資格取得に必要な「資格の難易度」を中心に各種の情報を提供しています

「資格の難易度」のランク付けについて

  • HOME »
  • 「資格の難易度」のランク付けについて
「資格の難易度」や「資格の難易度ランキング」などに関して書かれたサイトはインターネット上にいくつも見られます。中には資格の難易度を偏差値で比較してランキングしているサイトもあるようですが、資格試験には、もともと偏差値という概念はありません。偏差値とは、試験の得点分布によって受験生の位置は違ってくるため、受験生が分布上の自分の位置を知るために見る数値であり、試験そのものの難易度とは直接関係ありません。
本来、「資格の難易度」をランク付けすることは大変むつかしく、特にジャンルが異なる資格の比較などは基準も異なるため今は不可能に近いのが実状です。私どもは長年、資格試験学習教室として収集した多くのデータを比較・分析し、独自のポイント方式にすることで同一ジャンル内での資格の難易度をランク付けしました。主に問題の質と平均的なレベル、科目数や試験範囲の広さ、出題形式、解答方法、問題文の量、受験者学歴、過去の受験倍率や合格率、計算方法の相違、受験までに要する年数、受験回数の制限などを「難易度の基準」として、それぞれ独自の方式で数値化し、資格ごとに合計値を求めてジャンル別に難易度レベルをランク付けしたものを公開しています。

「資格の難易度」のランク付けでは、難易度を、”超難関”の「S」から、”難関”の「A」、”普通”の「B」、”やや易しい”の「C」、”易しい”の「D」まで、S、A、B、C、Dの5ランクにランク分けし、「資格の難易度」と「資格の難易度ランキング」を各ランク別に一覧にしています。 また、資格を「医療・福祉」「法律・労務」「税務・会計・経営」「土木・建築・不動産」「語学」「公務員・行政」「IT・情報」「技術・工業・環境」「サービス・その他」の9分野にジャンル分けし、ジャンル別に「難易度ランキング」を掲載しています。ランキング表ではジャンル別も、難易度別でも上位にある資格ほど難易度が高いと判断しています。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © NewtonGYM 資格の難易度 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.