日本語能力試験


資格名 -            (英名)Japanese Language Proficiency Test、略称JLPT
 資格の種類 民間検定試験       認定 公益財団法人日本国際教育支援協会  独立行政法人国際交流基金
資格の概要  「日本語能力試験(JLPT)」は、(財)日本国際教育支援協会と独立行政法人国際交流基金が主催する日本語を母語としない人を対象に日本語能力を認定する検定試験です。日本を含め世界各国で実施されており、日本語を母語としない人を対象とした日本語の試験では最も受験者が多い世界最大規模の試験です。
この試験は1984年に始まり2010年に新しい形式に改定され、レベルや試験科目、試験時間、配点などが変わり、新試験としてスタートしました。レベルは5段階になり、最上級のN1から最下級のN5まであります。
    試験の詳細 ⇒日本語能力試験ガイドブック(概要版)

尚、認定の目安は以下の通りです。
【日本語能力試験の認定の目安】
・N1 幅広い場面で使われる日本語を理解できる
・N2 日常的な場面で使われる日本語の理解に加え、より幅広い場面で使われる日本語をある程度理解できる
・N3 日常的な場面で使われる日本語をある程度理解できる
・N4 基本的な日本語を理解できる
・N5 基本的な日本語をある程度理解できる

この試験の特徴としては、
@日本語の文字や語彙、文法などをどの程度知っているかと言うことだけでなく、コミュニケーション上の課題をどの程度遂行できるかを測る試験である。
A試験では、5段階のレベルから自分に合ったレベルを選ぶことができる。
Bこの試験の得点は、尺度得点方式が採用されているため、日本語能力が正確に、公正に得点に表われます。
C試験の得点や合否判定だけでは、日本語を使って何ができるのかが分かりません、そのため参考情報として「日本語能力試験Can-do自己評価リスト」が提供されています。

※海外における日本語学習者は、1984年の約58万人から2006年に約298万人になり、2009年には約365万人に達しました。それに伴い日本語能力試験の受験者数ものびて、2009年には過去最高の77万人が受験しました。
※日本語能力試験には他に韓国のYBM Si-saが実施している「JPT日本語能力試験」がありますが、この試験とは異なります。


※「日本語教育能力検定」と名前がよく似た試験に「日本語能力試験」があります。主催者も共通しているのですが、試験の内容や目的は異なります。
「日本語教育能力検定試験」は、外国人に日本語を教える日本語教員となるために学習している人、日本語教員として教育に携わる者等を対象として、その知識及び能力が日本語教育の専門家として必要とされる水準に達しているかどうかを検定する試験で、昭和62年度から始まった試験で毎年1回実施されています。試験内容は筆記試験T、筆記試験U、聴解試験により行われています。それに対して、
「日本語能力試験」は日本語を母語としない人を対象にした試験で、日本語能力を測定し認定することを目的に、国内においては財団法人日本国際教育協会により昭和58年度から、国外においては国際交流基金により昭和59年度から毎年1回実施されている試験です。試験は1級から4級まであり、内容は3つの類別(文字・語彙、聴解、読解・文法)に分かれています。
試験方式  ・出題方式:マークシート方式の多肢選択  選択肢は3つ(聴解)、他は4つ。

※試験問題の構成 ⇒ 詳細
※レベル別得点区分・合否判定・試験結果の通知 ⇒ 詳細
※認定の目安 ⇒ 詳細
受験資格  ・日本語を母語としない人
 試験科目 ・科目:言語知識(文字・語彙・文法)・読解・聴解
・試験科目と試験時間
 レベル 試験科目と試験時間   
 N1   言語知識(文字・語彙・文法)・読解  110分  聴解 60分
 N2   言語知識(文字・語彙・文法)・読解  105分  聴解 50分
 N3  言語知識(文字・語彙) 30分  言語知識(文法)・読解  70分  聴解 40分
 N4  言語知識(文字・語彙) 30分  言語知識(文法)・読解  60分  聴解 35分
 N5  言語知識(文字・語彙) 25分  言語知識(文法)・読解  50分  聴解 30分
スケジュール  ・試験日:年2回( 7月・12月の初旬の日曜日)  7月:N1〜N3の試験 12月:全レベルの試験
  ※海外では都市によってどちらかしか行われない場合もあります。
・申込期間:4月上旬〜下旬   9月上旬〜10月上旬(国内の場合)
・申込方法:全国主要書店にて願書を購入、財団法人日本国際教育協会へ提出(インターネットでの申込みも可)
・合格発表:9月上旬 2月中旬
  ※受験者全員へ合否を通知。合格者には日本語能力認定書を交付(国外は3月上旬)


2017年第1回・第2回日本語能力試験日程
(第1回試験)
・試験日:2017年7月2日(日) 
試験会場  ・国内40都道府県、海外61の国と地域、198都市で受験できます。
  国内:全国主要都市(札幌、仙台、小山、埼玉、千葉、東京、神奈川、富山、松本、静岡、名古屋、岐阜、京都、大阪、神戸、広島、高松、福岡、別府、那覇) 
  海外の場合:海外の実施都市・実施機関

※受験会場は受験者が願書に記入した「希望受験地区」と住所欄の「郵便番号」をもとに協会が指定します。
日本語能力試験(JLPT)の主な都市別受験者数(2012年データ)
 受験料 ・国内:5,500円(税込)  ※国外については、国際交流基金が現地協力機関と協議の上、料金を決定します。
資格 難易度  ・難易度 N1 「A」難関   N2・N3  「B」 普通
・認定率  2016年7月(第1回試験)試験結果(国内・国外合計の結果) ⇒詳細
   N1 N2  N3  N4  N5  合計 
 認定者数  29,736名 46,361  30,978  16,232  14,953  138,260 
 認定率  33.9% 44.1  40.7 37.7  51.4  40.5 

※参考データ
・2015年12月(第2回試験)試験結果(国内・国外合計の結果)
   N1 N2  N3  N4  N5  合計 
 認定者数  26,679名 37,330  26,578  18,119  20,601  129,307 
 認定率  28.5% 37.6  37.8 36.6  50.8  36.6 
・2015年7月(第1回試験)試験結果(国内・国外合計の結果) 
   N1 N2  N3  N4  N5  合計 
 認定者数  29,583名 39,357  22,479  12,939  14,130  118,488 
 認定率  34.6% 43.0  37.9 35.4  53.9  39.6 
・2014年7月(第1回試験)試験結果(国内・国外合計の結果) 
   N1 N2  N3  N4  N5  合計 
 認定者数  30,621名 38,672  19,897  13,685  11,611  114,486 
 認定率  34.5% 45.2  40.6  46.9  55.7  41.9 
受験対策
 &
資格の将来性
  
「N1」の合格基準とレベルは、総合的には「幅広い場面で使われる日本語を理解することができる」レベルです。
[読む]に関してのレベルでは、
・幅広い話題について書かれた新聞の論説・評論など、論理的にやや複雑な文章や抽象度の高い文章などを読んで、文章の構成や内容を理解することができる。
・さまざまな話題の内容に深みのある読み物を読んで、話の流れや詳細な表現意図を理解することができる。
[聞く]に関してのレベルでは、
・幅広い場面において自然なスピードの、まとまりのある会話やニュース、講義を聞いて、話の流れや内容、登場人物の関係や内容の論理構成などを詳細に理解したり、要旨を把握したりすることができる。
いづれも、高いレベルが要求されます。実際、日本語を母語としない人の場合、日本の国立大学への派遣留学には日本語能力試験N1を要求されることが多く、このことは、日本人がアメリカ留学の際にTOEFLの高得点を要求されるのと同じことになります。
日本語能力試験(JLPT)の海外の受験者は、日本への留学を希望している留学生や海外で日本語を勉強している外国人の人たちですが、現在は日本国内での受験者数よりも、海外での受験者数が多い状況になっています。
ただ、認定率では国内での受験者の方が認定の割合が高めで、受験者は女性(30〜40代)が多いようです。
日本語能力試験「N1」の認定は、医師等の日本の国家試験を受験するための条件や、準看護師試験を受験する条件のひとつにもなっています。またそれ以外にも、学校の卒業資格認定での優遇などもあるため最上位の「N1」認定のメリットは非常に大きいと言えます。N1の受験者数は約22万人になります。
試験に関しては、日本語を学習している外国人留学生を対象に旺文社が実施したアンケートで、
「日本語能力試験に合格するためには、漢字・単語学習はどの程度重要だと思いますか」という質問に対し、合計77%の学生が、「最も重要」「かなり重要」と回答しています。
また、漢字文化圏と漢字文化圏外の学生の日本語能力試験受験学習を比較した別のデータがあります。
    
      学習時間数の比較データ「1992〜2010年」
  学習時間  
 レベル 漢字文化圏の学生   漢字文化圏外の学生
N1 1800〜2300時間 3100〜4500時間
 N2 1100〜1500時間 1400〜2000時間
 N3
 N4 375〜475時間 500〜750時間
 N5 200〜300時間 250〜400時間
この期間での全国内生徒の「N1」取得学習時間数は、平均2017時間でした(その中の約93%の生徒が漢字文化圏の学生)。
これらのデータを総合的に評価すれば、「N1」認定も、しっかりとまじめに集中して勉強すれば、「非常に難しい」とまではいかないと思われます。レベル的には古典や漢文の入らない公立高校入試の国語の水準といったところです。
試験対策は、過去問と漢字文化圏以外の外国人の最大のネックとなる「漢字」です。常用漢字で約20000字の読み書きを習得しなければなりません。日本の小学校で学習する漢字が約1000字なので、おおよその難易度は計れると思います。   


【資格取得のための学習法】
公式テキストを活用した独学、もしくは通学スクールもあります。
通信講座   -
通学スクール ヒューマンの「日本語能力試験対応講座」    Lec東京リーガルマインドの「日本語能力試験N1合格講座」
教材 
問い合わせ先  ・独立行政法人 国際交流基金   http://www.jlpt.jp/index.html
〒160-0004 東京都新宿区四谷4−4−1  電話:03-5369-6052 
・公益財団法人 日本国際教育支援協会
  日本語能力試験受付センター    http://www.jees.or.jp/
〒153-8503 東京都目黒区駒場4-5-29   TEL 03(6686)297

HOME


Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved.