毎年いろいろな新しい資格試験や、検定試験が誕生しますが、今年2020年にも新しく誕生する予定の資格や検定があります。今回はその中で、1月から申込受付が始まった、有望視されている資格を紹介します。

データ分析実務スキル検定(CBAS)
この試験の主催はデータミックス(株)、試験実施はオデッセイ コミュニケーションズです。受講・受験者は、プロジェクトマネジャーを想定しており、合格するとデータサイエンティストやエンジニアとコミュニケーションする上での基礎知識があることが証明される。
試験はCBT形式で行われ、全国約230カ所の会場で実施する。問題数は60問。試験時間は90分。受験料は1万円(税別)。
第1回試験日:2020年2月試験開始 受付:1月から公式サイトで受付中。

 データ分析実務スキル検定(CBAS)公式サイトから引用