資格取得に必要な「資格の難易度」を中心に各種の情報を提供しています

「IT・情報系資格」の難易度解説

  • HOME »
  • 「IT・情報系資格」の難易度解説

「IT・情報系資格」の特徴は、他の分野の資格と少し違って、資格の取得が”実務の証明”のようなニュアンスで使われることが多いところです。具体的に言えば、普通は資格取得の目的は、キャリアアップそれに就職や転職対策、ということが多いと思いますが、IT・情報系資格の場合は、”私はITのこの分野に経験と知識、能力がこの程度あります”と証明するために取得することが多いのです。言い方を変えると、ITの世界は、資格<経験という側面があるからです。そのため、資格を取得すれば、転職や昇進に有利か、と言われると、そうではない場合が多いのです。

IT・情報系資格で国家資格は「情報処理技術者試験」だけです。そして難易度の上位に並んでいます。その中で「基本情報技術者」は、IT系の技術者としては必須の入門資格です。試験はプログラム言語等の知識が必須ですが、少し知識があれば独学でも取得可能なレベルです。幅広い知識が求められ、覚える事が多い試験なので、スクールを利用しておくと、その後にプログラマーやSEにステップアップする場合に基礎知識が役立ちます。

情報セキュリティに関する資格試験の中では国内最難関とされていた「情報セキュリティスペシャリスト試験」がなくなり、「情報処理安全確保支援士」に代わりましたが、難易度は全く変わっていません。システムエンジニア等の実務経験者でも難しいレベルの試験になっており、チャレンジする方はスクールを利用した方が良いでしょう。「応用情報技術者」は、この資格を取得できれば、IT技術者として一人前と評価されるレベルです。さらに、「ITストラテジスト」、「システム監査技術者」、「プロジェクトマネージャ」などの超難関資格は取得できれば技術者としては最高レベルです。「ITパスポート」はITを活用する社会人・学生が備えておくべき基礎的な知識が証明できる国家資格とされ、IT技術者が取得する資格ではないでしょう。

情報処理技術者試験以外では、「CompTIA A+認定資格」は、特定のベンダーに依存しない中立的な立場からエンジニアのスキルを認定、世界で90万人以上の人が取得する世界的に通用する資格。「Linux技術者認定試験(LPIC)」は、多くの企業が推奨する試験の一つで、転職やキャリアップにも有利な試験。「シスコ技術者認定」はインターネット技術や、これを志す人のレベルアップをサポートする資格で、ネットワーク技術者や管理者を対象とした技術認定資格、世界的に通用する資格です。

「LPIC(Linux技術者認定資格)」は、世界共通の基準となる Linux技術者の認定制度、2月には日本独自の新資格の認定試験「LinuC」を立ち上げました。さらに、「オラクルマスター」は、オラクル社のデータベース製品に関する技術者を認定する資格で、ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナ、サーティファイド、ディベロッパーの5段階のレベルがあります。
「.comMaster」 は最新のインターネット知識やパソコンの技術動向を反映させたベンダーフリーな検定でビジネス界で活かせる検定試験です。まだ未掲載の資格では、シスコシステムズ社のベンダー資格「CCIE」があります。シスコ技術者認定プログラムにおいて最高位の資格であると同時に、ネットワーク資格の最高位の資格であり、ランク的にはITストラテジストに並ぶ「S」超難関資格です。

新しい資格としては、昨年「情報セキュリティマネジメント試験」と、「情報処理安全確保支援士」がスタートしました。
民間資格では、今急速に進むIoT(Internet of Things)関連資格の「IoT検定」や、AIブームの火付け役となったディープラーニングを事業活用や実装する人材育成を目的にスタートした「G検定(ゼネラリスト検定)」や今秋にスタート予定の「E検定(エンジニア)」に注目が集まりそうです。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © NewtonGYM 資格の難易度 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.