国際交流基金は、7月7日(日)に海外46の国・地域、147都市で「2019年第1回日本語能力試験(JLPT)」を実施することを発表しました。受験応募者数は前年度同回から約10万人増加、世界各地から64万人が挑戦! 過去最多の受験応募者数を更新しました。海外の応募者数は約6万2000人(17%)、国内でも約3万7000人(21%)増加し、特に海外では、東南アジアは26%、南アジアは32%と大幅に増加しました。実施国では、中国、韓国に続き、ベトナムが9%伸びて3位となりました。レベル別ではN4レベルの受験者が36%増加し、日本での留学・就労ニーズ等を背景に、各地域における日本語学習への関心がますます高まっていることがうかがえます。

・試験実施内容
事業名称:2019年第1回 日本語能力試験
主催:独立行政法人国際交流基金、公益財団法人日本国際教育支援協会
   ※国際交流基金は海外分を、日本国際教育支援協会が日本国内分を実施。
実施日:2019年7月7日(日)
応募者数:64万4,149人(海外42万3649人/日本国内22万500人)
   ※前年度同回から約10万人(18%)増加。2018年度第1回試験は約54万人(うち海外約36万人)      
海外応募者数上位国・地域:中国、韓国、ベトナム
海外応募者数上位地域:東アジア、東南アジア、南アジア
実施都市:海外46の国・地域、147都市、日本国内47都道府県
実施レベル: N1~N5の5レベル(N1が最も難易度の高いレベル)

※詳しい内容は日本語能力試験公式サイトを参照ください。

「日本語能力試験」の試験概要や難易度、受験対策はこちらを参照ください。

  日本語能力試験公式サイトから引用

スポンサーリンク