オープンテクノロジー技術者認定機関としてLinux技術者認定試験「LinuC(リナック)」などを実施する特定非営利活動法人エルピーアイジャパンは、「OSS-DB技術者認定試験(日本語版・英語版)」のオンライン試験を本日11月30日より開始することを発表しました。
このオンライン試験はピアソンVUEより、日本語または英語で会話ができる試験監督員(プロクター)による遠隔監視で配信し、実施されます。テストセンターでの受験に加え、自宅や職場の会議室等からも安心して受験することが可能となります。
また、12月には「HTML5プロフェッショナル認定試験」もオンライン試験を開始される予定になっています。

【日本語によるオンライン試験の受験】
・オンライン試験による受験は、受験予約時に [自宅または職場]オプション を選ぶだけで手続きを進めることができます。
・オンライン試験の受験には静かで一人になれる環境、要件を満たすPC、Webカメラ、安定したインターネット環境、個人の証明書などが必要となりますので、案内されるドキュメントに沿って試験の予約前にシステムテストを行う等よく確認しておく必要があります。
・試験当日は予約していた時間の30分前からチェックイン可能です。日本語による遠隔監視により受験の受付を行い、試験監督員(プロクター)により試験の信頼性を担保しながら受験することができます。
・全て日本語で対応されますので、安心して受験できます。

【2020年1130オンラインでの受験が可能となる試験】
●OSS-DB技術者認定試験
・Silver試験(Version 2.0、日本語版および英語版)
・Gold試験験(Version 2.0、日本語版および英語版)
詳細はこちらを参照ください → https://oss-db.jp/ibt/

試験予約サイト
LPI-Japanのオンライン試験はピアソンVUEにより日本を含む全世界(一部地域を除く)で配信されます。
従来のテストセンターに加え、全世界(一部地域を除く)で自宅や職場の会議室等からネットワークに接続されたPCで受験ができます。受験予約は下記をご覧ください。
●OSS-DB技術者認定試験 予約サイト
https://www.pearsonvue.co.jp/Clients/OSS-DB.aspx

   
   OSS-DB試験公式サイトから引用