一般社団法人日本ジェネラルナレッジ協会が主催、日本出版販売株式会社が運営する「第2回 知識検定」が来年の2月に開催されることが発表されました。
出題範囲なし、最大問題数1,000問、試験時間300分!ハードすぎるけどタメになる「知識検定」” というタイトルで、今年2月に初めて開催された「知識検定」には、1級・2級あわせて約1,500名が挑戦。合格率はいずれの級も30%前後と、全体としては難易度の高さを感じさせる結果となったものの、最高得点者は2級で222点(250点満点)、1級で944点(1,000点満点)と、かなりの“知の猛者”もいたと報告されています。

知を問う。

問いだらけの、この世界。
多様な答えが求められる今、
ひとりひとりの知が、問われている。

内なる知識が、思考を確かにする。
知識の連鎖が、思考を飛躍させる。
その先に、あなたの答えがある。

出題範囲は、この世のすべて。
全1000問が、あなたの知を問う。

(「知識検定」公式サイトより)

第2回知識検定 概要

・実施日:2020年2月23日(日)
・実施エリア:3会場(東京・名古屋・大阪)

・申込締切:2020年1月15日(水)
・受検料:2級 4,990円/1級 6,990円(いずれも税込)

・問題形式:マークシート形式(4択)
・問題数:2級 全250問(10ジャンル×25問)/1級 全1,000問(10ジャンル×100問)
・試験時間:2級 80分/1級 300分

※2級は、各ジャンル25問中10問以上正解し、かつ全体で175問以上正解した場合に合格。
※1級は、各ジャンル100問中40問以上正解し、かつ全体で700問以上正解した場合に合格。

公式サイト
https://www.kentei-uketsuke.com/knowledge/

 知識検定公式サイトから引用

スポンサーリンク