試験難易度の比較や、試験形式、出題内容などの評価項目を数値化したデータにより、資格の難易度「B」と判定しました。

【資格の難易度レベル】
「中級試験」は、IoTに関する広範囲な技術分野を勉強するには大変良く合った試験に思います。ただ、IoTを本業でされている方にとっては、おそらく簡単すぎるレベルだと思います。IoTやモバイルなどを知らない方にとっては、IoTの勉強に手頃な試験と言えます。基礎からきちんと勉強でき、役立つことになるでしょう。

受験対策&
資格の将来性

中級試験では、無線ネットワーク、センサなどのIoTの基本構成以外に、データ活用技術(ビッグデータ、データ分析手法、人工知能など)や、セキュリティ、関連法令などから幅広く、専門的な知識が問われる問題が出題されています。中でも、人工頭脳やDeep Learningなどの分野は新しい分野で、かなり難度の高い問題も出題されています。専門的な知識分野には十分な受験対策が必要になりそうです。特にIoTはセンシングで得た情報を、サーバに送ってから処理することなので、試験対策では、これに関連する技術であるセンサーや、ネットワーク、クラウド、データ活用などを体系的に学習しておかなければなりません。また、テキストを読んで、専門的な語句の意味を正しく理解しておくことも大切です。

IT/ICT業界はもとより、環境エネルギー、運輸交通、製造業、農業、医療ヘルスケアなどIoTシステムに関連するあらゆる分野の技術者にお勧めの検定試験です。IoTを推進する人にとっては技術・ビジネス両方で有用な資格となると思われます。
サンプル問題 (解答)

※IoT関連の資格と言えば、主に「IoTシステム技術検定」と「IoT検定」の二つなので、よくその違いが比較されます。一番の違いは「受験対象者」だと言われます。
「IoTシステム技術検定」はどちらかと言うと技術系で、実際に導入する際のシステム構築に必要な知識が必要になります。また、大企業が会員として賛同しており、資格を取得した際に技術者として就転職に有利なところがあるようです。

通信講座

-

スクール

MCPC認定校での受験対策講座

オンライン学習

-

教材

IoTシステム技術検定

売れ筋教材

-

問い合わせ先

モバイルコンピューティング推進コンソーシアム(MCPC)検定事務局  
 http://www.mcpc-jp.org
〒105-0011東京都港区芝公園3-5-12 長谷川グリーンビル2F
 TEL 03-5401-1935  

スポンサーリンク