資格取得に必要な「資格の難易度」を中心に各種の情報を提供しています

「医療・福祉系資格」の難易度解説

  • HOME »
  • 「医療・福祉系資格」の難易度解説

医療・福祉系資格には国家資格が比較的多く、資格取得まで比較的時間がかかりますが、取得さえできれば、超高齢社会を迎えた日本では、医療・福祉分野を担う人材の確保・育成が国の大きな課題となっており、この分野の資格取得者は活躍の場が非常に多く、全国どこでも働けるでしょう。

医師、歯科医師、看護師、薬剤師など、医療系の特別な資格は、資格取得までの過程が厳しい分、待遇が恵まれているのが特徴で、資格ジャンルの中でも法律系と並ぶ難関資格も多いことで知られていますが。ただ、これ以外の医療系資格で人気が高いのは医療事務です。医療事務には種類が多いですが、高校まで真面目に勉強していれば、その後医療系専門学校で勉強して試験に合格できるという資格が多く、これが人気になっている面もあります。その医療事務の中で最も難易度が高いとされているのが「診療報酬請求事務能力認定試験」です。

一方、 介護業界は慢性的な人材不足が続いており、未経験でも採用されるなど、採用に関しては完全な「売り手市場」になっています。介護系の資格では介護福祉士だけが唯一、国家資格ですが、介護系は技術やスキルの証明として、特に資格の役割が大きい業界の一つと言えます。介護の資格は介護士以外でも自宅で介護をする方にもお勧めです。ただ、活躍できる人材の幅は広いですが、介護系の職業は離職率も高く、長期的に続けられるだけの収入と休日が少ないのが現状です。

比較的安定した待遇で働くことができることが最近、医療系資格の人気を後押ししているようで、医療系に人気が出ています。 現に、医療系の資格が取れる地方の大学のレベルが上がってきているだけでなく、女子大では薬学部と児童教育の学科に力を入れている学校に人気も出ているようです。 薬剤師は、今後供給過多になると言われていますが、現在ではまだ薬剤師の時給は高い状態が続いています。心理士も人気の高い資格ですが、この分野では初めて国家資格の「公認心理師」が今年誕生します。民間資格との関連や新資格の難易度などが注目されています。

仕事面に目を向けると、保育士や看護師など専門的な国家資格を持ちながら、結婚や出産などで離職したままの女性はたくさんおられます。人手不足を背景に、こうした「潜在有資格者」の復職を支援する動きが盛んです。国も「潜在有資格者」の復職支援に力を入れています。厚生労働省は昨年度(平成27年)から、人材不足が特に深刻な介護、保育、看護、建設の4分野を「重点4分野」と位置付け、潜在有資格者の掘り起こしを重要課題に挙げています。 厚生労働省はその復職支援策として、昨年度の予算の概算要求に、保育士の現場の実技研修への助成や、全国のハローワークと各地の看護協会の再就職支援拠点「ナースセンター」との連携強化などを盛り込み、継続させることとしています。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © NewtonGYM 資格の難易度 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.