一般社団法人日本生物資源産業利用協議会(CIBER)は15日、「バイオリポジトリ技術管理士(BiTA)」の第1回認定試験を2021年1月24日(日)に実施予定で進めてきましたが、新型コロナウイルス感染拡大を受け、会場での試験を取り止め、試験日を延期してオンライン試験での実施へ変更すると発表しました。

「バイオリポジトリ技術管理士認定試験」は、バイオリポジトリ分野のスペシャリストを目指す方のための新しい資格試験として一般社団法人日本生物資源産業利用協議会が創設した認定試験。新型コロナウイルス感染拡大を受け、第1回の認定試験が、試験日を延期してオンライン試験への実施へと変更になったことに伴い、受験機会を拡大できることから、受験者の追加募集を行うことになりましたので、あわせて案内いたします。

【第1回 バイオリポジトリ技術管理士認定試験概要】
試験日時 : 2021年3月28日(日) 13:30~15:00 (90分)
試験方式 : オンライン受験             
応募期間 : 2021年1月18日(月)~ 2月19日(金)  
受験料 : 22,000円(税込)   ※条件により受験料の割引あり
申請方法 : CIBERホームページよりお申し込みください。
受験資格 : どなたでも受験できます。
詳細は、https://ciber.or.jp/ja/bita-top/をご確認ください。

【本件に関するお問い合わせ先】
一般社団法人日本生物資源産業利用協議会
事務局 池田 純子
東京都千代田区麹町2丁目4番10号 三誠堂ビル6階
Tel: 03-6265-6106

(参考)
「バイオリポジトリ技術管理士」資格認定制度は、国際標準の生物試料の取扱いや施設マネジメントにおける専門性を有する技術者や施設管理者の育成を目的としています。本資格を取得することで、バイオリポジトリ分野の専門的な知識や技術を持つ技術者としての力量証明になることはもちろんのこと、施設の力量証明としても役立てることができます。

   
  一般社団法人日本生物資源産業利用協議会公式サイトから引用