法務省は2019年11月7日、2019年司法試験予備試験の最終結果を発表しました。
合格者数は前年比43人増の476人。大学生が250人ともっとも多く合格者の52.5%を占めました。
合格者の受験番号が法務省Webサイトに掲載されています。

【2019年司法試験予備試験 最終結果】
2019年の司法試験予備試験は、短答式試験が5月19日、論文式試験が7月14日と15日、口述試験が10月26日と27日に実施されました。司法試験予備試験の出願者は1万4,494人、受験者は1万1,780人、短答式試験合格者は2,696人、論文式試験合格者は494人、口述試験(最終)合格者は476人でした。

最終合格者476人のうち、男性は391人(82.1%)、女性は85人(17.9%)。合格者の平均年齢は26.03歳、最低年齢は19歳、最高年齢は63歳。職種別にみると、「大学生」が250人(52.5%)ともっとも多く、「法科大学院生」115人(24.2%)、「無職」40人(8.4%)、「会社員」33人(6.9%)、「公務員」19人(4.0%)、「その他」7人(1.5%)、「法律事務所事務員」「塾教師」各4人(0.8%)、「自営業」「法科大学院以外大学院生」各2人(0.4%)の順でした。

なお、2020年(令和2年)司法試験は、論文式試験を5月13日と14日、16日、短答式試験を5月17日に実施する。短答式試験成績発表が6月4日、合格発表が9月8日の予定。

※詳しい内容は、法務省公式サイト「令和元年司法試験予備試験口述試験(最終)結果」をご覧ください。

法務省大臣官房人事課の公式発表から引用