資格取得に必要な「資格の難易度」を中心に各種の情報を提供しています

「税務・会計・証券・経営系資格」の難易度評価

  • HOME »
  • 「税務・会計・証券・経営系資格」の難易度評価

「税務・会計・証券・経営系資格」の中で、最高難度の超難関「難易度S」は「公認会計士」だけです。公認会計士の難易度が高い理由は、一つは試験の出題範囲が広く、その分、覚えねばならないことが非常に多いこと。レベルの高い問題と出題量が多いこと。合格に必要な問題の解答スピードは簡単に身につけられないレベルであること。それと、合格率が低いこと。これらすべてが相乗効果のようになってハードルを高くしていることです。「難易度A」は、投資関連の最難関資格「CFA協会認定証券アナリスト」や、「税理士」、将来性、安定性でも知名度No1の「簿記検定1級」「中小企業診断士」などが並びます。

税務・会計・証券系の人気3大資格は、「公認会計士」を筆頭に、「税理士」、「簿記」です。特徴は、数ある資格や検定試験の中でも、特に会計系の資格や検定は抜群に就職や転職に強いということです。それは、どの資格や検定も仕事に直結し、企業から必要な人材として求められることが多いからです。「簿記」や「証券外務員」、「FP」などの会計系の資格は主に経理や会計、財務などの実務に直結し、仕事に直接役立つため、今後も高い人気が続くものと思われます。会計系の入門資格といえば、日商簿記の3級でしょう。 3級を取得した後にも、2級、1級とステップアップしていくことが可能で、さらに上を望むのであれば、税理士、そして会計系資格の最高峰である公認会計士へとステップアップすることができます。また、会計系の仕事は、景気に左右されることが少なく、ニーズも高いのでスキルを高めれば高収入が期待できます。

金融系資格の中で、会計系資格の「簿記」にあたるのが、「証券外務員」です。この「証券外務員」には一種・二種がありますが、この資格を取得していないと金融関係の銀行や証券会社などで債券投資、株式投資などの投資信託関連の商品を扱うことができませんので、そういう意味では基になる資格と言えるでしょう。また、会計系資格も金融系も実務に役立つ資格であり、また取得していて損のない資格ばかりですが、仕事では当然パソコンを使いますので、ある程度のパソコンスキルは必須です。より高いパソコン能力があれば評価されることにもなります。学習時間の目安としては、「公認会計士」が1.5~3.5年、「税理士」が3~5年、「中小企業診断士」が6ヵ月~1年、「簿記検定」は4ヵ月~1年、「ビジネス会計検定」は3ヵ月以内、「IPO実務検定」は1~3.5か月、「財務報告実務検定」は1~3ヵ月程度をそれぞれ考えておかねばならないでしょう。
資格試験対策については、「公認会計士」や「税理士」などの国家資格や、また「日商簿記」や「中小企業診断士」などの転職に強い資格になると、独学で資格取得にのぞむことは非常に難しくなります。ほとんどの受験志望者が専門学校やスクールに通い講義を受けながら、テキストや参考書、問題集とあわせてDVDなどの動画教材なども活用して勉強しています。
総合的にみて「税務・会計・証券・経営系」の中では、「公認会計士」「税理士」「中小企業診断士」「FP技能士」「簿記検定」「ビジネス会計検定」「IPO実務検定」「DCアドバイザー」「財務報告実務検定」などをおすすめ資格として推薦します。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © NewtonGYM 資格の難易度 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.