国土交通省は14日、2019年度の「自動車整備士技能検定試験(二級自動車シャシ整備士)」の結果を発表しました。

国土交通省では、道路運送車両法第55条の規定に基づいて自動車整備技術の向上を図るため、「自動車整備士技能検」(学科試験・実技試験)を実施しています。二級自動車シャシ整備士の学科試験は全国5会場で実施されましたが、2019年度は学科試験の結果、自動車整備士養成施設修了者など、実技試験免除者だけが合格となったため、実技試験は実施されませんでした。発表された概要は以下の通りです。

【2019年度自動車整備士技能検定試験(二級自動車シャシ整備士)結果】
・申請者数 103名
・受験者数 103名
・合格者数 41名
・合格率 39.8%
※2019年度は学科試験の結果、自動車整備士養成施設修了者など、実技試験免除者だけが合格となったため、実技試験は実施されませんでした。
※学科試験の合格基準は30点満点に対し21点以上の成績で、シャシ、整備用機器・計量器・材料と、法規のそれぞれの分野ごとに40%以上の正答率。

詳しい内容は、国土交通省報道発表ページで確認ください。

※自動車整備士技能検定試験に関する情報はこちらで参照ください。

 国土交通省公式サイトから引用

スポンサーリンク