Rails技術者認定試験運営委員会は25日、Rails技術者認定試験のエントリー資格となる「Rails5技術者認定ベーシック試験」を発表しました。
発表された概要は以下の通りです。

【Rails5技術者認定ベーシック試験】
試験の目的は、Rails 5 技術者認定ベーシック試験がRuby on Railsの基本知識を問う試験であり、Ruby on Railsの専門知識の習得を評価できる本試験により「認定者の雇用機会」や「認定者が所属する会社のビジネスチャンス」の拡大を図ることとしています。

・対応バージョン: Rails 5.0
・種別    ベーシック試験:Ruby on Railsの基本知識を問う試験
・受験料金:ベーシック試験10,000円/回(税抜)
  ※学割・教員割価格:5,000円(税抜)
・試験開始日
  2019年6月25日
・試験会場       
   本試験:全国のオデッセイ コミュニケーションズ認定試験会場(CBT)
・設問数 40問
・試験時間 1時間
・合格基準 7割正解
・出題形式 選択式(単一または複数選択)
・ベーシック試験出題範囲
 1. Ruby on Rails概要
 2. ActiveRecordとActiveModel (出題割合10%)
 3. ActionPack (出題割合35%)
 4. ActionView (出題割合20%)
 5. ActionMailer (出題割合15%)
 6. ActionCableとActiveJob (出題割合5%)
 7. テスト(Minitest) (出題割合10%)

※詳しい内容はRails技術者認定試験運営委員会公式サイトを参照ください。

 

Rails技術者認定試験運営委員会公式サイトから引用

スポンサーリンク