日本ディープラーニング協会(JDLA)は19日、11月7日に実施した「2020年 第3回G検定」(ジェネラリスト検定)では、7,250名が受験し、4,318名の合格者が誕生したと発表しました。合格率は59.56%。ディープラーニングをビジネスへ活用する人材であるG検定の合格者は、累計3万1695名となりました。

「2020年 第3回 G検定」の概要

  • 名称:2020年 第3回 G検定(ジェネラリスト検定、JDLA Deep Learning for GENERAL 2020 #3)
  • 概要:ディープラーニングを事業に活かすための知識を有しているかを検定する
  • 受験資格:制限なし
  • 試験概要:120分、小問191問、オンライン実施(自宅受験)
  • 出題範囲:シラバスより出題
  • 受験料(税抜):一般1万2000円、学生5000円
  • 試験日:2020年11月7日13:00より120分

※JDLAでは、ディープラーニングの知識を有し、「事業活用する人材」(ジェネラリスト)と、「ディープラーニングを実装する人材」(エンジニア)の育成を推進。JDLA資格試験の合格者には認定ロゴと合格証の配付のほか、合格者コミュニティ「CDLE」(Community of Deep Learning Evangelists)に招待している。
また、ジェネラリストについては、「ディープラーニングの基礎知識を有し、適切な活用方針を決定して事業応用する能力を持つ人材」と定義し、2020年までに10万人規模で輩出することを目指し、知識面から育成を支援する活動に取り組んでいる。

◆「G検定」の試験内容、受験対策等に関する情報はこちらを参照ください。

  日本ディープラーニング協会(JDLA)公式サイトから引用