(公財)日本賃貸住宅管理協会は25日、2020年度賃貸不動産経営管理士試験に向けた「5問免除講習」の受講受付を開始、募集を始めたことを発表しました。発表された概要は以下の通りです。

【2020年度賃貸不動産経営管理士試験「5問免除講習」申込受付】
・申込受付期間:5月15日~9月4日 ※定員に達し次第締め切りになります。
・申込方法:日本賃貸住宅管理協会HPからWebによる申込を受付中。

※「5問免除講習」は、賃貸不動産経営管理士資格の取得に向けた学習の場であり、賃貸住宅管理業務に必要な専門知識の習得と実務能力を高めると共に、修了者は管理士試験50問から5問が免除されます。
昨年修了者の約45%が合格しています。(一般受験者合格率は36.8%)
本年より、カリキュラムが「1日のスクーリング講習(確認テスト含む)」と「事前学習」に見直され(昨年は2日間の講習)、受講しやすくなりました。

【5問免除講習の概要】
〇講習期間:8月25日~9月18日
〇講習場所:全国20地域28会場(協会ホームページ https://www.jpm.jp/chintaikanrishi/ 参照)
〇講習形式:1日(6.5時間)のスクーリング講習(終了後に確認テストあり)
〇定  員:4,670名(全28会場の定員合計)
〇受 講 料:18,150円(税込)(注)別途テキスト購入の必要あり

※詳しい内容は、賃貸不動産経営管理士試験公式サイトを参照ください。

※賃貸不動産経営管理士資格試験に関する情報は、こちらのページを参照ください。

    賃貸不動産経営管理士試験公式サイトから引用