CompTIA日本支局は、ITキャリアを確立する上で最も重要なIT認定資格のひとつである「CompTIA A+(コンプティア エープラス)」<試験番号:220-1001/220-1002>を2019年7月29日(月)より配信開始することを発表しました。

世界中250万人以上のITエキスパートに取得されているCompTIA認定資格の中で、最も人気があると言われる「CompTIA A+」。ユーザーが使用しているデバイスに関係なく、セキュアに必要なデータにアクセスできる環境を提供し、維持するスキルを習得できる認定資格として広く認知されています。その日本語版の配信がついに開始されることになりました。

【CompTIA A+試験情報】
試験番号 :CompTIA A+(220-1001)/CompTIA A+(220-1002)
     ※CompTIA A+取得のためには、上記2つの試験に合格することが必要です。
出題範囲 :<CompTIA A+(試験番号:220-1001)>
      1.0 モバイルデバイス 14%
      2.0 ネットワーキング 20%
      3.0 ハードウェア 27%
      4.0 仮想化とクラウドコンピューティング 12%
      5.0 ハードウェアとネットワークのトラブルシューティング 27%
      <CompTIA A+(試験番号:220-1002)>
      1.0 オペレーティングシステム 27%
      2.0 セキュリティ 24%
      3.0 ソフトウェアのトラブルシューティング 26%
      4.0 運用手順 23%

問題数  :最大90問
出題形式 :単一/複数選択、パフォーマンスベースドテスト
      ※本試験には、パフォーマンスベーステスト(シミュレーション)が出題されます。
       パフォーマンスベーステストの詳細については、下記をご覧ください。
       https://www.comptia.jp/cert_about/testing/cat/pbtexam.html

試験時間 :90分
合格ライン:CompTIA A+(220-1001)675スコア以上(100~900のスコア形式)
      CompTIA A+(220-1002)700スコア以上(100~900のスコア形式)
受講料(税込)※一試験分:一般価格 ¥27,747/メンバー価格 ¥23,585

※詳しい内容は、compTIA A+公式サイト、またはプレスリリースを参照ください。

 compTIA A+試験に関する情報はこちらを参照ください。

  
  compTIA A+公式サイトから引用
     

スポンサーリンク