人事院は21日、「2020年度国家公務員採用総合職試験(院卒者試験・大卒程度試験)」の合格者を発表しました。
発表された概要は以下の通りです。

1 試験の実施結果(〔 〕内は昨年度)   (資料1参照)
  ⑴ 院卒者試験
        申込者数    1,765人  〔   1,860人〕
        合格者数        501人  〔       653人〕
        倍 率              3.5倍  〔        2.8倍〕
 ⑵ 大卒程度試験
        申込者数    14,965人  〔15,435人〕
        合格者数       1,216人  〔   1,145人〕
        倍 率             12.3倍  〔      13.5倍〕
 ⑶ 合計
        申込者数    16,730人  〔17,295人〕
        合格者数       1,717人  〔   1,798人〕
        倍 率                  9.7倍  〔       9.6倍〕
   ( 採用予定人員   774人  〔       764人〕 )

2 女性の合格者数
 女性の合格者数は、院卒者試験が152人、大卒程度試験が359人、全体では511人となりました。女性の合格者割合は、全体の合格者数の29.8%(昨年度31.5%)となりました。
                                (資料1参照)
                                                                                                   3 系統別の合格者数
    試験区分の系統別の合格者数は、以下のとおりです。
    ○ 法文系:院卒者試験が172人、大卒程度試験が699人、全体で871人です。
    ○ 理工系:院卒者試験が236人、大卒程度試験が351人、全体で587人です。
    ○ 農学系:院卒者試験が 93人、大卒程度試験が166人、全体で259人です。
                                 (資料2参照)
                                                                                                
4 合格者の出身学校
    総合職試験全体の出身学校別の合格者数は、国立大学1,138人(66.3%)、公立大学62人(3.6%)、私立大学507人(29.5%)、その他外国の大学等10人(0.6%)でした。 また、合格者の出身学校数は、全体で144校(昨年度130校)となりました。
                              (資料3参照)

   人事院公式サイト 2020年報道発表ページから引用