株式会社パデセアは11日、2019年3月に「環境法令検定」を実施することを発表しました。
この試験は、企業で環境管理・コンプライアンスを担当する方を対象とした検定試験で、廃棄物処理法、大気汚染防止法等の主要な環境法令に関する知識を客観的に評価するものです。コンピューター上で試験を行う「CBT方式」で、全国47都道府県・260ヶ所以上の会場で、1ヶ月の試験期間中任意の日時に受験することができるとしています。
※試験の実施に際して
 ・「環境法令検定対策セミナー」を2019年1月に実施されます。
 ・過去4回の問題を収録した「環境法令検定公式問題集」が発行されています。

【環境法令検定の概要】
試験日程 :年2回(9月、3月) 各1か月
受験料 :9,000円(税別)
受験資格 :学歴、年齢、性別、国籍、保有資格など、一切の制限はありません。
出題範囲 :大気汚染防止法、水質汚濁防止法、廃棄物処理法、省エネ法など、代表的な環境法令から出題。
出題方式 :全問3~4択問題
評価方法 :合否ではなく、点数によって知識の「ランク」を認定します。ご自身に合ったランクを目指していただけます。
・70点~ブロンズランク
・80点~シルバーランク
・90点~ゴールドランク
主催 :(株)パデセア Tel:03-5226-6721

詳しい内容は、環境法令検定公式サイトで確認ください。

 環境法令検定公式サイトから引用

スポンサーリンク