資格名

Python3 (パイソン スリー)エンジニア認定基礎試験合格者
(試験名)Python 3エンジニア認定基礎試験 /Python 3エンジニア認定データ解析試験

資格の種類民間資格
主催一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会
資格の概要

ビッグデータ、機械学習、Webサービス開発など、幅広い分野で注目が集まっている「Python」は米国ではすでに求人件数がJavaに次ぐ2位となり4万件を超えています。日本でも2年間で求人数が2倍になっており、近い将来、人材不足になる可能性が高いため、Pythonのエンジニア育成を目標とした業界団体「一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会」が2016年4月に設立されました。 その後、2017年6月からPythonエンジニアとしてのスキルを認定する試験(Python 3エンジニア認定基礎試験)がスタートしました。この試験は汎用のプログラミング言語Pythonの専門知識を評価する試験になっています。
Pythonは「書きやすく・読みやすい」というメリットを持ち、ビッグデータや機械学習、ウェブサービス開発などの分野で注目される開発言語です。更に、OpenStackやAnsibleなどオープンソースのフリーソフトや管理ツールなどがPythonで書かれていることもあり、インフラ技術との親和性が高いことでも注目されています。Pythonエンジニア育成推進協会では、今後3年間で3,000名の受験者の獲得を目指すとしています。

Pythonエンジニアとしてのスキルを認定する試験は「Python 3 エンジニア認定基礎試験」と「Python 3エンジニア認定データ解析試験」の2種類がありますが、データ解析試験は現在策定中で、試験開始時期も未定です。
従って、このサイトでは「Python 3 エンジニア認定基礎試験」に関する試験情報を主に記載しています。尚、Python 3 エンジニア認定基礎試験の対象者は「Python初心者」となっています。

試験方式

【Python 3 エンジニア認定基礎試験】 
コンピューター上で実施するCBT(Computer Based Testing)形式
●出題形式:選択式
●出題数/試験時間:40問/60分
●合格基準:70%の正解
●合格証:受験後約4週間で合格証が郵送されます。

受験資格

【Python 3 エンジニア認定基礎試験】 
・なし。誰でも受験できます。

試験科目

【Python 3 エンジニア認定基礎試験】 Python 3の文法基礎を問う試験です。
・出題範囲:主教材のオライリー・ジャパン「Pythonチュートリアル 第3版」の掲載内容を出題範囲として、以下の比率で出題されます。また、一般的な知識からも出題されます。

1章 食欲をそそってみようか(1題・2.5%)
2章 Pythonインタープリタの使い方(1題・2.5%)
3章 気楽な入門編(6題・15.0 %)
4章 制御構造ツール(9題・ 22.5%)
5章 データ構造(7題・ 17.5%)
6章 モジュール(2題・ 5.0%)
7章 入出力(1題・2.5%)
8章 エラーと例外(4題・10.0%)
9章 クラス(2題・5.0%)
10章 標準ライブラリめぐり(4題・10.0%)
11章 標準ライブラリめぐり─PartII(1題・2.5%)
12章 仮想環境とパッケージ(1題・2.5%)
13章 次はなに?(0題・0%)
14章 対話環境での入力行編集とヒストリ置換(1題・2.5%)
           合計 (40題・100.0%)
※()内は(出題数・出題率)

スケジュール

【Python 3 エンジニア認定基礎試験】 
●試験実施:通年
●受験方法:(1)はじめて受験する方は、Odyssey IDを登録します。
       (2)試験会場を検索して、会場に申込みください
             (受験料は会場指定の方法で支払いください)
     ※申し込みはこちらから⇒Odyssey CBT
      (3)試験当日は写真付きの身分証を持参
※(再受験について)
同一科目に対して2回目の受験については制限がありませんが、3回目以降の受験は前回の試験日から7日間(24時間×7=168時間)は受験できません。

試験会場

【Python 3 エンジニア認定基礎試験】 
全国のオデッセイコミュニケーションズCBTテストセンター 
試験会場を探す

受験料

【Python 3 エンジニア認定基礎試験】 
一般 10,000円(税別)  学割5,000円(税別)

資格難易度

【Python 3 エンジニア認定基礎試験】 
●難易度 
  「C」 やや易の上位
●合格率 
  非公開
Python 3 エンジニア認定基礎試験は2016年から開催されたまだ新しい試験であるためデータも少なく、また受験者数や合格者数、合格率などが非公開になっています。
そういう状況の中でのプログラミング初心者としての難易度評価は「C」やや易の上位としました。

【資格の難易度レベル】
Pythonの資格は、プログラミングに従事している人なら、オライリー・ジャパンの「Pythonチュートリアル第3版」を、何度か読み返して勉強する程度で十分とか、経験ゼロからでも3ヵ月あれば合格ラインに達することができる資格試験というのが大方の感想のようなので、また「基本的な文法の基礎知識を問う」試験ということもあり、受験者が初心者でも難易度は難関まではいかないと判断しました。
Python3エンジニア認定試験は、受験者が「全く、プログラミング言語に接したことがない人」、または「Pythonを知らなくてもプログラミングの経験がある人」であるかによって試験の難易度が別れます。ここでは前者のプログラミング初心者を仮定して難易度評価をしました。
プログラミング言語として難易度を比較すると、難易度の低い順に、
(難易度低)HTML→JavaScript→ PHP→ Ruby →Python → Swift→ Java →C言語 というところでしょう。

受験対策&
資格の将来性

【Python 3 エンジニア認定基礎試験】 
Pythonは、コードと文法がシンプルで書きやすく読みやすいという特徴から、プログラミング初心者でも習得しやすい言語とされています。最近では機械学習やディープラーニングでも注目され、プログラム言語人気ランキングでも上位を占める注目度の高い言語のひとつになっています。人気があるのは一番年収の高いプログラミング言語にPythonが選ばれていることも関係しているのかもしれません。現在でも人工知能(AI)やWeb開発など広い分野で使われており、Pythonは仕事のニーズに関しては3位、それ以外は全て1位で、Rubyより上にランクしています。今後、Pythonを使った機械学習やアプリケーション開発を目指す方には特にお薦めのプログラミング言語だと思います。Pythonを習得すれば、「Pepper」を代表するような人工知能や「Youtube」のような動画アプリ、「Instagram」のようなSNSアプリ、「ビッグデータ分析」といったデータ解析ツールなど幅広いものが作れます。

「Python 3 エンジニア認定基礎試験」
この試験は、Python3の文法や記述,システムに関する知識を問う試験で、プログラミングをはじめたばかりの初心者や、また、これからPythonを勉強しはじめようと思っている人が基礎を学ぶための試験と考えていいでしょう。この試験は試験範囲を公開しています。しかも、教材の章ごとに、出題率まで書いています。教材はオライリー・ジャパン「Pythonチュートリアル 第3版」なので、この書籍を完全に理解できたら、合格できるということです。
ただ、この本はプログラミング初学者の方が最初から読む本ではありません。すぐに読むのが嫌になるはずです。Python のプログラムそのものの理解が足りない方は、まずPythonの入門書でPythonの基本的なことを学んでください。そのあと「Pythonチュートリアル3」を勉強すればいいと思います。Pythonチュートリアル 第3版が無理なく読んで分かるレベルまで知識が身につけば、Python 3 エンジニア認定基礎試験の難易度としてはそれほど高くはないことがわかるでしょう。チュートリアルでは、for文の書き方、リスト、辞書、スライス、タプルなど、Python特有の部分をよく読んでおきましょう。それと、効率的に学習するために出題率が高い章から重点的に勉強することが大事です。出題形式は、Pythonで書かれたコードを見て、出力結果を答える形式の問題が多く、Python特有の部分に関する問題が多いようです。
一般社会ではPythonの知名度はまだまだ低いですから、今のうちに努力して資格をとっておけば、後で役に立つことは間違いないと思います。

通信講座

-

スクール

Python3 エンジニア認定スクール

オンライン学習

-

教材

Python
模擬問題(無料)

売れ筋教材

-

問い合わせ先

・試験に関する問い合わせ  問い合わせフォーム
  オデッセイ コミュニケーションズ カスタマーサービス
   TEL:03-5293-1881(平日10:00~18:00)
・試験実施組織
    一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会 事務局(吉政創成内)
    〒157-0077 東京都世田谷区鎌田2-14-9

スポンサーリンク